2786817 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

秋に咲くヒマワリ・・なのかもね。

PR

全1943件 (1943件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2022.01.20
XML
テーマ:うなぎ(346)
カテゴリ:グルメ Gourmet
先日両国駅前を自転車で走っていたらうなぎの自販機を見つけてびっくりびっくり。どうせ大したことないんだろうと思いながらも試しにうなぎの蒲焼を2枚500円で買って帰りました。

うなぎは冷凍されていて自販機の名前は「ど冷えもん」、蒲焼は「うなぞうくん」といいます。自販機下のKABAYAKIのロゴがナイスです。

うなぎ販売所 たいき屋
住所: 〒130-0026 東京都墨田区両国2丁目17−11 大起ビル

蒲焼は1枚350円、2枚だと500円と、結構大雑把なプライシングです。
うなぎご飯(NEW!!)は650円です。
うなぎ弁当は2000円。
甘辛さばかつは300円。


2枚500円の蒲焼を買って、うちに帰って早速食べてみました。よく私が買う、安い食感がゴムみたいなうなぎとは大違い。高いうなぎとほとんど変わらない味でびっくりぺろり。とても中国製とは思えません。これが1枚250円で食べられるとは感激です。またぜひ買いたいです。






Last updated  2022.01.22 04:18:18


2022.01.18
健康保険証とマイナンバーカードを紐づけるのは怖いなと思ってずっとためらってました。

健康保険組合に電話で聞いたら、健康保険証とマイナンバーカードを紐づけると、自分の特定健診情報や薬剤情報・医療費が見られるようになりますが、会社は見れないそうで、よく考えたらそんなにたいそうな個人情報でもないし、確定申告も便利になりそうなうえ、お金ももらえるので思い切ってマイナポータルで登録しました。

マイナポータルのアプリをダウンロードして開いて操作し、マイナンバーカードを置くだけという手軽さで、数分で済みました。

登録すると、たしかにスマホで、特定健診情報や薬剤情報・医療費が観られます。昨年の確定申告の内容等も見られます。年金や介護、雇用保険、世帯情報、子育て情報も見られるようになるそうです。便利といえば便利ですが、やはり落としたり、犯罪に巻き込まれると、マイナンバーカードと4桁の暗証番号で、これらの情報が流出するので、カードはやはり家に置いておこうと思います。だいたいみんな銀行のキャッシュカードと同じ番号にしているでしょうから、マイナンバーカードを使った犯罪の可能性も気がかりです。

利便性を追求しながらも、慎重に利用したいと思います。

■参考リンク









Last updated  2022.01.19 01:16:43
2022.01.17
戦前の日本では生まれて1年以内に死亡する乳児死亡率は10人に1人と言われましたが、今は300人に1人と大きく改善しています。

今回のプロジェクトXは、当時は重視されなかった難産の末に生まれたり、未熟児で生まれた新生児とお母さんの両方の命をを救うことを重視して、日本の周産期医療に貢献したパルモア病院のお話です。

10人に1人の赤ちゃんが死ぬということは、当時のお母さんにとっては出産はまさに命がけだったと思います。生まれてからすぐ死ぬ赤ちゃんは生きる力が弱いと見捨てられていたのを、救ってきた三宅先生の功績はもう少しWikipediaで紹介されてもよいと思います。



2016年11月22日 火曜日日本のお産の安全度は、世界トップレベルです。~自然出産のリスク その2~:らくらく子育て研究所 執筆者:佐々木愛さん








■参考リンク
NHK:新価格版 プロジェクトX 挑戦者たち 耳を澄ませ 赤ちゃんの声 ~伝説のパルモア病院誕生~
2000年~2005年にNHK総合テレビ放送された「プロジェクトX 挑戦者たち」。熱い情熱を抱き、使命感に燃えて、様々な困難を乗り越え“夢”を実現させてきた「無名の日本人」たちの姿は、全国で感動を呼び、社会現象にもなった。
以前DVD化した88作品の中から“生命の尊さと日本人魂”の物語を中心にセレクトした9タイトルと、初DVD化の1タイトルを加えた10タイトルを、お求めやすい新価格でリリースする、シリーズ第6期!
【収録内容】
昭和31年、ひとりの若い産婦人科医が、日本で最初の新生児医療を神戸市内の診療所パルモア病院で開業した。しかし、日本の新生児医療は困難の連続だった。次々と襲いかかる困難から小さな命を守ろうと奮闘し、日本の閉鎖的な縦割りの医療界に革命を起こした医師たちの感動のドラマを再現映像を交えて紹介する。
【出演】
国井雅比古、久保純子、膳場貴子 ほか
【語り】
田口トモロヲ

