727939 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

銀河の虹-青鷲の日記-

2006/6/24 武満徹(没後10年)の世界を歌う

武満徹没後10年
武満徹の世界をうたう ソプラノコンサート in 駒ヶ根

長野県駒ヶ根市で「武満徹の歌」のコンサートをおこないます。新緑の駒ヶ根でのリサイタルのお誘いです。


出演 ソプラノ:久保直子
    ピアノ:筒井一貴


日時  2006年6月24日(土)

     13:30開演 14:00開場

チケット:一般2000円 小中高生1500円

場所  駒ヶ根高原美術館 別館 VITA AMOR

※コンサートチケットを持参されると、
 駒ヶ根高原美術館の入館料が割引になります。
 (6/24.25に限る)
 大人:1000円→600円
 高校生:800円→400円
 小・中学生:土曜日は無料、
         日曜日は200円に割引


ピアノは、 「STEINWAY MODEL B」。
1882年製のもので、フランツ・リストが生前最後にルクセンブルクで開催したコンサートで使用したものと同じモデルのピアノです。



お越しになるとお知らせくださった方には詳細を改めてお知らせします。
こちらからお知らせくださいませ。


是非、お越しいただけると幸いです。

 駒ヶ根高原美術館には、武満徹の《SONGS》の楽譜集の絵を描いている大竹伸朗氏の作品が常設展示されています。
 また、会場の駒ヶ根高原美術館 別館VITA AMOR では、「06信州現代抽象画展」が7月18日まで行われています。
 伊那毎日新聞社 『駒ケ根で信州現代抽象画展』
 駒ヶ根高原美術館 別館 VITA AMOR 
Vita amor
 STEINWAY MODEL B(1882年製) 
 Steinway model B 1882年製 

 6月24日に駒ヶ根高原美術館で行われました武満徹没後10年 武満徹の世界をうたう コンサート in 駒ヶ根ですが、成功裡のうちに無事修了することができました。ご声援、どうもありがとうございました。

 当日は、100名近い方々がお越しくださり、満席となり、盛況のうちにコンサートを終えました。アンケートやその後のお話では、アットホームな感じで、よかったとのお声を頂戴しました。

 朝から、光眩しい一日となりました。

 お越しくださった方、お花等をお届けてくださった方、遠くから見守ってくださった方、沢山の方々とつながっていることを感じながら、過ごすことができました。
 長野県内は近郊の方々をはじめ、小布施・上田・佐久・飯田・安曇野・松本、県外からは、奈良・三重・名古屋・富山・千葉・埼玉・東京・神奈川…と遠方からも多くの方々がお越しくださいました。
 また、スタッフの方々に恵まれて、スムーズに舞台進行することができたことも、本当にありがたく、多くの方々のご協力を感じております。

 新たな課題も沢山見つけられ、また新たな一歩となっております。

 この場をお借りしまして、沢山の方々のご支援とご声援へのお礼とさせていただきたく存じます。

 沢山の方々との出会いを繰り返しながら、今を過ごしています。また、お目にかかれるのを楽しみにしております。

コンサートについての新聞記事(伊那毎日新聞
 教員時代を過ごした上伊那の地でソプラノリサイタルを開く
 『武満徹の世界をうたう』

当日ご来場くださった方のプログ
 kakko.kakkoさんの駒ヶ根高原美術館とコンサート
 ごんたのママさんの駒ヶ根でのコンサートの旅(1日目)
 ごんたのママさんの駒ヶ根の旅(1日目&2日目)
 ぱくぱくるんるん パクヨンハが好き:駒ヶ根高原美術館
チラシをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerは、PDFファイルを見るためのプラグインソフトです。
こちらからダウンロードして、ご覧ください。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.