4757794 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

音楽日記 ~ロックやジャズの名盤・名曲の紹介とその他の独り言~

2019年03月03日
XML
テーマ:Jazz(1674)
カテゴリ:ジャズ
ラテンのイメージとは全く異なる演奏


 クレア・フィッシャー(Clare Fischer)は1928年、ミシガン出身のミュージシャンで、2012年に83歳で死去している。1950年代にザ・ハイローズ(アメリカのコーラス・グループ、最近の日本のバンドではないので念のため)のピアノとアレンジを担当し、その後はボサノヴァなどを手掛けた。ラテン・ジャズのスタンダードである「モーニング」や「ペンサティーバ」の作者として知られる。

 しかし、そんなイメージとは異なり、ピアノ・トリオでジャズ・ミュージシャンとしての本分(?)を追求している1枚が『サージング・アヘッド(Surging Ahead)』という盤である。1960年代前半にパシフィックに吹き込んだ初期リーダー作の一つであるが、ラテンなどの真新しさではなく、スタンダードをじっくりどう料理するか、に主眼がある盤だと言える。

 でもって、“非ラテン”なクレア・フィッシャーはというと、これがまた個人的には実に好みのプレイなのである。世間が言うビル・エヴァンスの影響は本人が否定しているが、その代わりに影響を受けたのはリー・コニッツだとも述べている。なるほど、一聴するときれいに収まっているように思えるものの、実は端々ではじけたり、意表をつくトーンが出てくるあたりは、リー・コニッツ的と言われると確かにそうなのかもと思えてくる。

 1960年代前半の彼のリーダー盤はほかにもある。筆者はまだ全部は聴けていないが、いつか一通り聴いてみたいし、すでに聴いた中にもいい盤があるので、今後も取り上げたいと思う。



[収録曲]

1. Billie's Bounce
2. Way Down East
3. Satin Doll
4. This Can't Be Love
5. Strayhorn
6. Things Ain't What They Used to Be
7. Davenport Blues
8. Without a Song


[パーソネル、録音]

1.~4.:
 Clare Fischer (p), Albert Stinson (b), Colin Bailey (ds)
 1963年3月13日録音
5.~7.:
 Clare Fischer (p), Ralph Pena (b), Larry Bunker (ds)
 1963年2月6日録音
8.:
 Clare Fischer (p), Gary Peacock (b), Gene Stone (ds)
 1963年4月録音





  下記ランキングに参加しています。
  お時間のある方、応援くださる方は、“ぽちっと”よろしくお願いいたします!
        ↓           ↓ 

   にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ    ブログランキング・にほんブログ村へ  






Last updated  2019年03月03日 07時32分41秒
コメント(0) | コメントを書く


PR

Freepage List

Category

Free Space

  ブログランキング・にほんブログ村へ
     にほんブログ村

   にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

   にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

   にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
      ↑        ↑
ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックで応援お願いします!
      ↓        ↓
  人気ブログランキングへ



↓相互リンク↓

ちょっと寄り道 [音楽の旅]




Calendar

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

Headline News


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.