2096791 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

秋に咲くヒマワリ・・なのかもね。

PR

Free Space

Calendar

Category

Recent Posts

Comments

Favorite Blog

RAM WIRE(ラ… New! あんずの日記さん

コレ、いいかも☆ natsu。さん
ハワイアン生活  … hayatoman20さん

Freepage List

2020.12.03
XML
カテゴリ:政治
米国大統領選に関する滝澤伯文氏の記事を東洋経済ONLINEで読んでから、ツイッターで毎日記事を読んでます。記事を読んでいろいろわからないことを調べるのが楽しいです。

12/3に戒厳令と米大統領選のやり直しについて触れていらっしゃいましたので、戒厳令についてネット検索しました。ビジネスインサイダーによれば、戒厳令を宣言しても選挙のやり直しはできないそうです。

来年1月20日の米大統領就任式を過ぎればトランプ氏もただのその辺にいるヘンなおじさんになってしまいます。果たしてそれまでに何が起きるのか?戒厳令をやるとしたら1/5のジョージアでの米上院選後になるのか?

■参考リンク
瀧澤伯文氏のツイッター
滝澤伯文@OsafumiT
12月3日
ここで中国?外国の選挙介入を理由に限定戒厳令で選挙をやり直す。荒唐無稽だがこの弁護士のツイートなら法的にはあり得るの?まあGAの補選で共和党が議席を一つでも獲得すればありえないな。でもブルーウエーブが確定すれば共和党から声が上がるかも。実現すれば国家は分裂へ

滝澤 伯文(たきざわ おさふみ)Osahumi TakizawaCBOT会員ストラテジスト 東洋経済ONLINE

リン・ウッド弁護士、「内戦に向かっている」戒厳令の発令促す2020年12月02日 20時45分 大紀元

トランプ氏元相談役が、戒厳令宣言を提案9月 13, 2020 19:44 Asia/Tokyo Pars Today

マイケル・フリンが戒厳令と米国政府のクーデターを求めるビデオをリツイート 2020-12-03 13:05.ICHI.PRO

Trump's former national security advisor shared a message asking the president to suspend the Constitution, impose martial law, and hold a new electionBusiness Insider Google翻訳
元国家安全保障補佐官のマイケル・フリンは、ドナルド・トランプ大統領に戒厳令を発動し、軍に新しい選挙を行わせるよう求めるメッセージを共有した。
メッセージは、トランプに「国民の真の意志を反映した全国的な再投票を軍に実施させるために、憲法を一時的に停止する限定戒厳令を宣言する」よう求める右翼活動家グループからの広告でした。
フリンはツイッターで広告に関するプレスリリースを共有し、トランプを支持する弁護士やメディアの人物にタグを付け、「神以外の自由は決してひざまずかない」と書いた。
大統領は戒厳令を宣言したとしても、一方的に選挙の日付をキャンセル、延期、延期、または変更する権限を持たず、戒厳令を宣言しても憲法が停止されることはありません。
軍は選挙を管理する役割も持たず、選挙権が憲法や連邦法で指定されていないため、選挙権を行使したとしても「国民の再投票を実施する」ことはできなかった。

