4359505 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

音楽日記 ~ロックやジャズの名盤・名曲の紹介とその他の独り言~

全4件 (4件中 1-4件目)

1

その他ワールド

2016年10月03日
XML
テーマ:韓国音楽(4)
カテゴリ:その他ワールド
突然思い出したこの歌…。


 表題通り、突然思い出したのがこの歌。韓国の歌手カン・スジ(강수지、日本ではカン・スージーとも表記)の「시간속의 향기(時間の香り)」。1990年にデビューした韓国の女性アイドル・シンガーで、1990年代後半には日本でもTVなどで活躍した人物です。

 1990年代初頭、韓国に行った際に露店で買った当時のカセットテープ(要は海賊版で、当時のヒット曲集が編集されていた)で耳にしたこの曲がなぜだか忘れられず、翌年(だったと思う)再訪した際にソウルの大手書店のレコード・コーナーで探し求めて買ったLP、それが彼女のセカンド作でした。韓国から苦労して持ち帰ったLPは、何度も聴きました。

 それから四半世紀が流れ、そんな記憶はすっかり忘れ去っていたのですが、先日なぜだかふとこのシンガーのこの曲を思い出しました。とりあえず、お聴きください。


 



 その後、1990年代後半には日本へやってきてTVなどでも活躍しました。2000年代に入り、結婚・出産をしたものの、その後には離婚し、本格復帰して現在も活動しているとのこと。

 この話の流れだと、最近のライヴ映像が見たいところなのですが、韓国語での検索の仕方がいまいちなのか、どうもそれらしい映像が見当たりません。さしあたり、2002年のものらしい映像をどうぞ。


 


*リンク切れのため、1992年のライヴに差し替えました(2017年11月)。




[収録アルバム]

강수지 / 『2집 흩어진 나날들』(1991年)





   ブログランキングに参加しています。
   応援くださる方は、ぜひ“ぽちっと”お願いします。
       ↓      ↓      ↓

   にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ      ブログランキング・にほんブログ村へ   






Last updated  2017年11月20日 00時29分28秒
コメント(2) | コメントを書く
2014年07月09日
テーマ:韓国音楽(4)
カテゴリ:その他ワールド

30周年の名曲

 閑話休題、といった感じで、唐突ではありますが、本ブログ初の韓国人シンガーによる1曲を取り上げてみたいと思います。

 イ・ソニ(이선희、イ・ソンヒとも表記)は、1964年生まれの韓国の女性シンガー。1984年に大学の先輩とのユニットで出場した歌謡祭で大賞を受賞してソロ・デビュー。その時の曲がこの「Jへ(J에게)」で、同年に5週連続1位を記録しました。


 



 “韓流”ブームも、“Kポップ”などという言葉も存在していなかった時代…。それどころか、韓国国内では、日本の大衆文化を公にすることすら、1990年代末に規制緩和が進み始めるまで、強く規制され、日本のポップスは露店で販売される海賊版のカセットテープで流通していたという、今からは信じられない頃でした。ソウルのレコード店でこの曲の入ったイ・ソニのアルバムを買い、日本に持って帰ったなどというのは、何とも懐かしい思い出です。

 さて、そんなこの「Jへ(J에게)」ですが、今年、ヒットから30周年の節目の年を迎えました。記念の年という音であちこちで“2014年ヴァージョン”が披露されているようですが、そうしたものの一つ(オーケストラをバックにしたライヴ)をご覧ください。


 



 決して凝った曲でもなく、元のアレンジは80年代臭がしますが、曲そのものはとっても名曲、そんな風に心に刻まれている1曲です。

 ちなみに、イ・ソニは、デビュー以降、シンガーとしてコンスタントにアルバム(これまで14枚とのこと)を発表する一方、1991年にはソウル市議、2004年にはイ・スンギを見出してデビューさせたりと1シンガーとして以外の活躍もしています。





