000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

秋に咲くヒマワリ・・なのかもね。

PR

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >

季節

2021.10.23
XML
カテゴリ:季節
最近忙しさで上を向いて歩くことも少なくなっていましたが、文化の日もあと10日になりちょっと一息つけそうになった秋晴れの土曜日、黄葉を撮影しました。

葉っぱは思ったより少ないですが、道に落ちているわけでもありません。それでも青空に映えてきれいです。


本場所中に太鼓をたたく、やぐらみたいなのですが、どうやって上るんでしょうか。


以前カメを撮影した安田庭園です。


一度も入ったことの無い刀剣博物館、北斎美術館もですが、近所でも一度も入ったことのない施設が結構あります。


あんこあられっておいしいのか。


相撲協会の診療所って一度行ってみたいです。






Last updated  2021.10.24 00:08:33


2021.05.17
カテゴリ:季節
一週間の天気予報が曇りと傘で埋め尽くされ、梅雨入りもまじかに迫りました。

在宅勤務を終え、スーパーの帰り道、空を見上げると大きな虹がはっきりかかっていたので、動画と写真に収めました。

2,3分して家に着き、屋上にあがって一眼レフで撮ろうとしたら、雲に消えてもう見えなくなっていました、残念しょんぼり



東の空にかかる虹


西の空はこんな感じです


■参考リンク
5/17ウエザーニュース夕暮れの東京にダブルレインボー 大きな虹のアーチが出現
2021/05/17 18:46 ウェザーニュース
今日17日(月)はすっきりしない天気が続いた東京など関東で、日没間近の空に大きな虹のアーチがかかりました。
ダブルレインボーも見られる
梅雨前線に向かって流れ込む暖かく湿った空気の影響で、今日の関東は一日を通して雲に覆われ、時々雨が降りました。
夕方に雨雲が通過した後、西の空の雲の切れ間から沈む直前の太陽が顔をのぞかせ、虹を創り出しています。ダブルレインボーとなった所もあります。
夕虹は晴れの前兆と言われることがありますが、明日も梅雨前線が本州の南の海上に停滞するため、すんなり天気が回復とは行きません。雲の多い天気が続き、今日と同様に雨が降りやすくなる見込みです。






Last updated  2021.05.17 21:59:19
2021.03.05
カテゴリ:季節
在宅勤務の仕事を終えて自転車でタマヤに向かおうとしたらあいにくの雨が降っています。やむなく傘をさして出かけましたが、これまでの冷たい雨とちがって、暖かな雨です。
きごさい歳時記さんによれば、「旧暦の正月から二月の初めに降るのを春の雨。それ以降は春雨」だそうです。

てっきり小説の一説かと思っていたら、ルーツは新国劇だそうです。

これまで知らなかった村下孝蔵さんの春雨もしっとりしていい曲でした。




■参考リンク
春雨じゃ濡れて行こう:コトバンク
行友李風(ゆきともりふう)作の新国劇「月形半平太(つきがたはんぺいた)」で、主人公が傘を差し掛ける舞妓に言う有名なせりふ。一般にも、小雨の中を傘なしで歩く時に気どった言葉として使うなどする。

春雨(はるさめ) 三春:きごさい歳時記さん

「春雨じゃ濡れて参ろう」考:h.Tsuchiyaさん






Last updated  2021.03.06 16:49:03
2020.12.14
カテゴリ:季節
いつもの年は黄葉しか気づかなかった浜町公園ですが、年も押し詰まった12/19、プールに行ったとき、モミジの紅葉がきれいだったので撮影しました。都心は黄葉も紅葉も遅れがちです。

今年は年初からの新型肺炎による社会不安のせいか、クリスマス気分にもお正月気分にもなかなかなれません。年が明ければ劇的に好転するわけでもないでしょうから、来年も引き続き耐える年になりそうですが、少しでも心地よく過ごせればと思います。







■参考リンク
モミジ(紅葉)とカエデ(楓) - 森林・林業学習館






Last updated  2020.12.27 00:03:31
2020.11.29
カテゴリ:季節
12月7日撮影。

例年のごとく都心の黄葉は遅く今頃、見ごろを迎えています。
青空に映える金色の壁がきれいだったのでパチリ。
今年はラニーニャで結構寒い日が多い気がしますが、10度以上の暖かい日はうれしいです。


去年久々にJR御茶ノ水駅を利用し時、エスカレーターは出来るは、聖橋口は移るはでびっくり。ただ、便利になって良かったです。こういう目に見える変貌や改良はありがたいです。
これに対して、渋谷駅の東横線の移設は地下街が更に迷路になったみたいでよくわかりません。先日久々に渋谷に行きましたが、お上りさん状態でした。ああいう地下街で火災が起きて、停電で真っ暗になったら結構パニックになりそうです。






Last updated  2020.12.08 03:58:27
2020.11.13
カテゴリ:季節


先日、今年初めてスーパーでゆずを見かけたので買ってみました。いつも冬至の頃はたくさん並べられていますが、今はまだ売り場の片隅です。

実の大きさもまだ小ぶりで、机に置いておいても部屋に香りが広がるほどではありませんが、、手に取るといい香りが立ち込めます。

置きっぱなしでも何か月も持つらしくコストパフォーマンスもグッドです。旬になったらもう一つ買いたいですスマイル

■参考リンク
キナリノ今が旬!食べても暮らしに取り入れても◎な柚子の活用法大特集♪
その香りを感じると冬を感じる食材、柚子。 食材としてはもちろん、多種多様な利用方法があるのも特徴です。 そんな冬の味覚柚子の様々な利用方法を集めてみましたのでご紹介します。2016年12月28日更新
2.消臭・芳香剤として柚子を使う
柚子をそのまま玄関やトイレに置いておくだけで消臭剤や芳香剤の代わりとして活用できます。
柚子は腐りにくいので、そのまま置いておくだけでも数ヶ月は腐らないそうです。







