1505912 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Refreshing-wind-blows

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Archives

Category

Rakuten Ranking

Free Space





2010.10.10
XML

  


NHK大河 龍馬伝 完結編




大河ドラマ 龍馬伝

第41回「さらば高杉晋作」

【あらすじ】(↑のHPから拝借)

土佐藩と手を結び海援隊として龍馬(福山雅治)たちは再出発。新たな脱藩浪士が加わり、小曽根乾堂(本田博太郎)が用意した離れで土佐藩の庇護のもと、船を使って新たなビジネスを展開し、大政奉還を目指すという目標をかかげる。
龍馬を追う長崎奉行・朝比奈(石橋凌)には、後藤象二郎(青木崇高)が、龍馬は土佐藩士であり詮議は無用と押し切る。しかし龍馬は身の危険を感じ、お龍(真木よう子)を三吉慎蔵(筧利夫)に預けるため下関へ向かう。そこでは高杉(伊勢谷友介)が死の床についていた。高杉と木戸(谷原章介)に会った龍馬は、土佐藩が大政奉還の策に乗ったことを伝え、長州も戦わずして幕府を倒そうと説得するが、木戸は納得しない。龍馬は高杉と身分など関係ない新しい国の形を語り合い、道半ばで命つきようとしている高杉の夢を引き継いでいく決心をする。

長崎に戻ってきた龍馬を中岡(上川隆也)が待っていた。そして自分は陸援隊を作り武力討幕を目指すと宣言する。一方、弥太郎は才覚を発揮し始めていた。いろは丸を大洲藩から借り受けることに成功。龍馬たちは海援隊の初仕事としていろは丸で大坂に向け出港する。そして高杉は下関で最期を迎えようとしていた。


今日描きたかったのは↓このあたり?
(手元にある雑誌の特集から拾ったので
怪しすぎるかも・・)



慶応3年(1867)

3月   弥太郎、長崎土佐商会に赴任

4月上旬 土佐藩から脱藩罪を許される。 亀山社中、海援隊と改称。

4月14日 晋作、病没

4月19日 土佐商会に対して海援隊士一人当たり5両の月給を要求。150両を受け取る
この日、大洲藩船・いろは丸に乗り込み、長崎を出航。


『万物元来始終あり 
人生況や百年の躬少なし
名を競い利を争う 営々として没す
識らず何の娯しみか 此の中に存せん』

(もともと全てのものには始まりがあれば終わりがある。
言うまでもなく人生も始まりがあれば終わりがある。
百年生きる人は極めて少ない。
ただひたすらに名を競い、利を争うしかない人生がある。
その人生に何のたのしみ(娯しみ)があるのだろうか)

(漢詩は訳してしまうより読み下し文が好き☆
「たのしみ」も「しみ」じゃなく「しみ」)

伊勢谷@晋作、逝く・・か(ため息)

今日は出番がラストで、もういぢくられる心配は
ない!と思ったんでもう気になるとことかあっても
我慢して見よう!と。
でも辞世の句がなかったのが残念です。
(あと、伊勢谷君がアップになるたびにピアスの穴
がはっきり見えている。隠し忘れ?)

伊勢谷君頑張ったのにね。キャラ設定&脚本とも
しっかり描けていたらなぁ・・
龍馬の脇じゃなくて長州メインじゃないと
しっかりしたキャラにならないか。
「華」があったと思うだけにね。
あの風貌と雰囲気と着流し姿(袴姿になっても)
に「うわぁぁ」って感じで
射抜かれた人は多いはず。(ワタシを含めてね)

野村萬斎さんが高杉を演じたのは2000年。
(ただし、大河じゃないけど)
10年経って伊勢谷君。次はいつNHKで出番が
来るんでしょう。

さて来週からどーすべ。谷原さん@木戸さんや
筧さん@三吉さんはまだ出るみたいなんで
もすこし、みっぺか・・。
長州勢、出番ラストまで後何回さ?

