142466 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

PR

全10件 (10件中 1-10件目)

1

読書記録 161-170

2008/04/30
XML
カテゴリ:読書記録 161-170

★★★★★

【夢をかなえるゾウ】

著者:水野敬也

出版社:飛鳥新社

サイズ:単行本/357p
発行年月:2007年08月
ISBN:9784870318052

いわゆる自己啓発書です。ゾウの神様ガネーシャが、サラリーマンの主人公の家に住みつき...と、フィクション仕立てで自己改革を説きます。
自己啓発書の類のベストセラーは「ハズレ」が多いですが、これは「アタリ」です。
ゲラゲラ笑えて、最後はジーンときます。


ぼんくら会社員の「ビジネス書を読みましょう」(蓄積版)

BulogMURA






最終更新日  2008/06/03 12:37:46 AM


2008/04/27
カテゴリ:読書記録 161-170

★★★★

【3年で辞めた若者はどこへ行ったのか】
アウトサイダーの時代

ちくま新書

著者:城繁幸

出版社:筑摩書房

サイズ:新書/237p
発行年月:2008年03月
ISBN:9784480064141

「若者はなぜ3年で辞めるのか?」(168)の続編。
「昭和的価値観」を持たないアウトサイダーが、どのような価値観を持ち、どのように働き、社会参加しているのかを多くの実例をもとに論じます。
前作に続き、明快で過激な内容です。


ぼんくら会社員の「ビジネス書を読みましょう」(蓄積版)

BulogMURA






最終更新日  2008/06/03 12:38:31 AM
2008/04/23
カテゴリ:読書記録 161-170

★★★★

【若者はなぜ3年で辞めるのか?】
年功序列が奪う日本の未来

光文社新書

著者:城繁幸

出版社:光文社

サイズ:新書/231p
発行年月:2006年09月
ISBN:9784334033705

以前に読んだ「内側から見た富士通」(035)の城繁幸氏の著。
年功序列制度を中心に、日本型経営について、過去の繁栄と90年代以降の行き詰まりを分析します。
制度の変革、社会の変革が必要な時期が来ているのに、多くの人の意識が変わらない状況を「昭和的価値観」と名付け、意識改革を説きます。


ぼんくら会社員の「ビジネス書を読みましょう」(蓄積版)

BulogMURA






最終更新日  2008/06/03 12:39:02 AM
2008/04/18
カテゴリ:読書記録 161-170

★★★★★

【君たちはどう生きるか】

岩波文庫

著者:吉野源三郎

出版社:岩波書店

サイズ:文庫/339p
発行年月:1982年11月
ISBN:9784003315811

中学生の主人公が、人とのふれあいの中で人間として成長していく物語。
中高生向けの作品ですが、大人が読んでも感動します。心を洗われた気持ちになります。
1937年に書かれたものですが、古いと感じません。本質はいつの時代も変わらないものです。
もちろんビジネス書ではありませんが、多くのビジネスマンにも読んでいただきたい名著です。


ぼんくら会社員の「ビジネス書を読みましょう」(蓄積版)

BulogMURA






最終更新日  2008/06/03 12:39:34 AM
2008/04/15
カテゴリ:読書記録 161-170

★★★★
M&Aで会社を強くする
【M&Aで会社を強くする】
経営実践講座

日経ビジネス人文庫

著者:金児昭

出版社:日本経済新聞社

サイズ:文庫/291p
発行年月:2005年11月
ISBN:9784532193232

M&Aにおいて実際にどのような交渉が行われるのかを具体的に紹介しています。
人材、特許、技術などの知的資産を「見えない資産」と呼び、「見えない資産」をめぐる折衝を「知の攻防」と名付け、その実践を詳細に説きます。
M&Aがテーマにはなっていますが、真の経営とはどのようなものであるのかを学ぶことができます。


ぼんくら会社員の「ビジネス書を読みましょう」(蓄積版)

