4455912 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

音楽日記 ~ロックやジャズの名盤・名曲の紹介とその他の独り言~

2019年09月18日
XML
テーマ:musica latina(77)
年齢を重ねても安定したパブロ節


 キューバ出身のパブロ・ミラネス(Pablo Milanés)は、シルビオ・ロドリゲスやノエル・二コラらと並び“キューバの新しいトローバ(ヌエバ・トローバ・クバーナ)”の流れを展開したシンガーソングライターとして知られる。1943年生まれなので、今年の誕生日(2019年2月)で既に76歳を迎えたという年齢だけれど、コンサート出演に加え、アルバム制作や他のアーティストの作品へのゲスト出演などコンスタントに活動を続けている。

 スペイン語圏では超有名シンガーである彼の作品の中で、今回は2013年にリリースされた『レナシミエント(Renacimiento)』を取り上げてみたい。表題は“再生”を意味するスペイン語で、つまりは、フランス語の“ルネッサンス”と同じ意味にあたる語である。

 このアルバムを出した時点でパブロは既に70歳だったわけだけれど、1970年代~80年代の調子とあまり変わっていないこと――それは安定感と言い換えてもよいかもしれない――に、正直、アルバムを買って聴いて最初にほっとしたという記憶がある。キューバを代表するアーティスト、スペイン語圏でトップレベルの大物となっても、従来の作風を踏まえていることに筆者は妙に安心したわけである。

 人は誰だって齢をとる。その齢によって積み重ねられたもので本人も変わっていく。きっとパブロだって例外ではないはずだ。けれども、いくら題材が深刻でも、テーマに何がしかの変化があったとしても、この淡々とした語り口というか“歌い口”はあえて変えないようにしているのではないかと思わされたりもする。

 確かに、若い頃と比べて政治的なテーマは少なくなり、人生や愛を歌うものの比率が増えた。1.「エン・パス(平和のうちに)」は、苦悩の末の平和な日々といった主題だし、2.「アポカリプシス(黙示録)」に至っては、マヤの終末予言(2012年)なんかを取り上げている(リリースが2013年だからであって、2019年の今から見れば、世の末なんて訪れなかったのだけれど)。5.「クアル・シ・フエラ・ア・モリール・エスタ・マニャーナ(もし今朝死ぬのだとしたら)」なんかは、パブロが老境に差し掛かったが故のテーマかもしれない。その一方、愛と虚しさのようなテーマの9.「アモール・デ・オトーニョ(秋の愛)」は、彼の本領発揮で、10.「エル・オトーニョ・デ・アモール(愛の秋)」というリプライズもついている。あと、8.「カント・ア・ラ・アバナ」はキューバ的なパーカッションとともにハバナ(スペイン語ではラ・アバナ)讃歌とも言える内容の歌で、これまた個人的にはなかなか気に入っている。


[収録曲]

1. En paz
2. Apocalipsis
3. Dulces recuerdos
4. Los males del silencio
5. Cual si fuera a morir esta mañana
6. Homenaje al Changüí
7. Lamento
8. Canto a La Habana
9. Amor de otoño
10. El otoño del amor

2013年リリース。



↓コンピ盤です↓
 ​
【中古】輸入ジャズCD PABLO MILANES / HOY Y SIEMPRE LOS ANOS[輸入盤]

 ​
【輸入盤CD】【ネコポス送料無料】Pablo Milanes / Hoy Y Siempre Pablo Milanes Todo El Filin




  下記のブログランキングに参加しています。
  応援くださる方は、バナーをクリックお願いします!
        ↓          ↓

   にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ      ブログランキング・にほんブログ村へ   






Last updated  2019年09月18日 21時32分09秒
コメント(0) | コメントを書く
[ラテン(ロック&ポップス)] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

Freepage List

Category

Free Space

  ブログランキング・にほんブログ村へ
     にほんブログ村

   にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

   にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

   にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
      ↑        ↑
ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックで応援お願いします!
      ↓        ↓
  人気ブログランキングへ



↓相互リンク↓

ちょっと寄り道 [音楽の旅]




Calendar

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

an-dale@ Re[1]:420万アクセス御礼(12/05) Midge大佐さんへ ありがとうございます。…
Midge大佐@ Re:420万アクセス御礼(12/05) おお!すごいですね!! (コメントしてま…
an-dale@ Re[1]:ザ・バーズ 『ミスター・タンブリン・マン』(08/12) ひろしさんへ コメントありがとうござい…
ひろし@ Re:ザ・バーズ 『ミスター・タンブリン・マン』(08/12) まさに仰る通りで、バーズがロックに残し…
AnDale@ Re[3]:マル・ウォルドロン 『レフト・アローン(Left Alone)』(10/08) 東リ須賀利さんへ ご丁寧なお返事ありが…

Headline News


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.