米大統領職と緊急事態権限 浅川 公紀

Wikipedia:アメリカ合衆国の戒厳令 Google翻訳
米国の戒厳令は、地域、州、都市、または米国全体で軍事機関の管理下に置かれた米国の歴史の時代を指します。国家レベルでは、米国大統領と米国議会の両方が民兵を担当することができるため、戒厳令を課す権限を持っています。[1]各州において、州知事は州の境界内に戒厳令を課す権利を有します。[2]米国では、戒厳令は、ニューオーリンズの戦い中のニューオーリンズなど、限られた数の状況で使用されてきました。次のような大災害の後1871年のシカゴ大火、1906年のサンフランシスコ地震、または1919年のオマハ人種暴動や1920年のレキシントン暴動などの暴動中。地元の指導者は、次のような暴徒の暴力から身を守るために戒厳令を宣言したノーブー、イリノイ中、イリノイモルモン戦争、またはユタ中のユタ戦争。またはなど、抗議や暴動に関連した混乱に応じて、1934西海岸のウォーターフロントのストライキの後にハワイで、真珠湾日本の攻撃、そして中に公民権運動に応答して、1963年のケンブリッジ暴動。
米国の戒厳令の概念は、ヘイビアスコーパスの権利と密接に関連しています。これは、本質的に、合法的な投獄に関する公聴会と裁判、またはより広義には司法による法執行の監督の権利です。ヘイビアスコーパスを一時停止する能力は、戒厳令の賦課に関連しています。[3]米国憲法の第1条第9項は、「ヘイビアスコーパスの令状の特権は、反乱または侵略の場合に公安が要求する場合を除いて、停止されないものとする」と述べています。ウィスキー反乱中など、米国の国境内で軍隊が使用された例は数多くあります。南部では公民権運動中ですが、これらの行為は戒厳令の宣言と同じではありません。戒厳令と軍法の区別を明確にする必要があります。軍隊の配備は、米国最高裁判所が指摘したように、戒厳令の鍵の1つである民事裁判所が機能できないことを必ずしも意味するわけではありません。
では米国法、戒厳令が間受け継がれたいくつかの裁判所の決定によって制限されているアメリカ南北戦争や第二次世界大戦。1878年、議会は民警団法を可決しました。これは、議会の承認なしに国内の法執行機関に米軍が関与することを禁じています。
その歴史を通して、米国は、南北戦争中を除いて、戒厳令の賦課のいくつかの例を経験しました。
2007会計年度のジョンワーナー国防認可法
2007年度のジョンウォーナー国防認可法としても知られるHR5122は、2006年9月29日に米国議会で可決され、2006年10月17日にジョージWブッシュ大統領によって署名され、公法109となった法案でした。 -364。軍隊に資金を割り当てることに加えて、それはまた、戒厳令を宣言し、州知事の同意なしに各州の州兵部隊を指揮する権限を大統領に与えた。[22]しかし、2007年4月2日、米国上院は1807年の反乱法の最近の変更について公聴会を開いた。、(国防授権法第1072条)バーモント州のパトリック・リーヒ上院議員が、2006年の暴動法の改正を覆そうとしました。これにより、米国大統領は、国内の混乱、テロ、暴動などに軍隊を使用するための膨大な新しい権限を与えられました。名称を「暴動法」から「治安回復法の施行」に変更した。上院の公聴会で、クリス・ボンド上院議員は次のように証言しました。「議長、昨年の国防総省法に含まれていた措置は、思いがけず、不必要で、馬鹿げていると思います。SASCのメンバーの一部でさえ誰がそれについて知らなかったはずです。しかし、これは影響力のある委員会であり、それが古い法律をどのように変えたかを知っています。そして今では、50人の州知事、副将軍、および地方の法執行機関すべてがそれに反対していることがわかりました。それがどこから来たのか誰も知りません。大統領が法を発動し、自然災害、流行、テロ攻撃の結果として公の秩序が崩壊する戒厳令を宣言することを許可することは非常に曖昧であり、知事の役割を奪う可能性のある幅広い権限を大統領に与える」と強い反対に基づいて議会、個々の州知事、法執行機関のコミュニティ、およびこれらの変更を誰が導入したかについての明確さの欠如により、「公の秩序を回復するための法律の施行」法は2008年1月28日に廃止されました(パットリーヒー上院議員のSに基づく) 。
執行指令51
主な記事:国家安全保障と国土安全保障大統領指令
国家安全保障および国土安全保障大統領指令としても知られる行政指令51は、2007年5月にジョージW.ブッシュ大統領によって法に署名されました。9月11日の攻撃を受けて作成された指令により、大統領は任命することができます。国立継続コーディネーター維持するために、政府の存続を壊滅的な緊急時に。2020年の時点で、この指令はまだ発動されていません。

2020.12.11.リンク切れにより差替え。






Last updated  2020.12.11 05:39:43



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.