「新生児」に生きる~三宅簾 パルモア病院物語

パルモア病院と三宅廉医師
1949(昭和24)年頃より
パルモア学院院長室と教授研究室を開放して、医師の資格をもつ宣教師が、パルモア学院生徒を対象とする内科の診療を行っていた。この頃は、まだ戦後の住環 境問題、食糧・医療資源の不足が強く、人々の健康を大きく脅かしていた時代であった。事実、働きながら実用英語を学んでいる学院生の中にも健康を損なっ ている人たちが多かった。当時の学院長石井卓爾は、学校内での診療を続けるにつれ、近隣の人たちが受診できる診療所を作りたいという思いを強めていった。 そして、京都府立医科大学の教授をしていた義弟の三宅 廉を専任の医師として招聘した。
パルモア学院:1886年 W.B.ランバス宣教師によって夜間の英語学校として設立され、英語と聖書を教えていた。ランバス師は1889年全日制の学問教育の場として関西学院を創立した。また、神戸栄光教会の創立者でもある。
1951(昭和26)年10月1日 医療法人パルモア診療所設立認可をうける。
初代所長 : 三宅 廉(小児科、昭和23年度唐澤賞受賞、京都府立医科大学教授)
内科医師 : ゲルハルトL.シュエルゼンツ(スイス、医療宣教師)
診療所の初代所長として招かれた三宅廉は、患者に充分な医療を行うには入院施設が不可欠であると診療所を19床の有床診療所にした。三宅廉の心中には常に聖書の「善いサマリア人」のたとえ(ルカによる福音書10章25-37節※)を話されたイエスキリストの『あなたも行ってそのようにしなさい』というお言葉が響いていたのであろう。
1956(昭和31)年1月16日 パルモア病院開院
住所 神戸市中央区北長狭通4丁目9-15
理事長 樋口 伴冶(社会福祉法人団体役員)
病院長 三宅 廉(小児科医師)
副院長 椿 四方介(産婦人科医師)
病床数 21床
医療法人(財団)パルモア病院設立許可1955(昭和30)年10月12日
三宅廉は大学小児科医局の時代から新生児に魅せられていた。当時は、分娩前後の新生児の死亡率が未だ高く、新生児救命に医師としての使命を強く感じていた。しかし、大学では各科別教室の医局制度の壁に阻まれて産科との情報交換もままならない状況に、もどかしさを覚えていた。これらの背景から、三宅廉は新しい病院では小児科と産科が協力していく体制を創って行くことに意欲を傾注した。
最初は、お産に小児科医も立ち会うことから始まり、妊娠中の妊婦の状態、分娩前後の母体や胎児・新生児の状態についての情報交換のために小児科医と産科医の周産期カンファレンスの開催などを実施した。また小規模ながら新生児室、未熟児室を備え、数台の未熟児保育器を設置した(※1)。
さらに、新生児重症黄疸に対しては、戦後はじめて淀川キリスト教病院のブラウン院長を通じて アメリカから日本に紹介されたダイアモンド法による交換輸血を淀川キリスト教病院に次いで採りいれ、重症黄疸による脳障害の発生を防いだ(※2)。
三宅廉が新たに創っていた体制は、産婦人科は妊婦を、小児科は乳児以降を診るという棲み分けをなくした、まさに、周産期医療の先駆けと言える新体制だった(※3)。
(※1)
神戸大学附属病院、県立こども病院に早産児・未熟児を受け入れる施設ができるまでの数年間、他院からの搬送も受け入れた。
(※2)
これはその後、光線療法が有効とされるようになってから、手術例は減少し、当院では(現在では)行なわれる機会は皆無となっている。
(※3)
NHKプロジェクトXに『第49回 耳を澄ませ 赤ちゃんの声 ~伝説のパルモア病院誕生~』として、またアンコール放送に『救え赤ちゃん 奇跡の指先~パルモア病院~』として放映された。
以下略

Wikipedia:パルモア病院






Last updated  2022.01.18 00:08:41
2022.01.16
カテゴリ:花 Flowers
1月も半ばを過ぎ、毎日寒い日が続いています。今はテレワークなので、凍えながら通勤せずに助かります。最近は2月になれば暖かい日が増えてくるので待ち遠しいです。

