1488862 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Refreshing-wind-blows

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Archives

Category

Rakuten Ranking

Free Space





2010.11.14
XML
カテゴリ:Drama(amebloへ)

  


NHK大河 龍馬伝 完結編


歴史街道 2010年 12月号 [雑誌]

歴史街道 2010年 12月号 [雑誌]

価格:630円(税込、送料別)



↑ 内容は歴史街道 HP



大河ドラマ 龍馬伝

第46回「土佐の大勝負」

【あらすじ】(↑のHPから拝借)

土佐に着いた龍馬(福山雅治)は、象二郎(青木崇高)を通じて、容堂(近藤正臣)に直接会いたいと願い出るが、容堂は相手にしない。坂本家に久しぶりに戻った龍馬を、家族は温かく迎える。継母の伊與(松原智恵子)は亡くなり、姪の春猪(前田敦子)には子も生まれている。岩崎家の面々も加わり、宴会が始まる。

一方、弥太郎(香川照之)は長崎で、時代の変化を感じた土佐商会の上士たち数名が仲間となり、藩とは別に自らの商売を始めていた。土佐では龍馬が持ってきた銃をめぐり、上士も下士も薩長に付くか、それとも徳川を守るかで大騒ぎに。容堂は、象二郎の説得で龍馬に会うことにする。龍馬は容堂に「下士が上士に虐げられる…この土佐の古い仕組みが憎い。大政奉還となれば、幕府も藩も、そして武士という身分もなくなるだろう。新しい世の中を作る魁となるべく、大政奉還の建白書を書いてほしい」と伝える。容堂は徳川家への恩を思いながら、涙ながらに建白書を書く決心をする。難事を成し遂げた龍馬は象二郎とがっちりと握手。「この大仕事を終えたら、お龍と土佐に戻ってくる」と乙女(寺島しのぶ)と約束し、京へ旅立つ。


今日描きたかったのは↓このあたり?
(手元にある雑誌の特集から拾ったので
怪しすぎるかも・・)


慶応3年(1867)

09月28日 龍馬、脱藩以来初めて高知城下の実家に帰る
10月01日 京都へ向けて出航
(↑明日、旅立つ・・の台詞があった)

(関連当ブログ記事)
晋作生誕の地で銅像除幕式 伊勢谷さん参加
「好きな幕末有名人」(by日刊スポ)で1位が高杉晋作

昨晩から「坂の上の雲」の
一部の再放送やってるしー
二部のさわりが流れたりする様
になりましたしねぇ・・。
気持ちがそっちに行っちゃって
るひといるだろーね。
(ぢつはワタシもその一人。
阿部ちゃん見たい!)

今日の回は坂本家の人々と
後藤様&龍馬で容堂公に訴える
というお話での45分。。
(OPのクレジットで出る
名前数がいつもより少なめ)

「後藤様の魅せ場」の回
ですろうか!?と思いました。


容「城中が騒がしいようじゃのぅ・・」
後「大殿様!土佐はもう時代の流れに逆らうことは
  できんがです。坂本龍馬に会うてくださりませ!」
容「どういてわしがあの男に会わんといかんがじゃ!」
後「今の・・今のこの世の中の流れを作ったがは、
  坂本龍馬でございます!
  憎みあう薩長を結びつけ、土佐と薩摩の盟約を
  取り持ったがはあの男ながです!」
容「おんし・・どういてそれを黙っちょった!」
後「妬ましかったがです×2!下士の分際で
  叔父上・吉田東洋様に認められ、
  脱藩もんでありながら次々と×2・・大事を成し
  遂げていく坂本が・・妬ましかったがです!
  大殿様・・坂本龍馬に会うてくださりませ!
  お願い申し上げます・・」
(BGMがフラメンコ調のギターだったネ)

妬ましかった・・。って正直に告白。
言いたくなかったろうね。
実際、後藤は船中八策は龍馬の案だと
言わなかったみたいなので、妬み的な
ものはあったでしょうね。

朝方(青い照明なのは早朝かな??)
容堂公と後藤様が互いに酒を酌み交わす。

容「わしが・・大政奉還の建白書を出して・・
  慶喜様の怒りを買ったらこの山内家は
  おとりつぶしになるかもしれん・・」
後「大殿様がお覚悟を持って建白されるなら
  それに異を唱える家臣らぁ一人もおりません」
容「武士の世を終わらせる・・かぇ」


「ドラマ的」にはいい感じだったが
藩主と参政が二人きりで杯を・・って
ありえるかな・・

浜辺で乙女姉さんと龍馬がじゃれる!
(また「浜辺」のシーン来たぞ!
お決まりのシーン!!)
乙女姉さん「命だけは大事にしいや。
ワタシは心配でたまらんぞね・・」
いかにも龍馬の死を暗示させる台詞。

最終回まであと二回だもんなぁ。。
来週はいよいよ「大政奉還」だ~。

予告・・。憂い(苦悩?)を漂わせ
た木戸(@谷原さん)の横顔。。。
これは・・






Last updated  2010.11.16 15:21:35

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.