2790168 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

秋に咲くヒマワリ・・なのかもね。

PR

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

月と星空

2021.09.22
XML
テーマ:空にお月様(491)
カテゴリ:月と星空
久々に十五夜を一眼レフで撮りました。雲間から時折姿を現す月もいいものです。

本当はクレーターの映る黄色い満月を撮りたかったのですが、すっかりやり方を忘れてしまい断念、やっぱり永遠の初心者です。

来年の今頃は近所にもっとマンションが建ってぐるりと取り囲まれ、屋上から観る空ももっと狭くなるでしょうが、それでも夜空を流れる雲や月、星を眺められるのは最高の贅沢ですスマイル







Last updated  2021.09.22 00:00:07


2021.07.31
テーマ:星空観察(19)
カテゴリ:月と星空
Google Pixel4aに「天体タイムラプス」というのが出来たそうで、3分間撮影して1秒物に圧縮した動画と、静止画ができるということで、Jetstream BLOGさんのサイトを参考にやってみました。


いろいろばしゃなしゃやっていたら、流れ星のようなものが映りこんでました。マンションに囲まれた東京の下町で流れ星を撮影出来るとは。ソニーのイメージセンサーと岩間和夫さんに感謝です。


ゆったり流れる雲も圧縮すると流れが速いです。


天の川方面に向けたカメラの静止画からは星がちらほらありますが、立ち上る天の川のイメージからはほど遠いです。


Googleフォトの色調整をいじっていたらちょっと天の川っぽくなってきましたスマイル


ベガです。

■参考リンク
Pixel「天体タイムラプス」夜空を撮影してみた:Jetstream BLOGさん






Last updated  2021.08.01 14:26:32
2021.07.23
テーマ:星空観察(19)
カテゴリ:月と星空
空も晴れて、久々に星空撮影でもするかと思い立って、バスに乗って夢の島公園に行ってきました。しかし、なんと、東京五輪のアーチェリー会場になっているため、警察官が配備され、関係者以外立ち入り禁止になっており、入れませんでした。
しかたなく風景写真を撮って帰ってきました。これから1カ月は、こんな感じで施設に入れなかったり、道路が渋滞したりとかありそうですしょんぼり


家に帰って夜十二時ころ天の川の撮影に挑戦。22日は月とセットになって移動しているため、狙いはつけやすかったですが、満月に近い明るさや、都会の明るさで、pixel4aをもってしても映りませんでした、残念!!次回は月の出ないときに挑戦します。


■参考リンク
夢の島公園アーチェリー場:東京都オリンピック・パラリンピック事務局






Last updated  2021.07.23 08:51:51
2021.07.07
テーマ:宇宙(844)
カテゴリ:月と星空
3年後の2024年に、気球に乗って宇宙の入り口まで旅行できるようになるそうです。
料金は1400万円とちょっとお高いですが、ロケットを飛ばすわけでも無いので、旅行者数が増えればもう少し安くなるのではと期待します。1/10くらいになればトライしたいです。
特別な体力や訓練無しに気軽に宇宙近くまで行けたら素晴らしいですスマイル

■参考リンク



Space Perspective

気球で宇宙の入り口まで旅行、料金は1400万円 乗客募集2021.06.24 Thu posted at 12:18 JST CNN
(CNN) ウイルスの空気感染を避けたいならば、真空に近い環境へと旅することは悪くないアイデアかもしれない。
米フロリダ州に本拠を置き、有人宇宙飛行を取り扱うスペース・パースペクティブ社は、最新鋭の技術を取り入れた気球で、宇宙の入り口にまで搭乗客を運ぶ計画を立てている。巨大な気球につるされ、気圧が保たれたカプセルには、操縦士と最大で8人の搭乗客が乗り込む。
同社は現在、2024年前半に飛行予定の「宇宙船ネプチューン」の搭乗予約を募っており、料金は1人12万5000ドル(約1400万円)となっている。
初のテスト飛行は6月18日にフロリダ州タイタスビルにあるスペースコーストで実施され、スペースポート(宇宙港)から飛び立った気球が6時間39分の飛行を終えた。気球は無人だったものの、搭載されたカメラが朝日が昇る地球を捉えた圧巻の風景を捉えた。
以下略

