1744989 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Refreshing-wind-blows

PR

Recent Posts

Category

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

2011.10.08
XML
カテゴリ:TokyoBig6-league

時事通信より

東京六大学野球秋季リーグ戦
第5週第1日は8日、神宮
球場で1回戦2試合が行われ、
明大が立大を7-5、法大が
東大を1-0でそれぞれ破っ
て先勝した。明大の野村は
完投で通算29勝目。明大は
2点を追う五回に同点とし、
六回に中村将の2点三塁打で
勝ち越し。野村は4点リードの
九回2死から4連打を許したが、
2点差で投げ切った。法大は
九回、敵失を足掛かりに原田
がサヨナラ二塁打。先発三上朋が
4安打で無四球完封した。


野村君、29勝目なのですが、この秋、調子が
悪いと言うか・・よくないね・・。
今日5失点だけど7失点した試合もあったり。
(ドラフトにかかる4年秋が過去7季よりも
よくない・・あの方を思い出すんだケド・・ね)



野村 祐輔
(2008春~)
    :試 勝 敗  回  安  振 球 責  防御率

08年1年春:09 3勝0敗 20回0/0 14 21 04 04 1.80
08年1年秋:07 2勝0敗 34回2/3 18 41 13 00 0.00 防(0.00)
09年2年春:08 4勝2敗 39回1/3 34 50 12 11 2.52
09年2年秋:07 3勝2敗 43回2/3 35 29 07 09 1.85
10年3年春:08 2勝2敗 42回0/0 30 38 07 10 2.14
10年3年秋:08 5勝2敗 55回1/3 50 54 08 08 1.30 防
11年4年春:09 5勝3敗 65回0/0 44 68 07 15 2.08
11年4年秋:07 5勝1敗 57回0/0 55 48 09 17 2.68

通算・・ :63 29勝12敗 357回0/0 280 349 67 74 1.866


明大の野村、冷や汗の29勝目

明大の野村がやっとの思いで完投勝ちした。試合終了まであと1人の場面で立大につかまり、12安打5失点。「不運なヒットが多く、自分でリズムを崩してしまった」と納得のいかない表情だった。制球が安定していた分、相手がミートに徹して短打を狙ってきた。三回に3安打を集められて先に3点献上。打線の援護で勝利投手の権利を手にしたが、九回2死から4連打され、2点差でなお一、二塁。逆転サヨナラ負けのピンチを背負い、4番那賀を二ゴロに仕留めて何とか事なきを得た。史上7人目の30勝300奪三振にあと1勝と迫り、
「反省点が多い中、勝てたのは収穫」。エースは表情を引き締めた。

東大と緊迫の投手戦

法大の三上朋が東大に1-0で完封勝ち。「疲れた。気合と意地だけだった」と漏らした。
東大が先発鈴木から初馬へと継投し、八回まで互いに点を与えない投手戦。
法大は九回、敵失に乗じてサヨナラ勝ちを収め、三上朋の緊迫していた表情が、解放感の笑顔に変わった。190センチの長身から投げ下ろす直球と、今春から投げ始めたチェンジアップとの配球が巧みプロ志望届は出さず、社会人に進む右腕は「力をつけてプロでやりたい」と飛躍を誓っていた。

共同通信より

9回2死から4連打浴びた 野村30勝王手も笑顔なし

明大・野村に笑顔はなかった。完投で5勝目(通算29勝目)を挙げたが12安打を浴び5失点。9回は2死から4連打され、2点差まで追い上げられた。
エースは「味方の援護に助けられた。9回は無意識のうちに早く終わらせたいと思ったのかもしれない」と振り返った。先勝で優勝へ着実に前進するとともに、30勝の大台に王手。「あす(2回戦)も機会があれば投げる」と自らを奮い立たせていた。







(関連記事リンク)
野村、30勝&300K王手
30勝に王手!明大・野村12安打5失点も打線が援護
明大・野村、リーグ7人目の30勝&300K王手…
明大野村、ワースト12被安打

法大・原田サヨナラ打 東大にあわや“金星”献上も






Last updated  2011.10.09 10:32:41



© Rakuten Group, Inc.