こうした中でも。花壇や水栽培の草木は春の準備に忙しくなっています。

水仙はもうすぐ咲きそうな感じでさなぎみたいな蕾を膨らませてます。


梅や沈丁花は今年は蕾が少ないのが、気がかりです。


クロッカスの水栽培は試しに1個家に入れようと思います。






Last updated  2022.01.16 15:24:36
2022.01.15
カテゴリ:健康 Health
墨田区から手紙で、健康保険を使って通常10,000円くらいかかる胃カメラが1,500円で受けられるというお知らせが届き、特に胃腸に不調は無いけど、受けてみました。

前日は21時までに食事をとり、以後は水だけは可で、食べ物や薬は不可との注意を受けました。ネットで調べたら、お酒は過度で無ければ可、薬は朝6時までならよいとの記事を見つけ、大腸内視鏡検査の時に比べたら規則が緩かったのに甘えて、前日は太田屋で牡蠣鍋を肴にビールと日本酒で一杯やりました。

当日は管を口からか鼻から挿入するか聞かれ、口はオエッ!となるそうなので鼻を選択。左右どちらの鼻にするか試しに挿入して、右に決定。麻酔を鼻の穴に注入し10分くらいして検査開始。思ったより痛くなかったですが、鼻から入った冷たい金属チューブが、体をおりていくのがわかり、なんか変な感じです。20分くらいで終了。


終って、お医者さんに喉から、胃、十二指腸に至る自分の写真を見せられながら、解説を受けました。基本的に問題なく、病理検査に回すポリープ等もないとのことで安心しました。写真で、逆流性食道炎、ポリープ、良性腫瘍を指摘され、ちょっとびっくり。鼻から、喉、胃、十二指腸と続く写真を観て、このまま腸、お尻へと一本の管でつながってるんだなと思い、人体の神秘に感動です。子供のころに観た映画のミクロの決死圏を思い出しました。




胃は痛くないと思っていても、今回のように小さな異変が見つかったので受けてよかったと思います。また、受けたいと思います。

麻酔が結構効いたので、家に帰って2時間くらい昼寝しました。直後の運転はやめたほうがよいと思います。また、午前に検査受けて、午後仕事もきついと思います。

病院を出て、長年店の前を通って気になってましたが、今回初めて入る、錦糸町駅前のキッチン藤で、ロースかつ定食を食べたら、分厚いかつのおいしさにびっくり。
おそらくご夫婦で経営されていると思いますが、ちょっと話しただけで、お二人ともお人柄の良さがにじみ出ている感じなのがうれしかったです。
週イチでぜひまた訪れたいと思いました。大収穫でした。

