1437002 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Refreshing-wind-blows

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

バックナンバー

カテゴリ

ランキング市場

サイド自由欄





2011年02月20日
XML
カテゴリ:Figure-Skating

mao
(写真*時事通信から)

共同通信より

フィギュアスケートの四大陸選手権
最終日は20日、台北で行われ、
女子は全日本選手権を制した
安藤美姫(トヨタ自動車)が
ショートプログラム(SP)に続きフリー
も1位となり、合計201.34点
の自己ベストで初優勝した。
女子の200点突破は金妍児
(韓国)浅田真央(中京大)
らに続いて史上4人目。安藤は
2回転半-3回転の連続ジャンプ
を決めるなどほぼ完璧な演技
だった。3月の世界選手権で
2連覇を狙う浅田はトリプルアクセル
(3回転半ジャンプ)を成功させ
たが、196.30点で2位にとど
まった。長洲未来(米国)が
189.46点で3位に入り、
鈴木明子(邦和スポーツランド)は
162.59点で7位だった。


時事通信より

フリーも完璧、自信の演技
=安藤、世界女王視野に


前日のSPに続き、フリーでも
完璧な演技を披露した。
200点を超える高得点で、
初めて四大陸選手権の頂点
に立った安藤は「ミスがなか
ったことに納得している。
四大陸に出てよかった」。
会心の笑みを浮かべた。
冒頭の3回転-2回転の連続ジャンプ
を成功させたのをはじめ、
フリーでもジャンプの失敗は一つも
なかった。この大会で重視して
いたスピンは、三つとも最高レベル
の判定。「ぐらついたり、
スピード感が全日本(選手権)
よりなかったりした」と本人は
満足していないものの、
ジャッジによる出来栄え評価点
(GOE)は、2日間で減点が
一つも付いていない。
演技に隙がなかった。体調は
決して万全ではなく、ピークを
合わせるのも3月の世界選手権
(東京)になるはず。
だが、そんな中でも勝てた。
「昨年くらいからミスを少なく
抑えるように意識できている。
選手として成長したかな」。
言葉におのずと自信がこもる。
やはり東京で行われた2007年
世界選手権を制したときは、
無我夢中で臨んだという。
「今回はあのときよりも意識
を持って、メダルを取れるよう
にやりたい」。
勝ち方を知ってきた安藤が、
世界女王への返り咲きを視野
に入れている。(台北時事)


浅田、満点の3回転半
=悔しさ晴らし笑顔戻る


フリーの演技を終えた浅田は、
SPとは打って変わって
晴れやかな表情を見せた。
歓声に応えるように手を
振り、小さく何度か飛び
跳ねる。「SPで悔しい思い
をしたけれど、今できる
ことを出しきれた」。
浅田らしい笑顔が戻ってい
た。冒頭のトリプルアクセル
(3回転半ジャンプ)を鮮やか
に決めた。SPでは回転不足と
判定されてしまったが、
この日は「百点です。世界選手
権につながる、いいトリプルアクセル」
と自分自身も納得できる出来。
気持ち良く演技に入った。
中盤で連続ジャンプの回転不足が
続いてしまい、安藤を上回る
ことはできなかった。それでも、
「すごく良かった部分もあった
し、課題も見つかった」と
悲観しない。何より、最大の
武器をしっかりと成功させた
ことが収穫だろう。今後は
2回転半-3回転の連続ジャンプ
にも磨きをかけていく。
前向きな気持ちで、3月の
世界選手権連覇へと照準を
切り替えた。(台北時事)


鈴木、悔しい結果

鈴木はSP6位から挽回
できず、7位と悔しい
結果に終わった。冒頭の
3回転ルッツに失敗。すると、
「跳び急ぎが多かった。気持
ちと体が合っていなかった」
と、その後のジャンプでも
ミスが続いてしまった。台湾に
入ってから練習では状態が
良かっただけに、「ある程度、
仕上がっていたので悔しい」
と唇をかんだ。
世界選手権代表は逃しており、
昨年2位に入った四大陸選手権
を今季の集大成とすることは
できなかった。(台北時事)



フィギュア・スケート
ミュージック・セレクション 10-11



ラ・カンパネラ:愛の夢 第3番 リスト名曲集




(当ブログ内関連記事)
美姫がSP首位、真央2位、鈴木が6位 四大陸選手権
高橋が優勝、羽生2位、小塚4位  四大陸選手権
高橋がSP首位、羽生3位、小塚が4位 四大陸選手権

V狙う美姫と小塚、高橋&真央も出場 17日~四大陸選手権
美姫、真央らを選出 世界フィギュア代表
美姫が優勝、真央2位、村上は3位 全日本フィギュア
真央がSP首位、美姫2位、村上が3位 全日本フィギュア

小塚が初優勝、織田2位、高橋は3位 全日本フィギュア
小塚がSP首位、羽生2位、高橋は4位 全日本フィギュア


安藤美姫

疲れが演技にも響いて、ぐらつき、スピード感も全日本よりなかった。体調が百パーセントでなくてもできたことは、成長した点だと思う。世界選手権まで、いい緊張感を持ってやっていきたい。

浅田真央

SPで悔しい思いをしたが、今できることを出し切れた。(トリプルアクセルは)百点です。いろいろ課題も見つかった。(演技を)もう一度見直して、世界選手権に臨みたい。

鈴木明子

気持ちと体が合っていなかった。練習ではある程度できていたので、悔しい。(来季へ向けて)気持ちをリセットしてやり直したい。




中継が夜。結果は知らない方
がいいのカナとも思ったけど、
確認してしまいました。
真央ちゃん気になってしょう
がない!!(twitter見てた)

真央ちゃん、3A成功!!!!
キレイに決まりました☆
ふわふわしていて柔らか~い
「愛の夢」を見たい見たいと
思っていてそれを見られて
うれしかったですよ。

結果的にみきてぃを抜けな
かったのですが、世界選手権
がとても楽しみになった。

みきてぃ、減点なしのパーフェクト。
点数の内容見たんですけど、
(真央ちゃんはちっちゃな減点
がいくつか。。)今回はSP、
FPともさすがでした・・。

(関連記事リンク)
美姫 史上4人目200点超え 完全V
美姫完璧!初の200点台V
美姫 体調不良も200点超え!完全V
美姫200点超え初V!女子史上4人目快挙
それでも美姫「ちょっとぐらついた
スピード感なかった」


強いこだわり捨てた浅田真央
コーチ太鼓判「継続すればものになる」

真央3回転半成功!2位も「100点です」
真央2位でも「100点満点」
真央2位「出し切れた」
真央トリプルアクセル成功!2位も出来満点






最終更新日  2011年02月21日 15時06分39秒

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.