ビジネス 2021/06/24 12:30Forbes成層圏気球で「ほぼ宇宙」に向かうツアー、1400万円で販売開始Valerie Stimac , CONTRIBUTOR 
宇宙ツーリズム分野では、ブルー・オリジンやヴァージン・ギャラクティック、スペースXらがしのぎを削り、ジェフ・ベゾスは間もなく初飛行に挑戦する予定だ。しかし、これらの企業よりもずっと低いコストで、宇宙への旅を実現しようとする企業がある。
その一つが、フロリダ州に本拠を置く「スペース・パースペクティブ(Space Perspective)」だ。同社は6月23日、高高度気球によって浮上する宇宙船ネプチューンワンで、地球の大気圏縁に向かうツアーの予約受付を開始すると発表した。同社の宇宙船が向かう上空30kmの領域は、厳密には宇宙ではないが、周囲は暗く地球が丸いことが実感できる「ほぼ宇宙」に相当するエリアだ。
気になる価格は、一人あたり12万5000ドル(約1390万円)とされている。
これでも一般人には高すぎる価格かもしれないが、ヴァージン・ギャラクティックが販売済みの宇宙旅行が20万〜25万ドルであるのに比べれば、かなり安い。また、ブルーオリジンが7月20日に予定する宇宙ツアーのチケットは、オークションで2800万ドルで落札された。
スペース・パースペクティブは、今回の予約開始のアナウンスと同時に、6月18日に初飛行に成功したことを発表した。6時間39分のテスト飛行の間、ネプチューンワンに搭載されたカメラは素晴らしい日の出の映像を撮影した。
以下略
編集=上田裕資






Last updated  2021.07.10 02:14:48
2021.05.23
カテゴリ:月と星空
Googleの集めてきたニュースを見ていたら、篠原ともえさんお勧めの天体観測グッズとあって、あれ、同姓同名の人かと思ったら本人でびっくり。

YouTubeを観ると、現在は仕事の領域をデザイナーや、星空観察とか大きく広げているとのこと。多才な人をうらやんでいてもしょうがないので、自分も好きなことをお金に変える工夫をしてみたいと思います。星空に興味を持ったのは子供の頃、青ヶ島で満天の星を見てからだそうです。

東京FMの放送をラジコーで聴いたら、すっかり落ち着いた声で、楽しくゲストと、星空談義していて、こちらも楽しくなりました。

5月26日のスーパームーン皆既月食についても紹介されていました。最近曇りや雨が多いですが、観られるといいです。

■参考リンク
5/20 25ans:【5月26日スーパームーン&皆既月食】篠原ともえさんが天体ショーを特別ナビ!
2021年5月26日は、今年1年で最大の満月が皆既月食に。日本全国で観測ができるこの現象は、約3年ぶりとのこと! 今回は、学生時代天文部に所属するなど、 天体に造詣の深い篠原ともえさんにインタビューを行い、皆既月食や満月の魅力、天体観測のやり方、星空の楽しみ方について教えていただきました。
ここでは、毎週ゲストをお迎えし星や宇宙にまつわるトークや、週の星空情報をお届けするラジオ番組「東京プラネタリー☆カフェ」(TOKYO FM)のパーソナリティーを務める篠原ともえさんに、今年の皆既月食の見どころや星の魅力についてASK!
以下略。

篠原ともえさんご愛用品も!満月&皆既月食におすすめの天体観測グッズ18選天体観測が楽しくなるおすすめの望遠鏡や双眼鏡、カメラなどをご紹介!By 25ans 2021/05/20