↓ベスト盤です(もちろん「J에게」も収録)↓

 
2枚組全32曲ベスト。JMCD-0055 イ・ソニ / 『GOLDEN』







  下記ランキングに参加しています。
  お時間のある方、応援くださる方は、“ぽちっと”よろしくお願いいたします!
        ↓           ↓ 

    にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ    ブログランキング・にほんブログ村へ  












Last updated  2014年07月09日 21時18分43秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年03月08日
カテゴリ:その他ワールド

ポップ色の強いヴォーカル作品


 1974年スウェーデンはストックホルム出身のヴィクトリア・トルストイ(Victoria Tolstoy)。その名字からもわかるように、かのロシアの文豪トルストイの曾孫にあたるとういことでも知られる女性ジャズシンガーである。幼くして歌を始めた彼女はやがてジャズへと向かい、インディーズ系レーベルから1994年にデビュー作を発表。その2年後にはメジャーと契約し、本盤を発表することになる。そんな彼女のアルバムは、今のところまだ数枚しか聴いたことがないので、あくまで素人の感想にすぎないのだけれど、それらなん作化のアルバムはどれも魅力的である。

 今回取り上げるのは、ヴィクトリアの作品の中でもとくにポップ色が強いとされる『ヴィクトリア・トルストイ(Too Loved,原題 För Älskad)』。スウェーデン語の原題はさっぱり意味不明だけれど、英語タイトルが“Too Loved”となっているので、おそらくは原題もそういう意味なのだろうか。それと外盤しかもっていなくてこれまた不明だけれど、日本でセルフタイトルで出されたのがどうやらこの盤の模様。

 さて、上で“女性ジャズシンガー”とは書いたものの、実際にはこのアルバムはそんな感じがしない。悪く言えば、ジャズ・ファンからは“こんなのジャズじゃない”とそっぽを向かれそうなポップなノリである。1994年のデビュー盤はマイナー・レーベルからの作品だったが、第二作目となった1996年の本盤は大手(EMI)からのリリースで、意図的にポップ性を強く押し出して、商業的な成功を収めることになった。北欧からのこうしたメジャーなヒットも比較的珍しいが、さらに珍しい事例として、彼女はこの成功の後、ブルーノートからも作品をリリースすることになる。

 ポップ寄りにふった作品がすべてだと思われるのは本人としては心外かもしれないけれど、なかなか好曲が多い(詞の意味はスウェーデン語でさっぱり不明だけれど)。ただ明るいというよりは少し陰を持ったポップ風な曲の出来上がりのレベルが高い。個人的好みとしては、1.「テル・ミー(Månen tur och retur )」、2.「サムハウ(Varken ängel eller gud)」、8.「ユー・アー・ザ・ベスト(Du är bäst)」、9.「セプテンバー・アゲイン(September igen)」、表題曲の11.「愛はどこへ行ってしまったの?」。とにかく歌唱力が見事で、純ジャズ風になろうともポップ色を強めようともやはりこの印象は変わらない。



[収録曲]

1. Månen tur och retur
2. Varken ängel eller gud
3. 3 dygn i rad
4. En bra dag
5. Och om jag gav
6. Lyckligt slut
7. Stanna här hos mig (Mama had to tell me)
8. Du är bäst (i alla fall bra för mig)
9. September igen
10. Moln i din hand
11. För älskad
12. Det finaste som finns

1996年リリース。





 
駿河屋なら各種キャンペーンにエントリーするとポイント5倍以上!【中古】輸入洋楽CD VIKTORIA TOLSTOY/for alskad[輸入版]【05P24Feb14】【画】







下記のブログランキングに参加しています。応援くださる方は、バナーをクリックお願いします!
       ↓          ↓

    にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ      ブログランキング・にほんブログ村へ   












Last updated  2014年03月08日 07時02分19秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年09月17日
カテゴリ:その他ワールド

亡き歌姫との出会い


 オフラ・ハザ(Ofra Haza)はイスラエルの女性シンガー。テルアビブのイエメン系難民家族の9人兄弟の末っ子として1957年に生まれた彼女は、12歳から7年間地元の劇団で活躍し、その後、18歳で歌手デビュー。1980年代に入ってイスラエルを代表するシンガーへと成長し、“東のマドンナ”とも称された。