BulogMURA






最終更新日  2008/06/03 12:42:27 AM
2008/04/12
カテゴリ:読書記録 161-170

★★★★
権威主義の正体
【権威主義の正体】

PHP新書

著者:岡本浩一

出版社:PHP研究所

サイズ:新書/254p
発行年月:2005年01月
ISBN:9784569639901

「権威主義」という言葉はなかば日常語になっていますが、社会科学において「権威主義」は極めて重要度の高い専門用語ということです。本書ではその「権威主義」を社会心理学の立場から解説します。
地味なタイトルですが、刺激的で示唆に富んだ内容です。面白いです。


ぼんくら会社員の「ビジネス書を読みましょう」(蓄積版)

BulogMURA






最終更新日  2008/06/03 12:43:02 AM
2008/04/10
カテゴリ:読書記録 161-170

★★★

【会議革命】

PHP研究所

著者:斎藤孝

出版社:PHP研究所

サイズ:文庫/207p
発行年月:2004年04月
ISBN:9784569660578

会議を活性化するための手法を提言します。目から鱗ともいえる画期的な方法を、具体的に紹介しています。非常に勉強になります。
ただ、著者が題材としているのは、ブレーンストーミングに近いもので、「参加者がアイデアを出し合って物事を決定する」会議です。
自分の職場を考えると、ほとんど活用する場が無い、というのが実感です。


ぼんくら会社員の「ビジネス書を読みましょう」(蓄積版)

BulogMURA






最終更新日  2008/06/03 12:43:37 AM
2008/04/08
カテゴリ:読書記録 161-170

★★★★

【コピー用紙の裏は使うな!】
コスト削減の真実

朝日新書

著者:村井哲之

出版社:朝日新聞社

サイズ:新書/226p
発行年月:2007年03月
ISBN:9784022731371

ハウツーものに良く見られるようなタイトルですが、しっかりした内容です。
コスト削減をマネジメントの視点でとらえ、その重要性と利点を説きます。
コスト削減は決して「後ろ向き」の対策ではなく、「経営」と「現場」の隔たりを埋め、「現場力」を高める可能性を持つ重要な戦略である、という著者の思いが伝わってきます。


ぼんくら会社員の「ビジネス書を読みましょう」(蓄積版)

BulogMURA






最終更新日  2008/06/03 12:45:07 AM
2008/04/06
カテゴリ:読書記録 161-170

★★★★

【重大事件に学ぶ「危機管理」】

文春文庫

著者:佐々淳行

出版社:文藝春秋

サイズ:文庫/282p
発行年月:2004年04月
ISBN:9784167560119

誰もが記憶している重大事件を題材に危機管理を論じます。
単に危機管理の重要性を説くだけでなく、なぜ、日本の組織は危機管理が弱いのかを分析し、日本に適した危機管理のあり方を提唱します。
危機管理に強い人物を一方的に支持するのではなく、「乱世の雄、治世の能吏」の両方のタイプの人間が組織には必要であるというのは、共感できます。
地味なタイトルですが、刺激的で面白いです。


ぼんくら会社員の「ビジネス書を読みましょう」(蓄積版)

BulogMURA






最終更新日  2008/06/03 12:45:48 AM
2008/03/30
カテゴリ:読書記録 161-170

★★★

【ビール最終戦争】

日経ビジネス人文庫

著者:永井隆

出版社:日本経済新聞社

サイズ:文庫/339p
発行年月:2006年07月
ISBN:9784532193478

ビール業界の開発、営業、経営現場で奮闘する人たちの姿を活き活きと描いています。読んでいてやる気が沸いてきます。胸が熱くなります。
ただ、内容的には、数多くの現場を紹介しすぎたため、短編集的なものになってしまっています。また、各章のテーマが時系列になっていないため、余計に分かりにくく、まとまりが無いものに感じられます。
面白い内容だが、ノンフィクションとしての完成度はもうひとつ。






最終更新日  2008/03/30 02:36:18 PM

全10件 (10件中 1-10件目)

1


© Rakuten Group, Inc.