キッチン藤 - 錦糸町/洋食 | 食べログ


■参考リンク
上部消化管内視鏡検査(経鼻挿入)の受け方

Wikipedia:内視鏡
開発
1950年(昭和25年)10月28日、東京大学医学部附属病院分院の副手だった宇治達郎とオリンパス光学工業(現・オリンパス)の杉浦睦夫、深海正治が、極めて小さなカメラ本体及び光源(超小型電球)を軟性管の先端に取り付けた国内で初めての胃カメラ「ガストロカメラGT-I」を開発した[9]。同年に3人を発明者として「腹腔内臓器撮影用写真機(ガストロカメラ)」の名で特許が出願され、1954年(昭和29年)に発明協会から創立50周年記念全国表彰として朝日新聞発明賞を、1990年(平成2年)に吉川英治文化賞を受賞している。この開発の経緯は、2000年(平成12年)4月18日に、日本放送協会のプロジェクトX〜挑戦者たち〜第4回「「ガンを探し出せ」~完全国産・胃カメラ開発」として放映された。また1980年(昭和55年)に、吉村昭が読売新聞の朝刊に小説「光る壁画」として連載しており、1981年(昭和56年)に新潮社より出版された。日本機械学会では「オリンパスガストロカメラ GT-1」を「機械遺産」第19号として認定した。
だが、宇治は父親が開業する医院を継ぐため大学を去り研究を中断した。東大病院分院の城所仂と今井光之助は研究を引き継ぎ、カラー撮影の研究を行った[10]。当時の胃カメラは故障が頻繁に発生し、臨床現場では使いものにならなかった[11][12][13]。
1953年(昭和28年)に東大病院本院の田坂内科(現・第一内科)第八研究室の﨑田隆夫、芦澤真六達は胃カメラの研究を始め、カラー撮影の実用化研究、撮影技法の確立を行い、胃カメラ改良の提案と要請を重ねて1956年(昭和31年)に胃カメラを実用化し[14][15][16]、撮影技法や画像の読影法を講習するなどの普及活動を行った[17][18]。これらにオリンパス光学工業から中坪寿雄、松橋章をはじめとする技術者や関係者が協力した[19]。本院の田坂定孝は、この研究を評価し積極的に後援した。1958年(昭和33年)、胃カメラ検査に健康保険の適用が認められた[20]。﨑田と城所の相談により1955年(昭和30年)に発足した胃カメラ研究会が発展し[21]、1959年(昭和34年)第1回日本胃カメラ学会(後に日本消化器内視鏡学会)が会長田坂のもとで開催された[22]。胃カメラは、内視鏡医療の基礎を築いた[23]。現在でも上部消化管内視鏡を総称して、俗に「胃カメラ」と呼んでいる。
1960年代になると、光ファイバーを利用したファイバースコープが開発され(バジル・ハーショヴィッツ他)、医師の目で直接胃の内部を観察することができるようになった。胃ファイバースコープには、銀塩カメラが取り付けられるようになり、客観的な検査結果として、他の医師にも写真を供覧できるようになった。
1970年代から使用された直視型のファイバースコープ
1970年代には、スチルカメラ付きファイバースコープが広く用いられるようになった。電子機器の発達に伴い、スチルカメラにビデオカメラを取り付けた機種や、CCDセンサを取り付けた電子内視鏡(ビデオスコープ)が登場し、現在多くの病院で使用されている内視鏡の原型が誕生となった。ビデオ装置を用いると、複数の医師やコメディカルスタッフが同時に病変を確認することができ、診断と治療に大いに役立った。
世界的に主流となったオリンパスは、モノクロCCDをプロセッサー側に使用し、3色の光を連続的に照射して、その反射光をプロセッサー側で合成するという方法を採用していた。対するフジノン(富士フイルム)は、白色光を照射し、カラーCCDカメラを採用していた。いずれにしても、この頃の機種は光ファイバーで画像をプロセッサーに送っていたので、解像度は光ファイバーの密度に左右された。やがてCCDはカメラの先端に内蔵されるようになった。また画像処理のデジタル化が進められた。






Last updated  2022.01.17 20:44:01
2022.01.14
2022.01.13
カテゴリ:映画 Cinema


先日、いつも行くお寺でアップしている法話を覗いたら、マスクをされていてよくわからないけれども、かわいい女性の声がしてネットで気になって検索したら、大阪府摂津市明教寺 葭田誓子先生でした。ちょっと前風に言うと、美人過ぎるお坊さん、だいぶ前風に言うと仏教界の聖子ちゃんでしょうか。

YouTubeに先生のシネマ法話、影武者を見つけました。予断を排するために、法話を聴く前に映画を観ました。


この映画は私が大学3年のときの作品で、観ようと思っていましたが、ロードショーも名画座も見逃して気になっていた作品です。
一番旬だったころの萩原健一さんや根津甚八さんや、きれいな桃井かおりさん、倍賞美津子さん、しゃきっとした大滝秀治さんが観られます。
黒澤映画らしく美しい映像と音楽です。

ストーリーがいまいちよくわからず、影武者を演じた主人公が、役に感情が入りすぎたために、自分を武田信玄と錯覚して失敗した映画なのかと思ってました。先生の講談師のような立て板に水のような話を聴いて、一気にストーリーが理解出来ました。最後のオチも、なかなか考えさせられて、良かったです。また、ネットで先生の法話を拾って勉強したいと思います。

長年気になっていた予告編の冒頭に流れるクラシックの曲名が、ネット検索して判明。42年の胸のつかえがおりましたスマイル。クラシックの名曲の一説を見事に自分の映画のシーンにジグゾーパズルのようにはめこむ黒澤監督の才能はすごいと思いました。
グリーグ: 「ペールギュント」組曲 ソルヴェイグの歌


■参考リンク
Wikipedia:影武者 (映画)
『影武者』(かげむしゃ)は、1980年に公開された日本の歴史映画である。監督は黒澤明、主演は仲代達矢。カラー、ビスタ、180分。ハリウッドの大手スタジオから世界配給された最初の日本映画で[4]、黒澤を敬愛するフランシス・フォード・コッポラ、ジョージ・ルーカスが外国版プロデューサーとして参加した[5]。
黒澤が『デルス・ウザーラ』(1975年)以来5年ぶりに撮った映画で、久しぶりの時代劇となった。彼の作品では唯一、実在の戦国武将にまつわるエピソードを取り上げたスペクタクル巨編で、戦国時代に武田信玄の影武者として生きる運命を背負わされた小泥棒の姿を描く[5]。
勝新太郎の降板劇など公開前から話題を呼び、当時の日本映画の歴代映画興行成績(配給収入)1位を記録し、1983年に蔵原惟繕監督の『南極物語』で抜かれるまで破られなかった[5][6]。第33回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞し[7]、第53回アカデミー賞で外国語映画賞と美術賞の2部門にノミネートされた[8]。

