1278109 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

Refreshing-wind-blows

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Archives

Category

Rakuten Ranking

Free Space





April 23, 2006
XML
カテゴリ:Drama(ameblo移行)

今日は早めにBShiの方で
見てしまいました。

前回の記事に旭@松本明子さん
の運命が暗転しそうって書いた
んですけど・・源助さんが、
相手の矢に撃たれ、命を落と
してしまいました・・。
六平太のセリフにありましたが
「(源助は)自分の手柄を自分で
見たくなったようだ・・」
自分の仕事がどんな風に上手く
行ってるのか見に言った末の
悲劇なんですが、この気持ちは
なんとなくわかります。
しかし、軽率でしたよ。

一豊夫妻は自分達が止めなかっ
たことを悔やんでいますが、
もしあそこで止めたとしても、
源助さんは言うことを聞かなか
ったんでは・・と思います。
誘ったのは秀吉らですが、イヤな
ら受けなければいいわけで、
まかされて意気に感じてたんで
しょう。「兄さが頼りにしてく
れるんだから」て言ってますし。

千代さん、めでたくご懐妊。
ドラマ序盤のシーンで一豊に「命は必
ずお持ち帰りくださいませ」と
大声で言ったり、源助さんと
一緒に「柵を作りに行く」と
取り乱したりあれあれ?いつも
の千代さんぢゃないぞこれは
もしやと思ったらやっぱり・・。
そのあと帰宅。さと(小りん)に
「水をくれ」と言って飲み干した
後吐き気(!?)気持ち悪いって
顔してたいましたからね。
確信は庭での六平太との会話。
六平太に「良い子産め・・」と
突かれて表情が変わりましたから。

小りん、いなくなっちゃいまし
たね。「長浜も飽きた」「消える」
だって~(苦笑)散々かきまわ
しましたがあっさりと去ってゆき
ますねぇ。しばらく現れないよね?

今日は六平太のセリフにいい言葉が
多かったように思います
「この世に生まれ出でたものは
死ぬまで生きねばならぬ。
お前は何があろうと強く生き
ねばならぬ」

今回、副田甚兵衛役で野口五
郎サンが登場(彼もまた悲劇。
義兄秀吉と家康との関係構築する
中で妻と離縁させられるんぢゃ
なかったっけ??)
しましたが、市之丞@津川さん
最後。出演者が少しずつ入れ替
えが始まりそうですね。
来週は、玉(ガラシャ)でハセキョウさん
が出るようですし・・。



gooユーザー様へ。
当方からTBお送りしても、
反映されないようです。
サイト名で弾かれるようです。
TB届かなかったらゴメンナサイ。







楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  April 30, 2006 12:28:30 PM
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.