1431403 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Refreshing-wind-blows

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

バックナンバー

カテゴリ

ランキング市場

サイド自由欄





2010年11月28日
XML
カテゴリ:Drama(amebloへ)

  


NHK大河 龍馬伝 完結編

龍馬デザイン。

龍馬デザイン。

価格:1,890円(税込、送料別)



歴史街道 2010年 12月号 [雑誌]

歴史街道 2010年 12月号 [雑誌]

価格:630円(税込、送料別)



↑ 内容は歴史街道 HP



大河ドラマ 龍馬伝

第48回「龍の魂」

【あらすじ】(↑のHPから拝借)

大政奉還を成し遂げた龍馬(福山雅治)は追手から隠れるために近江屋に移り、新政府綱領八策を書き、各藩に送る。人々は「○○○を盟主とし」という文を見て、「○○○」が誰なのかを噂し合い翻弄される。
龍馬は、新政府の人材を集めるために奔走していた。越前に松平春嶽(夏八木勲)を訪ね、経済に明るい三岡八郎(中川家礼二)を新政府に出してほしいと頼む。龍馬のおかげで稼いだ金を龍馬に渡そうと京へ来た弥太郎(香川照之)は、土佐藩邸にも入れない龍馬の立場を知る。近江屋を訪ねた弥太郎は、龍馬に「日本一の会社を作って、日本人を幸せにしろ。達者での」と言われ、これで最後のような発言に言いようのない不安を感じ始めた。

一方、幕府という唯一の拠り所を失った見廻組は、その元凶とにらんだ龍馬を探していた。弥太郎も見廻組につかまり龍馬の居所を詰問される。龍馬の身に何か起こるのでは、と近江屋へと急行する弥太郎。「○○○」の真意をただしに近江屋を訪ねた中岡(上川隆也)。将来の夢を語りあう二人だったが、今井たち見廻組が近江屋を襲撃する…。


今日描きたかったのは↓このあたり?
(手元にある雑誌の特集から拾ったので
怪しすぎるかも・・)


慶応3年(1867)

10月16日 戸田雅楽と協議し「新官制議定書」を作成

10月24日 岡本健三郎と京都を出立し越前福井へ向かう

11月02日 三岡八郎と面会する
11月05日 京都に帰着し、酢屋に寄宿。後に近江屋に移る

11月15日 近江屋の二階座敷で中岡慎太郎とともに
     刺客に襲われ絶命する

BS-hiの16:15からの先行
放送の方で見ちゃいました。
(字幕テロップの影響は回避。)

75分まで拡大した割には
なんだか物足りないなぁ
というか拍子抜けした。
龍馬と中岡の暗殺のシーンも
間延びした感じ・・
緊迫感がないなぁって。

龍馬が斬られたのが伝わった
あとの薩摩と長州のリアクション
も見てみたかったのに・・。
出てこなくて残念・・。



弥「(前半略)おまんは自分の思うまんまに生きて、それが
  どういうわけかことごとく上手ぅ行って・・
  おまんと一緒におったら、わしはのぅ×2
  わしゃ自分がなんちゃできん、こんまい・・
  つまらん人間に思うたがぜよ。
  けんどのぅ、龍馬。人がみんなー自分のように
  新しい世の中を×2、望んじゅうと思うたら
  大間違いぜよ。口ではどう言うちょったち、
  いざ扉が開いたら戸惑いや、怖気づくもんが
  山のようにおるがじゃき。
  恨みや妬み、怖れ、保身。そのうち怒りの矛先
  がおまんに向くろぅ。
  わしにはわかる。まぶしすぎる日の光は無性に
  腹が立ついうことを知っちゅぅきのぅ

龍「おまんのいうとおりかもしれん。
  わしは気づかんうちに、人を傷つけ、人に
  恨みを買ぅちょるかもしれん。
  『世の人は、われをなんとも言わば言え
   我がなすことはわれのみぞ知る』
  わしはのぅ、弥太郎。
  自分ができることをしただけじゃ。
  おまんもそうじゃろぅ、おまんの思うように
  好きにいきたらえぇ・・」

印象に残ったのはこの台詞の

>おまんは自分の思うまんまに生きて、それが
>どういうわけかことごとく上手ぅ行って・・
>恨みや妬み、怖れ、保身。そのうち怒りの矛先
>がおまんに向くろぅ。
>まぶしすぎる日の光は無性に腹が立つ

まさか、キャラを少々龍馬に拝借!?
ではないのでしょうが
これ、ハムに行く斎藤君!?
(甲子園にせよ六大学時代とかの)
華やかな結果(と場所)で光を放つ。
チームみんなでやり遂げたことも
彼にスポットが当たるんだよね。
(同い年から世代の呼称で云々
言われたりとかも・・)

伊「徳川を抑える手立ては戦のほかにもあり
  ますけぇ。 坂本さんを信じましょう、
  木戸さん!
  京へ上り、新政府を作ってつかぁさい」
木「ほんとうのところ、坂本君はどう思っとる
  じゃろうのぅ・・」
伊「え!?」

木戸さん、先週くらいからちょっと
キャラ変で怖いと思ったら今週も怖い。
抑揚のない口調だったし怖い。あれ
台本のト書きはどう書いてあるんだろう。
そういうキャラじゃないんだろうになぁ。

12/3追記。
↑この件のこと。この記事
「歴史好きの間では、『逃げの
小五郎』というひょうひょうと
したイメージもあるけど、
吉田松陰から受け継いだ『狂』
の部分を演じました」 と)

でも、この木戸さんも新政府に参加するの
ですよね。名前も「木戸孝允」に変わって
西郷&大久保両氏と一緒に・・。
(そう。後藤様もでしたね。)

龍馬の一人酒回想シーンで武市さん、
以蔵、長次郎ときて唐突に高杉さん。
「は?高杉さん??ここで名前!?」

龍「高杉さん・・高杉さんが夢見た
  新しい日本が来るぜよ!!」 

台詞だけじゃなく映像だしてくれー!
って思った。


さてと。12月になったら「坂の上の雲」
ですよ。。子規さん、亡くなっちゃう。
(二部に出る文学関連人物は虚子と
碧梧桐ですね。当方、大学で文学を
少々齧った時から明治期に興味をもっ
ています。)






最終更新日  2010年12月04日 09時55分22秒

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.