映像作品とクラシック音楽 第九回 黒澤明監督作品・中編〜『赤ひげ』と『影武者』:自主映画制作工房Stud!o Yunfat 改め ALIQOUI film 映評のページさん

法話って何ですか?:浄土真宗の法話案内
抜粋
もともと落語や講談は、浄土真宗の説教がその発祥起源です。いまでも、落語や講談には浄土真宗に限らず、仏教的な要素が散りばめられています。もちろん法話は落語ではありませんが、笑いあり涙あり、また元気をもらったり明るい気持になったりする話もあるのです。
それは説教師(布教使)の個性とも大いに関係があります。難しい仏さまの教えを、筋道を立てて話される人、おもしろおかしく話す人、涙を誘うような話をする人、・・・それぞれの人柄を感じることができるでしょう。男性も女性もいます。高齢で味のある話をされる方も、若くて元気なイケメンもいます。そんな「人」を感じる楽しみも得ることができるでしょう。


大阪府摂津市明教寺 葭田誓子先生:白雲山善功寺ほっこり法座






Last updated  2022.01.17 21:56:55
2022.01.12
バブルのころ、吉野ヶ里遺跡のニュースが大きく世間で騒がれていました。古代史に興味は無かったので、スルーしてましたが、今回プロジェクトXを観て、発見から保存に至るまでの関係者のご苦労を知り、驚きました。

特に、遺跡を壊して、工業団地にするため整地するよう会社から命令されていたのを独断で、工事を1週間延期した現場監督の決断はなかなかできないものだと思いました。そのあと会社に居づらくなったのではと思っていたら、この件の後、現場を離れられたそうで、大変だったなと思いました。この方が、一番のヒーローだったように思います。

こういう苦労が無いように、大規模な可能性のある遺跡が発見されたら、スムーズに調査し保存の可否を決定する法整備ができるとよいと思います。

この遺跡は、今は国の歴史公園になっているそうです。なかなか集客に苦労しているそうですが、こういった遺跡は他の地域では観たことが無いのでがんばってほしいものです。周辺に弥生時代のテーマパークとか、弥生式住居風のコテージとか作ったら、ちょっと行ってみたいですスマイル











■参考リンク
NHK プロジェクトX:王が眠る 神秘の遺跡~父と息子・執念の吉野ヶ里
平成元年2月、佐賀県の小さな丘から発見された弥生時代の遺跡が、日本中の注目を集めた。吉野ヶ里、九州での高い文化の存在を示す巨大遺跡である。わずか2か月で100万人もの観光客を集め、古代史ブームを巻き起こした。その陰には、地元に住むある親子のドラマがあった。番組では、数々の困難を乗り越え故郷の誇りを取り戻そうと、必死に大地と格闘した七田忠志・忠昭さん父子の30年に渡る情熱の物語を再現映像を織り込みながら紹介する。

Wikipedia:吉野ヶ里遺跡
吉野ヶ里遺跡(よしのがりいせき)は、佐賀県神埼郡吉野ヶ里町と神埼市にまたがる吉野ヶ里丘陵にある遺跡。国の特別史跡に指定されている。
およそ117ヘクタールにわたって残る弥生時代の大規模な環濠集落(環壕集落)跡で知られる。1986年(昭和61年)からの発掘調査によって発見された。現在は国営吉野ヶ里歴史公園として一部を国が管理する公園である。
本格的な発掘
考古学者の佐原真をはじめとして、県や市民団体による啓発活動が高まりを見せ、1989年(平成元年)2月23日、一部の報道機関によって大々的な報道が始まる。ちなみに、この前日の2月22日が「吉野ヶ里遺跡で大規模な環濠集落が発見された日」とされている。これにより連日全国から大勢の見学者が訪れるようになり、同年3月には県は遺跡と重複する地域の開発を中止する。
その後1990年(平成2年)5月に史跡、1991年(平成3年)4月に特別史跡に指定され、1992年(平成4年)には閣議によって国営歴史公園の整備が決定する。
報道がなされた当初は邪馬台国に関係する遺跡ではないかとも見方もあり、一部で九州王朝説も取り上げられた。現在は、九州北部にあった複数の「クニ」の1つに過ぎないのではないかという見方もされている。
なお、2006年(平成18年)4月6日に日本100名城(88番)に選定されている。

