000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

PR

全10件 (10件中 1-10件目)

1

読書記録 151-160

2008/02/24
XML
カテゴリ:読書記録 151-160

★★★
新入社員が劇的に成長する3か月プログラム
【新入社員が劇的に成長する3か月プログラム】
このやり方で“人間力”が高まり、自ら考え行動できる

著者:中尾ゆうすけ

出版社:こう書房

サイズ:単行本/223p
発行年月:2006年07月
ISBN:9784769609087

人事部等の新人教育担当者向けに書かれたものですが、それ以外の新人を教育する立場の人が読んでも有用です。さらには、人材を育成する立場にある人、すなわち、おそらくは、全ての管理職の人、が読んでも共感できる部分が多いと思います。
よくまとまった内容で最後まで飽きずに読めます。ただ、副題にもあるように、「人間力」を高めるのが社員教育の目的である、という本書の主旨は、多くの類書で説かれていることで、目新しさはありません。






最終更新日  2008/02/24 01:46:07 PM


2008/02/15
カテゴリ:読書記録 151-160

★★★

【採用の超プロが教えるできる人できない人】

サンマーク文庫

著者:安田佳生

出版社:サンマーク出版

サイズ:文庫/189p
発行年月:2006年03月
ISBN:9784763184184

「できる人」と「できない人」の違いをさまざまな視点から論じます。
人材の採用・育成において、経営者や人事担当者はどのような考え方をすべきであるのか、を多くの例を用いながら説きます。人事担当以外の者でも、「できる人材」になるために何をすべきか、ということを間接的に学ぶことができます。
以前に読んだ、「千円札は拾うな」(118)と同じ著者のものです。千円札よりはこちらの方が面白いです。






最終更新日  2008/02/15 09:29:37 PM
2008/02/10
カテゴリ:読書記録 151-160

★★★★

【スタバではグランデを買え!】
価格と生活の経済学

著者:吉本佳生

出版社:ダイヤモンド社

サイズ:単行本/284p
発行年月:2007年09月
ISBN:9784478002292

モノの値段がどのようにして決まるのかを、「コスト」と(企業側の)「戦略」から説明します。多くの実例があり、分かりやすく面白いです。ただ、「経済学」っていうのとはちょっと違うかな、と感じます。
スタバの話はほんの一部です。むしろ、「携帯電話の料金はなぜ複雑なのか」といったタイトルの方が、全体を表さないまでも本書の趣旨に沿っているでしょう。
後半は、経済格差、比較優位、自己認識といった話題で、著者の思いは伝わってきますが、ちょっと話を広げすぎて焦点がぼやけたような気がします。






最終更新日  2008/02/10 08:07:16 PM
2008/02/08
カテゴリ:読書記録 151-160

★★★★

【効率が10倍アップする新・知的生産術】
自分をグーグル化する方法

著者:勝間和代

出版社:ダイヤモンド社

サイズ:単行本/287p
発行年月:2007年12月
ISBN:9784478002032

今、最も注目を集めている女性の一人です。
自己改革を図り、充実した毎日を送るためのノウハウが満載されています。
それなりに面白い内容で、役に立ちそうなことも多くあります。ただ、何となくあくせくして、後味が悪いのは、私が「ぼんくら」のせいでしょうか?(もう少しのんびりできないの?)
文章やプレゼンテーションについても論じていますが、本書自身がそれ程優れた内容とも思えません。(効率が10倍アップってどういう意味? 自分をグーグル化するってどういう意味?)






最終更新日  2008/02/09 12:13:40 AM
2008/01/22
カテゴリ:読書記録 151-160



【水は答えを知っている(2)】
結晶が奏でる癒しと祈りのメロディ

著者:江本勝

出版社:サンマーク出版

サイズ:単行本/238p
発行年月:2003年01月
ISBN:9784763194817

とんでもない本です。水が結晶化するときに水に言葉をかけると綺麗な結晶ができるそうです。音楽を聴かせると音楽にあった結晶ができるそうです。
「愛すること」「感謝すること」「尊敬すること」の大切さを説き、物事に前向きに取り組むことを説いた部分は、自己啓発書として悪くは無いのですが、そこに「波動」とやらを持ち込むことで一気に胡散臭い話になってしまいます。
いかにも科学的な実験を行っているようなことを言いながら、最後には科学的に証明できないと開き直っています。支離滅裂です。科学に対する冒涜です。






