3129756 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

秋に咲くヒマワリ・・なのかもね。

PR

Free Space

Calendar

Category

Recent Posts

Comments

Favorite Blog

里芋の葉がとても可… あんずの日記さん

コレ、いいかも☆ natsu。さん
ハワイアン生活  … hayatoman20さん

Freepage List

2022.05.21
XML
カテゴリ:旅行 Travel
ちょっと前になりますが今年の4月1日(金)に、星空観察のため、仕事を終えて竹芝桟橋から夜22:00のさるびあ丸で神津島に行ってきました。

残念ながら、夜中は甲板に出られず、また翌日も夜は曇りで、両日とも星は観られませんでした。

とりあえずご参考に気づいたことをメモしておきます。

はじめてさるびあ丸で神津島に海水浴に行ったのはまだ昭和の1987年。その後1992年に2代目さるびあ丸が就航して、2020年に今の3代目が就航したそうです。

1987年当時の夏休みの竹芝桟橋は若者でごった返し独特の熱気に包まれていましたが、時期的なせいもあるのか、今回は若者というより家族連れや年配の方がぱらぱら程度でした。


船室は2等の和室を選びました。昔のイメージだと、大広間に雑魚寝だったように思いますが、今回はTV付きの10人部屋でした。カーペットが敷いてあって、自分の陣地が色で明示されています。幅60cm×長さ150cmくらいでしょうか。荷物は頭上ロッカーに収納します。当日は幸いなことに3人しかおらず、私を除く2人はどこかに行ってしまい、貸し切り状態でした(ひょっとして私のいびきがうるさかったか?)。2等船内はWifiが入らず、NY市場を気にせず寝られました。毛布は1枚100円で借りられます。

大島には翌日6:00頃到着します。その後、利島、新島、式根島と立ち寄り、神津島には10:00到着です。

大島で見た朝焼けがきれいですがすがしかったです。

船内の食堂で食べたあしたばカレー。あしたばは溶けていて自分には他のカレーと味の区別がつきませんでした。


神津島内には信号と、食堂は1つずつしかなく、コンビニはありません。山登りや釣りで訪れる方がメインのようです。
観光スポットもほとんどなく、温泉に入りに行こうとしたら、島民を新型肺炎から守るためか、島内に入って10日以内の人は利用禁止となっていて、実質観光客は締め出しだったのにびっくりびっくり。足湯だけで我慢してきました。せっかく星空ツアーで集客してくれる東海汽船と地元との観光客に対する温度差を感じました。
曇天で中止になった星空ツアーも役場主催で、夜20:00に中心部から電灯の無い道を15分歩いた広場に現地集合現地解散で安全性に疑問がありました。
当日の開催の可否は電話で連絡が来ることになっていましたが予定の時間を30過ぎても来ず、どうなったかと思っていたら、防災無線で中止のアナウンスがきたのにはまたびっくりびっくり


唯一の食堂のキンメダイの定食がたしか、1000円以下だったと思いますが、大きくておいしかったです。


帰りは小型飛行機で調布まで帰ろうとしていましたが、当日朝、ちょっと雨が降り出しただけで「天候調査中」となり、フライトキャンセルの可能性が出てきたため、翌日東京にいないといけなかったので、残念ながらまたさるびあ丸で帰ってきました。ツアーだとこういう場合、飛行機のお金は帰ってこないので、宿泊・交通はバラで買ったほうが良いと思いました。

多少の天候不順にはびくともしないさるびあ丸が頼もしかったです

さるびあ丸のカップ麺の自販機。値段もリーズナブルでおいしいです。


東海汽船のさるびあ丸(7060円)での旅行は久々で楽しかったです。波が無かったせいかモーターの振動だけで全然ゆれなかったです。また是非乗ってみたいです。いつか特等室(19750円)を利用してみたいです。

星空だけを目当てに旅行すると、天気が悪く観察できないときが残念なので、ほかの趣味(登山やバードウォッチング)をみつけてみたいと思います。釣りだけは餌をつけるのが苦手なのでしません。

伊豆七島にまた行くとしたら大島とか、もうちょっとメジャーなところにしたいと思います。






Last updated  2022.05.22 16:45:40



© Rakuten Group, Inc.