Last updated  2020.11.18 03:21:41
2020.09.27
カテゴリ:季節
大相撲九月場所が千秋楽を迎えた9月27日、朝のお寺のお勤めを終えてマクドナルド経由でプールに向かおうとしたら、両国国技館前のイチョウの葉の黄色が先週より濃くなっていました。この前まで猛暑だと思っていたのが、いつの間にか秋到来です。両国の黄葉はいつも他より早いです。


いつの間にかあったひまわり畑も元気に咲いてます。




instagram:Mohammad Reza Ahmadiさん

去年8月にカルガモの赤ちゃんが死んでからしばらくお休みしていたインスタグラムを更新。
なぜかアラビア語と思われるイスラム系のフォロワーが多い(といっても40人くらい)のですが、閲覧していたらきれいな黄葉の動画があったのでご紹介します。
以前ご紹介したレジェンドオブザフォールの動画と似ているような気もするので、トルコあたりの景色でしょうか。






Last updated  2020.09.27 15:46:02
2020.09.14
カテゴリ:季節
夜は虫たちが鳴き、ようやく秋の気配を感じるようになりました。

ところでなぜ虫たちは春や夏でなく秋に鳴くのか、60歳にして知らないことに今更ながら気づきました。小学校で習ったかもしれないけど忘れてしまいましたしょんぼり

早速Googleで調べ、一発で解決。

答えは参考リンクにありますが、虫たちの事情もいろいろです。人間もそれくらいやらないと実を結ばないのかも大笑い

■参考リンク
なぜ虫は秋に鳴くの?:永和進学ゼミ 個別指導ソフィア|学習塾ブログ



2020.10.1虫の声(文部省唱歌)を追加。






Last updated  2020.10.01 03:03:09
2019.11.01
カテゴリ:季節
度重なる台風の暴風雨で葉っぱも落ちたのではと思っていましたが、てっきりどっこい、無事に黄葉が始まりました。

中央区浜町公園のはこの1本だけです。


まだ11月になったばかりなのにJR両国駅は結構全体的に黄色くなってます。






Last updated  2019.11.03 00:36:44
2018.11.26
カテゴリ:季節
なんか最近いちょうの写真ばかりですが、神宮外苑に行ってきました。
一眼レフの写真です。
カメラの取扱説明書を見て、やっと月を撮るときの設定を解除できました。
三脚にカメラがうまく載らないと思ってたらクイックシューがないためとわかりアマゾンで買いました。
キンドルアンリミテッドで一眼レフと月、星の撮影の本を閲覧中です。よくわからないことが多いですが、楽しいです。

2018神宮外苑 いちょう祭り


東京メトロ外苑前の駅前に可愛いお地蔵様があるとネットで調べて行ってきました。神宮外苑から10分くらいです。梅窓院という浄土宗のお寺です。門を入れば、竹林の道が続き、繁華街にあるとは思えないような雰囲気です。
スマホ撮影です。
rblog-20181126202146-01.jpgrblog-20181126202146-04.jpg
rblog-20181126202146-06.jpgrblog-20181126202146-03.jpg


一眼レフ撮影です。
お地蔵様は高さ20cmくらいで、なぜかカップルで3組あります。
私はこのすぐ下の右側のほうのお地蔵様の表情が一番和みます。

長青山 梅窓院|東京南青山


夜、夢の島で撮った雲間に見えた月の写真です。夕方から曇って残念でした。
望遠レンズで一眼レフですが普通の設定です。


■参考リンク
【仏像の種類:地蔵菩薩とは】裏表が激しいお地蔵さまは現世をまもるナウい仏像だった!

Wikipedia:地蔵菩薩
地蔵菩薩(じぞうぼさつ)は、仏教の信仰対象である菩薩の一尊。
サンスクリット語ではクシティガルバ(क्षितिघर्भ [Kṣitigarbha])と言う[1]。クシティは「大地」、ガルバは「胎内」「子宮」の意味で、意訳して「地蔵」としている。また持地、妙憧、無辺心とも訳される。三昧耶形は如意宝珠と幢幡(竿の先に吹き流しを付けた荘厳具)、錫杖。種字は ह (カ、ha)。
大地が全ての命を育む力を蔵するように、苦悩の人々を、その無限の大慈悲の心で包み込み、救う所から名付けられたとされる。
日本における民間信仰では道祖神としての性格を持つと共に、「子供の守り神」として信じられており[2]、よく子供が喜ぶ菓子が供えられている。
一般的に、親しみを込めて「お地蔵さん」、「お地蔵様」と呼ばれる。
概要
地蔵菩薩は忉利天に在って釈迦仏の付属を受け、釈迦の入滅後、5億7600万年後か56億7000万年後に弥勒菩薩が出現するまでの間、現世に仏が不在となってしまう為、その間、六道すべての世界(地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人道・天道)に現れて衆生を救う菩薩であるとされる (六道能化〈ろくどうのうげ〉[3])。虚空蔵菩薩と地蔵菩薩が一対で安置される例は京都・広隆寺(講堂)などにあるが、一般的ではない。






Last updated  2018.11.26 21:15:36

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.