6805153 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

音楽日記 ~ロックやジャズの名盤・名曲の紹介とその他の独り言~

2021年09月26日
XML
テーマ:洋楽(2897)
大きなヒットとなったスタジオ第5作


 リトル・リバー・バンド(Little River Band,リトル・リヴァー・バンドとも表記)は、オーストラリア、メルボルン発のバンド。1975年にデビューし、とりわけ1970年代後半に米国で人気を得た。そんな彼らのスタジオ作の中で特にヒット作となった1枚が、1979年発表の本盤『栄光のロング・ラン(First Under The Wire)』である。アルバム・チャートでは、全豪2位、全米10位を記録した。

 前年発表の前作(過去記事)からは、「追憶の甘い日々(リミニッシング)」(全米3位)、「レディ(レイディ)」(全米10位)のヒットが生まれた。この勢いそのままに、本盤の収録曲からも2つの全米トップ10ヒットが生まれた。

 その2つのシングルのうちの1つは、1.「ロンサム・ルーザー(孤独な負け犬)」。全米6位を記録し、このバンドの特徴であるコーラスワークが見事に発揮されたナンバーである。もう1つは、4.「クール・チェンジ(クールな変革)」。こちらは全米10位のヒットとなり、グレン・シャロックのヴォーカルの持ち味が発揮されたスロウ曲である。

 もちろん、他の収録曲にも聴きどころがある。筆者のおすすめとしては、6.および7.の「ハード・ライフ」。前奏曲と本編の2つのトラックから成り、LP盤ではB面の冒頭を飾っていた楽曲で、ハードなギターを含むスリリングな演奏がいい。さらにもう少し他の曲も挙げておきたい。8.「ミドル・マン」は、どちらかというと抒情系のスロウ・ナンバーで、やはりバンドのコーラスワークが生かされた曲である。10.「魔力の女」は、やや陰のあるミドル・ナンバーで、この手のどこかに憂いのある曲調は、リトル・リバー・バンドの大きな魅力の一つでもあると個人的には思っている。


[収録曲]

1. Lonesome Loser
2. The Rumour
3. By My Side
4. Cool Change
5. It's Not a Wonder
6. Hard Life (Prelude)
7. Hard Life
8. Middle Man
9. Man on the Run
10. Mistress of Mine

1979年リリース。




 ​
栄光のロング・ラン [ リトル・リバー・バンド ]



   ブログランキングに参加しています。
   応援くださる方は、ぜひクリックをお願いします。
       ↓      ↓      ↓

  にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ      ブログランキング・にほんブログ村へ   






Last updated  2021年09月26日 06時51分39秒
コメント(0) | コメントを書く
[洋ロック・ポップス] カテゴリの最新記事


PR

X

Freepage List

Category

Free Space

  ブログランキング・にほんブログ村へ
     にほんブログ村

   にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

   にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

   にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
      ↑        ↑
ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックで応援お願いします!
      ↓        ↓
  人気ブログランキングへ



↓相互リンク↓

ちょっと寄り道 [音楽の旅]




Calendar

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

背番号のないエース0829@ 最優秀新人賞  岡田有希子「十月の人魚」に、上記の内容…
背番号のないエース0829@ シングルレコード 稲垣潤一“ September Kiss ” に、上記…
an-dale@ Re[1]:アレサ・フランクリン 「シンク(Think)」(04/11) ニューパルさんへ コメントありがとうご…
ニューパル@ Re:アレサ・フランクリン 「シンク(Think)」(04/11) 何時の世の歌も、名曲は引き継がれるね!1…

Headline News


© Rakuten Group, Inc.