篠原ともえ40歳に シノラーブームからの変貌ぶり「強烈キャラは演技だったのか」近藤 正高2019/03/29文春オンライン

26日(水) スーパームーンで皆既月食 前線南下し観測チャンス福冨 里香日本気象協会 本社福冨里香2021年05月22日11:22tenki.jp

今年最大の天体ショー!5月26日の皆既月食は「レッド・スーパームーン」村上ジャンヌ2021年05月19日tenki.jp


東京プラネタリーカフェ:篠原ともえ YOKYOFM










Last updated  2021.05.23 08:56:20
2021.01.13
カテゴリ:月と星空
去年ご紹介した同種の製品が40万円近かったですが、この製品は16万円くらいです。Googleピクセル4aが4万円ですから、望遠鏡がついて自動でセットしてくれてアンドロメダ星雲とか写ればお高くは無いように思います。
10万円割ったら買いか?



■参考リンク
星や銀河を全自動で観測/撮影できるスマート天体望遠鏡カメラ「Vespera」 #CES2021ニュース 2021/01/13 11:30 fabcross
惑星をはじめ、銀河や星雲なども完全自動で観測/撮影できる天体望遠鏡カメラ「Vespera」が、2021年1月11日からオンライン開催されている国際見本市「CES2021」のイノベーションアワードで最優秀賞を受賞した。
Vesperaは、望遠鏡とカメラが一体となった全自動望遠鏡システムだ。使い方は簡単で、三脚を立て、ボタンを押すだけで、較正はGPSを使って自動で行われる。専用のスマホアプリを使って観測したい対象を選べば、後は地球の回転に合わせて自動でそれを追跡してくれる。
オートフォーカスシステムが搭載されており、観測/撮影したいものに焦点を合わせるのも自動だ。また、何を観測/撮影したらよいかを位置情報や天文暦に応じて教えてくれるレコメンド機能がアプリに備わっており、天体観測初心者にも利用しやすい。
Vesperaの口径は50mm、焦点距離は200mm、解像度は1920×1080pxだ。センサーには、微小光に対しても高感度な「Sony IMX462 Starvis」を採用した。サイズは40×20×9cm、重さは5kgで、バックパックに入れて持ち運べるほど小さい。
充電池の持続時間は4時間となる。耐水性が備わっている一方で、雨が降ると自動で電源が切れるシステムも搭載されている。
2020年10月にKickstarterで出資を募り、現在はプロジェクトは終了済み。開発元Vaonisのウェブショップにおいて、1499ドルで予約購入を受け付けている。

9/16Impress Watch:ソニーセンサーで星を増感して観測する「eVscope」。都市でも天体観測

vaonis






Last updated  2021.01.14 02:17:21
2020.10.18
カテゴリ:月と星空
雨続きの天気が終わり、予想外に晴れた10/18の深夜(10/19 3:00過ぎ)、初めて本格的にピクセル4aを使って東京都墨田区の自宅屋上で星空を三脚を使い撮影。

都会にしては澄んだ空でいろいろな星の見える夜でした。ピクセル4aの夜景モードにすると自動的に3分くらいのタイマーになって撮影してくれます。

夏の間は屋上に蚊が出て上がれませんでしたが、これから天気の良い夜は挑戦したいと思いますスマイル


西の空に1個だけ輝く星で、後から星座アプリで見たら火星か。


南側マンションの上に見えた星空。
星座アプリから見ると、斜め三連はオリオン座のアルニラム・ハチサ・サイフで、その下二つはうさぎ座のアルネブ、ニハルか。


その他肉眼では見えない星も多数拾ってくれて、機械音痴の自分には便利なカメラです。買ってよかったと思います。






Last updated  2020.10.19 05:00:16
2020.10.02
テーマ:空にお月様(491)
カテゴリ:月と星空
ようやく雨続きの天気が終わったので、せっかく買ったPixel4aを活用していきたいと思います。夜景を除けば両方ともそれほど普通のカメラと変わらない気がします。