吉野ヶ里歴史公園

吉野ヶ里歴史公園の人気再燃 今夏にも累計1千万人に
2017/4/7 07:02産経新聞






Last updated  2022.01.16 01:43:40
2022.01.11
カテゴリ:グルメ Gourmet
1/4の仕事始めの日に、会社で出た新橋演舞場のお弁当。
細やかな心遣いがモチベーションアップにつながりますぺろり
赤いご飯の箱を広げたら裏の金紙が豪華に広がるサプライズでした。

<
冬季限定(1月・2月)演舞場幕の内 ~鯛めし花車~1,920円 (税込)






Last updated  2022.01.13 19:58:41
2022.01.10
カテゴリ:映画 Cinema
最近、曽根中生監督の作品をいくつか観る機会があり、その中の1本です。

光石研さんのデビュー作で、言われるまでわかりませんでした。博多を舞台にした作品で、1970年代の博多にタイムスリップした気分です。海援隊の武田鉄矢さんや、松田聖子さん、チェッカーズとか、福岡出身の歌手の方が、街を歩いていると出くわしそうな感覚になります。

松本ちえこさんがういういしくてかわいらしいです。年上の女性へのあこがれ等、思春期の中学生の心情が誇張することなく描かれているなかなかの作品です。

春川ますみさんや小池朝雄さんを観ていると古き良き日本人を連想します。自分が歳をとった実感がします。竜虎さんが懐かしかったです。













■参考リンク
Wikipedia:博多っ子純情
『博多っ子純情』(はかたっこじゅんじょう)は、長谷川法世の劇画作品、およびそれを原作として1978年に公開された映画(監督:曽根中生)、2019年と2020年にKBCラジオで放送されたラジオ番組。
概要
漫画
1976年から1983年まで、漫画アクション(双葉社)に連載された。単行本は双葉社からアクションコミックス全34巻が発行された。
2010年に中央公論社から愛蔵版全6巻が発行された。1996年には双葉社から双葉文庫名作シリーズ全10巻が発行された。2005年に西日本新聞社から新装本として再出版されたが、中学生編で刊行が停止した。現在はコミックパークの双葉社オンデマンドコミックスから全34巻が復刊されている。
福岡県福岡市博多区の古くからの町人街を舞台とし、主人公の郷六平とそのガールフレンド小柳類子の、中学生から大学生になるまでの青春群像を縦軸に、博多祇園山笠などに代表される人情味あふれる古き良き時代の博多の風物を横軸にした作品であり、「博多」を全国に広めた作品でもある。
セリフは博多で使用される方言の博多弁であり、全375話のサブタイトルは博多弁もしくは博多の名所、文化、文物などにちなんだものになっている。
第26回(昭和55年度)小学館漫画賞青年一般部門受賞。
2017年には名作「博多っ子純情」の原作者であり、現在、博多町家ふるさと館の館長を務める漫画家 長谷川法世さんの漫画家歴50周年を記念した企画展「法世さんの締め切りより命」展が博多町家ふるさと館で開催された[1]。
映画
1978年には松竹配給で映画化され、12月2日に公開された。「キネマ旬報」のベストテンに入る等の高評価を得る[16]。2013年6月にDVD化された。
キャスト
郷六平:光石研
小柳類子:松本ちえこ
阿佐道夫:小屋町英浩
黒木真澄:横山司
重富青葉:立花美英
穴見武:赤木良次
郷五郎:小池朝雄
郷スミ:春川ますみ
小柳加代:上月左知子
阿佐道造:桂歌丸
阿佐光恵:宮下順子
黒木信江:岡本麗
重富剛造:竜虎
重富志乃:小畠絹子
穴見武市:田崎潤
荒井しのぶ:伊佐山ひろ子
富田松男:本間進
長谷部町内役員:長谷川法世
山内町内役員:佐藤蛾次郎
博多屋:桂米丸
バーのママ・千草:園佳也子
ホステス:児島美ゆき、渡辺とく子
黒岩:野崎英則
老夫婦:陶隆司、春江ふかみ
銭湯の男:なぎら健壱
スタッフ
監督:曽根中生
脚本:石森史郎、長谷川法世
音楽:服部克久






Last updated  2022.01.12 01:02:43

全1943件 (1943件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.