 1980年代後半、いわゆるワールド・ミュージックが一つの潮流として注目される中、オフラ・ハザもまた、国外マーケットへの進出を果たす。ヨーロッパ経由で火が付いた経緯のおかげで日本でも作品がリリースさるようになり、世界的な人気を博すに至ったのが1988年リリースの本盤『シャダイ(Shaday』というアルバムだった。

 当時の筆者も、最初にラジオで1.「イム・ニン・アル(幸福の扉)」を耳にしたのが、オフラ・ハザを知ったきっかけだった。オリエンタルな歌姫のイメージそのままの民族舞踊風のナンバーであるが、プロ歌手だった母から受け継いだ曲にうまく現代的(というか西洋的?)なアレンジを交えて仕上げている。実はこのナンバーこそが国外進出の大きなきっかけとなった曲で、もともとそれ以前から彼女が歌っていたこのナンバーにリミックスを施してロンドンのクラブシーンで注目されたところが当時の人気の火種だったとか。

 他にオリエンタル風味がベースになっている曲としては、6.「ガルビー(私の心)」、アルバム表題曲の9.「シャダイ(神聖)」がいい。その一方で西洋マーケットを明らかにターゲットにしたナンバーも組み合わされていて、イエメン/イスラエル系の楽曲の西洋風アレンジとともに、聴き手の評や好みが分かれる部分ではある。筆者の個人的な意見としては、4.「マイ・エイキング・ハート」や7.「フェイス・トゥ・フェイス」を聴く限り、あっさりし過ぎな感じはするものの(かといって8.「テイク・ミー・トゥ・パラダイス」はちょっとやり過ぎなアレンジという気もする)、英語曲でも歌唱力・表現力の高さは存分に発揮されていて、ディスコ/クラブ・シーンで終わらせてはもったいないという感じが十分に伝わってくる。

 このように、オフラ・ハザは1980年代後半から90年代初頭にワールドワイドな成功を収め、その後も活動を続けた。1997年には結婚もしたが、世界的スターとしても、私生活においても、幸せは長く続かなかった。2000年、エイズ合併症によってオフラ・ハザは42歳の短かすぎる生涯を終えた。歌姫よ、永遠なれ。



[収録曲]

1. Im Nin'alu
2. Eshal
3. Da'ale Da'ale
4. My Aching Heart
5. Love Song
6. Galbi
7. Face to Face
8. Take Me to Paradise
9. Shaday

1988年リリース。





 
Ofra Haza オフラハザ / Shaday 輸入盤 【CD】







下記のブログランキングに参加しています。応援くださる方は、バナーをクリックお願いします!
       ↓          ↓

   にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ    ブログランキング・にほんブログ村へ  











Last updated  2013年09月17日 07時57分19秒
コメント(0) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1

PR

Freepage List

Category

Free Space

  ブログランキング・にほんブログ村へ
     にほんブログ村

   にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

   にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

   にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
      ↑        ↑
ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックで応援お願いします!
      ↓        ↓
  人気ブログランキングへ



↓相互リンク↓

ちょっと寄り道 [音楽の旅]




Calendar

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

an-dale@ Re[1]:420万アクセス御礼(12/05) Midge大佐さんへ ありがとうございます。…
Midge大佐@ Re:420万アクセス御礼(12/05) おお!すごいですね!! (コメントしてま…
an-dale@ Re[1]:ザ・バーズ 『ミスター・タンブリン・マン』(08/12) ひろしさんへ コメントありがとうござい…
ひろし@ Re:ザ・バーズ 『ミスター・タンブリン・マン』(08/12) まさに仰る通りで、バーズがロックに残し…
AnDale@ Re[3]:マル・ウォルドロン 『レフト・アローン(Left Alone)』(10/08) 東リ須賀利さんへ ご丁寧なお返事ありが…

Headline News


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.