10/2に三脚なしで夜景モードで撮った写真です。


10/1に三脚で撮った写真です。


銅像さんもちょっと息苦しそうです。






Last updated  2020.10.04 04:16:20
2020.09.15
カテゴリ:月と星空
仏Unistellar社からeVscopeという画期的な天体望遠鏡が発売になりました。

天体知識が無くても、東京のように光害で星の見えない都市でも、スマホと連携して、天体写真集のようなたくさんの星が見えるそうです。

まだ35万円台と高いですが、量産化すればもう少し安くなるのかもスマイル。10万円を切ったら検討したくなります。

せっかくこうした画期的な商品が出ても何か月かして中国から安い商品が出回るから、米国も怒っているのでしょう。

天体望遠鏡がスマホに近づいて付加価値を出したのと同じように一眼レフでも実現してほしいです。

■参考リンク


Impress Watch:ソニーセンサーで星を増感して観測する「eVscope」。都市でも天体観測 清宮信志2020年9月16日 16:03
+Styleは、スマートフォンと連携し、星座知識が無くてもすぐに天体観測ができるUnistellar製の天体望遠鏡「eVscope」を11月上旬に発売する。価格は37万9,800円。9月30日までは、35万6,600円で販売する発売記念キャンペーンも行なう。
ソニーの高感度センサー「IMX224」を内蔵。星の発する光を短時間で蓄積することで、通常の光学レンズのみの望遠鏡では得られない、よりはっきりとした映像を見ることができる「エンハンストビジョンテクノロジー」を搭載。星の映像を増感した状態で観測できるため、従来の大型望遠鏡の接眼レンズ越しでは観ることが難しい銀河や星雲などを肉眼で観測できる。また、「光害」の影響が大きい都市部でも星の観測が可能。
また、特許技術のADF(自動フィールド検出機能)も搭載。望遠鏡視野内の天体を自動的に検出し、2,000万個の星座標データと比較することで、その方向を自動で特定できる。eVscopeには、磁器加速度計や電動マウントも備え、ユーザーがスマートフォンアプリアプリから観たい天体を選べば自動的に焦点を合わせてくれる。
一般的な望遠鏡で天体観測を始めるには、北極星の位置を手動で合わせるなど一定の知識が必要だが、eVscopeでは知識が無くても10分程度で天体観測を始められるという。
スマートフォンアプリ「Unistellar」では、Wi-Fi接続によりeVscopeを操作できるほか、RAW撮影によるデータを転送可能。ライブ/ダイレクトビューによるリアルタイムの映像も確認できる。「エキスパートモード」では、アプリのジョイスティックを使って方向を変更できるほか、露出なども変更できる。
また、地球外生命体の発見を目的とした非営利組織「SETI」とのパートナーシップにより、天体観測キャンペーンにも参加可能。世界中のアマチュア天文家とともに太陽系外惑星のトランジットや超新星などの天文学イベントの最新情報をアプリで確認できるほか、eVscopeとの連携による観測ができる。2019年夏には、約160光年先と280年先の木星級の太陽系外惑星のトランジットを観測したほか、Orus(小惑星)の掩蔽(えんぺい)の観測に成功し、NASAのLucy計画に貢献したという。
光学倍率は50倍。口径は4.5インチで、焦点距離は450mm。極限等級は1分間最大16等星(好条件で数分間撮影した場合は最大18等星)。分解能は2アーク秒。ディスプレイはOLED。
バッテリを内蔵し、駆動時間は最大10時間。電源供給はUSB Type-C。本体サイズは65×23cm(高さ×幅、三脚含まず)。重量は9kg(三脚含む)。