病床でおうのさんと手紙読むとこや
花見のシーンも良かったけど↓のシーンかな。
ちょっとぐっと来かけましたので(苦笑)
(このシーンのBGMで控えめに使われてた
アコーディオン!?(調べたらバンドネオンらしい)が
高杉の「あの世でねっ♪」で
トランペット?にかわった。そこでじわっと><)
互いに認め合う男同士(の会話)っていいわん。
浜辺は泣かすわ。ありゃきついス(苦笑)

病人を浜辺に連れ出して潮風に当たらすってのも
おいおい!無謀だろってかんじなんですけどね。

(浜辺で・・)
龍「綺麗じゃのぅ!ハハハ(笑)
 (よろめく高杉に)大丈夫かぇ?」
晋「病人のわがまなにつき合わせてしもうて・・すいません」
龍「何を言いゆぅ。高杉さんとこうして散歩できるんは・・
  こりゃ、下関に来た甲斐があったゆうもんぜよ」

晋「海援隊かぁ・・。いい響きだ」
龍「“海から日本を援ける”海援隊じゃ。わしゃこの
 海援隊で新しい世を切り開こうと思うとるがじゃ」
晋「新しい世?」
龍「戦に勝ったもんではのぅて日本を日本人を幸せ
  にしようゆう志の高いもんが国の政を担う
新しい
  世の中をのう・・」
晋「そりゃえぇ×2」
龍「わしゃ必ず成し遂げられると思うちょる。
  高杉さんのおかげでの・・・」
晋「僕の?」
龍「高杉さんの作った長州の奇兵隊は身分の差らなかった
  がじゃ。侍も・・商人も・・百姓も一緒になって
  自分の国を守ろうとしちょった。これこそが×2
  新しい日本の形じゃとわしゃ、確信したがぜよ」
晋「そっか・・いやぁうれしいのぅ。わしは希望を託せる
  お人に出会えた。日本を頼みます・・坂本さん・・」
龍「うん・・(涙目?)」
晋「ハハハ(笑)僕の出番はもう終わりです。あとは
  酒を飲んで三味線を弾いて面白おかしく暮らしたい。
  あの世でね・・。高杉晋作はそういう男ですけぇ」
龍「そうかぇ・・そうじゃのぅ・・」
晋「ハハハ(笑)今日はえぇ日じゃぁ」
龍「まっこと、えぇ日じゃぁ」

このシーンの前、高杉が別室で血を大量に吐いたり
木戸さんが見舞いに来て龍馬と口論(これもありえ
ないと思ったわ)
のあと屋敷の外の木戸さん涙目の会話。

龍「高杉さんはあとどればぁ生きられますですろか」
木「医者は・・桜を見せてやりたい言っちょる・・」

龍「高杉さんは桜らー見たいと思うちょりやせん。
  高杉さんが見たいがはあたらしゅう生まれ変わった
  そういう日本の姿ぜよ」
木「そげなこと、僕もわかっちょるっっ!!
  この国を一刻も早く生まれ変わらせるためには
  武力で幕府を倒すしかないんじゃ!」

上二行なんて昼ドラマに出てくる病室のシーンに...
見舞いに来た者同士が病院で会話してるみてだべー。
(取り乱したでかい声が中に丸聞こえとか。)
それにしてもこの三人が絡む絵はいいね。

彼の最後のセリフは「坂本さん・・頼みましたよ」
かな。

>日本を、日本人を幸せにしよう
ゆう志の高いもんが国の政を担う


民●党とかの政治家の皆さんに言って♪
って思いました。。

(追記)
たまたま覗いたtwitterで知ったのですが、
萩市に作られる「高杉晋作立志像」の序幕式に
伊勢谷君、招待(特別ゲスト)されてる様です。

萩市報(pdf文書)

このドラマの描かれ方は「物足りない」というか
消化不良気味というか・・(あれが龍馬伝が
描ける晋作の限界か?)。かっこよかったけどね。

伊勢谷君の晋作は
萩市の方にはどんな風に映っていたんだろう。






Last updated  2010.10.22 14:12:25



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.