最終更新日  2008/01/22 10:40:24 PM
2008/01/16
カテゴリ:読書記録 151-160

★★★★

【データはウソをつく】
科学的な社会調査の方法

ちくまプリマー新書

著者:谷岡一郎

出版社:筑摩書房

サイズ:新書/169p
発行年月:2007年05月
ISBN:9784480687593

少し前に読んだ「『社会調査』のウソ」(150) の谷岡一郎氏の著。内容も良く似ています。
日常で目にする社会調査データの真偽を見分けるコツを、事例をもとに解説します。単に、答を提示するのではなく、自分で考えることの重要性を説いています。
所々にある、いしいひさいち氏の漫画が核心をついていて面白いです。






最終更新日  2008/01/17 12:05:39 AM
2008/01/13
カテゴリ:読書記録 151-160

★★★

【「6つの脳力」が成功を引き寄せる】
米国発ビジネス能力開発の最新ノウハウ

著者:児玉光雄

出版社:青春出版社

サイズ:単行本/261p
発行年月:2001年12月
ISBN:9784413033091

脳の機能を「イメージ脳」「集中脳」「論理脳」「ひらめき脳」「記憶脳」「感覚・運動脳」の6つに分類し、それぞれの脳力の機能を解説するとともに、伸ばし方の具体的方法(=訓練法)を提案しています。
いわゆるハウツーものですが、具体的ですぐに使えそうな例も多く、それなりに役に立つ内容です。
「論理脳」の章では、いくつかのパズルを出題し、論理的な推論方法を解説していますが、残念ながら答の間違っているものがあります。興醒めです。(単なる誤植ではなく、明らかに著者の推論方法が間違っている=著者の論理脳レベルは低い)






最終更新日  2008/01/13 05:52:02 PM
2008/01/07
カテゴリ:読書記録 151-160

★★★★
運命を拓く
【運命を拓く】
天風瞑想録

講談社文庫

著者:中村天風

出版社:講談社

サイズ:文庫/332p
発行年月:1998年06月
ISBN:9784062637398

う~ん、コメントしづらいです。
哲学なんですが、宗教的と思える部分も多く、科学的とは言えない内容です。
積極的に生きることの大切さを説いており、人生の指南書として、私は感銘を受けましたが、人によってはきな臭さを感じるかもしれません。






最終更新日  2008/01/07 11:30:08 PM
2008/01/04
カテゴリ:読書記録 151-160

★★★★

【企業参謀】

講談社文庫

著者:大前研一

出版社:講談社

サイズ:文庫/218p
発行年月:1985年10月
ISBN:9784061836303

文庫版の出版年は1985年ですが、その前に単行本で発表されているので、30年前に発表されたことになります。最近の大前氏のものに比べると、勢いはありませんが、理論面での緻密さを感じます。
第二章は方法論的な解説でやや退屈ですが、それ以外の部分は刺激的です。独自の視点からの独自の理論展開は、一読に値します。
役に立つかどうか、といった端的な評価だけでこの本を論じるのは的外れでしょう。






最終更新日  2008/01/04 01:57:19 PM
2007/12/22
カテゴリ:読書記録 151-160

★★★

【上司は思いつきでものを言う】

集英社新書

著者:橋本治

出版社:集英社

サイズ:新書/221p
発行年月:2004年04月
ISBN:9784087202403

著者は、「桃尻娘」の橋本治氏。まじめな内容です。
なぜ、「上司は思いつきでものを言う」のかを理屈っぽく論じます。私自身も理屈っぽい方ですが、この本の理屈っぽさは相当です。なかなか考えさせられる内容ですが、理屈っぽいのが苦手な人にはお薦めできません。






最終更新日  2007/12/23 12:59:14 AM

全10件 (10件中 1-10件目)

1


© Rakuten Group, Inc.