【数量限定発売】残り189台 - Unistellar eVscope が日本上陸

月のクレーターに土星の環、見える望遠鏡をゲットしよう!2020/05/27 08:00著者:東明六郎 マイナビニュース
抜粋
土星の環を見たい
【松】全自動セッティング機能つきの望遠鏡:30万~コース
望遠鏡で土星の環を見ようとすると、倍率は最低でも30倍は必要です。30倍の望遠鏡はちょっと手元が狂うと、あさっての方向を向くのでコントロールが難しいです。また、土星は明るいものの、フツーの星と見分けがつきにくいので、どれが土星やらですな。
そういうのをぜーんぶ、機械にまかせた製品があります。組み立ててぽんとおき、しばらく待つとセッティングが終了。あとはおもむろに「土星」とボタンを押せば、土星がみられるというものですな。
1つはフランスのスタートアップ企業が作っているeVscope。持ち運びが楽なコンパクトなもので、電子アイピースを使って画像を増幅して見る新世代の望遠鏡ですな。いまは、日本での直販は一休み中ですね。
もう1つは、ミードという米国の会社がつくっているLSという望遠鏡です。これも40万円くらいするのですが、ボタンぽんで土星が見られます。ただ、重いのでございます。20kgくらいします。アメリカ人規格ですな。
なお「自動導入」という望遠鏡はほかにももっと安い(5万円くらい)のものもあるのですが、自動といっても、最初にセッティングをしなくてはいけません。これが「望遠鏡をXXという星にむけて」というもので、XXという星がなんだかわからなければ、セッティングができないんですな。だったら最初から土星にむけますってという感じでございます。






Last updated  2020.09.18 01:36:28
2020.08.21
テーマ:星空観察(19)
カテゴリ:月と星空
星空指数が90%の夕方、順調にテレワークも終わり、錦糸町から電車で東浪見にちょっと星を見に行ってきました。

国道から500mくらい海岸側に行った車の通りそうにない真っ暗な、田んぼが両脇にある道に三脚を立てて星空観察。冬や春に行った時と同じで、満天の星空には変わりありませんでしたが、20:30過ぎくらいの段階では期待していた南の空に立ち上がるはずの天の川の星雲は見つけられませんでした。

せっかくネットで勉強して家で絞り値、シャッタースピード、ISO、タイマーとかセットして行ったのに、持参した懐中電灯が点灯しなかったり、三脚のクイックシューが無かったりで、一眼レフでの撮影テストはできませんでしたが、ちょっと思い立って、仕事帰りに日帰りで満点の星を眺められてよかったです。家に帰って、屋上でセットしたカメラの撮影テストを行いましたが、撮影できずしょんぼり

真っ暗な田んぼの真ん中の道とは言え、たまに自転車や人が通ります。2人連れの男子高校生風が、大声でしゃべりながら、無灯火の自転車が近付いてきたときはこちらに気づいてもらえるようにわざとスマホをつけて知らせましたが、向こうも気づいて一瞬焦ったようでしたが、衝突は回避できました。向こうからこんばんは、と言ってきてもらえて、こんばんはと返し、ハイキングの山道でのあいさつを思い出しました。

一眼レフでの挑戦はこれからも続けますが、どうも私にとっては近代経済学と同様に一眼レフは、永遠にマスターできないもののような気がしてきました。
Googleからピクセル4aという簡単に天の川の撮影出来るカメラが以前の1/3近い値段で出たので、撮影はピクセルも買って使ってみることにしました。

21:30の電車まで時間があったので、ラーメン再会で一杯。口コミで評判だった焼き鳥5本で600円がぷりぷりしておいしかったです。

いつもこのお店のラーメン屋さんに思えないイタリアンレストランのようなメルヘンチックな外観を見て思いますが、バブルの頃にいろいろドラマがあって、その後、居抜きでひきつがれたのかなと思います。このお店の魅力の一つです。


食べログ:再会


■参考リンク
天の川撮影方法は意外と簡単!一眼レフ初心者でも出来る星空撮影入門テクニック:PHOTOGRAFAN






Last updated  2020.08.27 08:08:35

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.