470102 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々是好日

PR

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

2005年09月17日
XML
テーマ:たわごと(24847)
カテゴリ:歴史
日本の歴代天皇が継承している宝物のこと。

神器とは神の依代(よりしろ)を意味するとな。

天皇の即位に際し、この神器の内、鏡と剣のレプリカ及び勾玉を所持することが日本の正統なる帝として皇位継承の際に代々伝えられている。

三種の宝物は、以下の三つ。

八咫鏡(やたのかがみ) → 現在は伊勢神宮に。
八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま) → 現在は皇居に。
天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)(草薙剣) → 現在は熱田神宮に。


鏡は
勾玉は
剣は
というように、三種の神器は三徳を表わすという解釈もある。

(なんか里見八犬伝みたいだわ♪
あれは「仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌」ですかね。
観に行きましたよ。真田広之と薬師丸ひろ子の映画☆夏木マリがきれいだった!
映画は思いのほか面白かったです。その年の邦画ナンバー1でしたよね。
こんな面白いお話が、江戸時代に書かれたなんて!と感激したものです。<滝沢馬琴>
来年TBSでドラマ化されるので楽しみです!!キャストが豪華~☆)

2006年新春スペシャルドラマ里見八犬伝

話を戻して、

神器という言い方が一般化したのは南北朝時代ごろからと言われている。
(はい、南朝方の後醍醐天皇が持って逃げましたね。)

しかし、この三種の神器、歴史の最中に消失したとかしないとか。いや全てが現存しているとか、の諸説があります。

もっとも言われているのが、今NHK大河でやっている「義経」の時代の時に消失したのではないかということ。(ごめんなさい私はドラマ観ていません^^;)

1185年(元暦2年)の壇ノ浦の戦いで平氏と源義経率いる源氏が戦った際に、
安徳天皇が入水し草薙剣も赤間関(関門海峡)に水没したとされています。

・・・その真偽はベールに包まれています。(よね?少なくても私は知らないです)


これらの重要なパワーアイテム、もちろんレプリカをつくり、様々な祭式に使用されてきたことでしょう。

けれども歴史の中、運命に流されてきたといっても過言ではありません。
(少なくとも後醍醐天皇に持たれたときは「あ~れ~」と思っていたことでしょう☆)

そもそもこの御三方、出自からしてそれぞれ神話の中から生まれ出でたものです。


八咫鏡(やたのかがみ) → 現在は伊勢神宮に。

天照大神が天の岩戸に隠れた岩戸隠れの際、石凝姥命が作ったという鏡。
天照大神が岩戸を細めに開けた時、この鏡で天照大神自身を映し、興味を持たせて外に引き出し、そして再び世は明るくなった。
(裸踊り-ストリップ-見たさに出てきた、とはさすがにおおっぴらに書いていませんかね*^^*)

八咫鏡の所在には諸説あり、伊勢神宮の内宮に変わらず安置されているとする説、
宮中内侍所(賢所)にあったものが安徳天皇のときひとたび壇ノ浦に沈んだものを源義経が八尺瓊勾玉とともに回収したとする説、
平家滅亡前に他方へ遷したとする説などがある。

鏡には二羽の唐鳥等が描かれている。


八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま) → 現在は皇居に。(天皇の寝室の隣りにある「剣璽(けんじ)の間」にあるとされる)

八坂瓊曲玉とも書く。
大きな玉で作った勾玉であり、一説に、八尺の緒に繋いだ勾玉ともされる。
岩戸隠れの際に玉祖命が作り、八咫鏡とともに榊の木に掛けられた。



天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)(草薙剣) → 現在は熱田神宮に。

これはもう、日本史上に燦然と輝くスーパーアイテム☆イェーイ!

この剣にまつわる話だけでも古代ロマンへの情熱が燃え上がるってもんです。

「スターウォーズ」フォースライトセーバーなんてメじゃないですよ☆

ヤマタノオロチですよ?
ダイダラボッチですよ!?
スサノオノミコトですよ!!?
ヤマトタケルですよ~~!!!!?


こんな面々が一本の伝説の剣に関わっているんですからっ☆

三種の神器のうち、これだけが現存しているという説も強いですが、実際のところはどうなんでしょう。

熱田神宮にご神体としてあるとされているのですが、
熱田蓬莱軒神宮には何度か行ったのに、考えてみると宝物殿は入ってないなあ。
工事とか、中身入れ替えとかでタイミングが悪いんですよねー。
(まあご神体はさすがに見れないだろうけど・・・)

三種の神器が一同に介するところ、もうないのかなー。


三種の神器には関係ないですけど、正倉院の宝物殿の中にあるものたちも
のきなみ観てみたいですね~。

年に一度、それも全てのものが見れるわけじゃない、一定の期間のみの公開ですが、未だに観れた事がありませぬ☆

遠い・・・遠すぎるよ奈良・・・。正倉院よ。

いつか何もかもに余裕ができたら、お宝にまつわるロマンを感じに行きたいものです。

このロマンていうものは、なくならないんですよね。
自分で育てて、持ち続けていられるものだと思います。
自分が興味をなくさない限り、どんなものにも注ぐことができる。
ロマンを感じる対象って人によって違うものだと思いますが、
私は何にロマンを感じるかなあ・・・。

移りゆくもの過ぎ去るもの。はかないもの。そして変わらないもの残るもの?

う~んよくわかんないや☆

あれこれと思うこともまたたのし ・・・・・としときましょ。


*****************************************************
当サイトの写真や画像及び文章など諸々の無断転用を禁止します。
人気blogランキング←よろしく☆

当サイトはリンクフリーです。ご自由にどうぞ(^^)ノ
ランキング  ご意見・ご感想  myセレクト  日記一覧  HOME
*****************************************************







最終更新日  2005年09月17日 15時58分13秒
コメント(6) | コメントを書く
[歴史] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.