1743627 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Refreshing-wind-blows

PR

Recent Posts

Category

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

2011.10.23
XML
カテゴリ:TokyoBig6-league

時事通信より

東京六大学野球秋季リーグ戦
第7週第1日は23日、神宮
球場で1回戦2試合が行われ、
勝ち点4の明大が東大を
15-7で下し、勝ち点3の法大
は立大に0-5で敗れた。明大
は24日の2回戦で勝てば4季
ぶり34度目の優勝が決まり、
勝ち点5の完全優勝となる。
明大が敗れても、法大が負け
れば優勝が決まる。
明大の野村は7回4失点で今季
6勝目。リーグ史上22人目の通算
30勝を達成した。春に通算300
奪三振をマークしており、昨年の
斎藤(早大、現日本ハム)に続き
7人目の30勝300奪三振。立大は
小室が3安打で完封勝ちした。


野村君、30勝到達。。
この秋、チームは優勝目の前なのに野村君
自身の調子が上がらないままな感じ・・。
6勝してるけど4年間8季のなかで一番苦しい
内容の試合が多いかも・・。

もうちょっとでドラフト会議。
野村君はどこに行きたいんだろう?って思う。
当方、ずっとチェックして応援してたんで、
スワじゃなくても引き続き応援する!よ。
ただ、行って欲しくないチームあるんだー。
そこ以外ならチーム関係なく応援できるし
いーなっていうのが本音です!!


野村 祐輔
(2008春~)
    :試 勝 敗  回  安  振 球 責  防御率

08年1年春:09 3勝0敗 20回0/0 14 21 04 04 1.80
08年1年秋:07 2勝0敗 34回2/3 18 41 13 00 0.00 防(0.00)
09年2年春:08 4勝2敗 39回1/3 34 50 12 11 2.52
09年2年秋:07 3勝2敗 43回2/3 35 29 07 09 1.85
10年3年春:08 2勝2敗 42回0/0 30 38 07 10 2.14
10年3年秋:08 5勝2敗 55回1/3 50 54 08 08 1.30 防
11年4年春:09 5勝3敗 65回0/0 44 68 07 15 2.08
11年4年秋:08 6勝1敗 64回0/0 64 55 10 21 2.95

通算・・ :64 30勝12敗 364回0/0 289 356 68 78 1.929

対東大・ 8-0 50回0/0・安29・振68・球06・責05 0.900
対早大・ 5-3 64回0/0・安53・振59・球15・責16 2.251
対法大・ 7-2 99回1/3・安77・振82・球22・責24 2.175
対立大・ 5-3 65回0/0・安60・振68・球13・責17 2.354
対慶大・ 5-4 85回2/3・安70・振79・球12・責16 1.681

勲章胸にドラフトへ=明大・野村、7人目の快挙

明大の野村が史上22人目の大台に到達した。1年の春にデビューして以来64試合目で、リーグ戦通算30勝。2年秋以来の優勝に王手をかける役目も無事に果たし、「一つの壁を越えられたかな」とほっとした表情で話した。
この日も高い修正能力を見せた。8点リードの三回、4連打などで3点を失い、なお1死一、三塁。「東大打線のリズムにはまってしまっていた。投球のテンポを少し早めた」。7番成瀬のスクイズを難なく処理して走者の生還を阻み、続く岩瀬を見逃し三振に。四回からは危なげなく、7回4失点で後を託した。
奪三振はこの日の7を加えて通算356。30勝と300奪三振を合わせて達成した投手となると、7人目の快挙だ。「長い歴史の中で光栄。でも、野球人生はこれで終わりではない。まだまだ成長していきたい」。27日のドラフトフト会議でも注目される右腕は、「卒業後」もにらむように力強く言った。


立大の岡崎、打率首位に並ぶ

首位打者を狙う岡崎(立大)がこの日も4打数2安打、3打点の活躍。一回に先制三塁打を放ち、八回にはダメ押しの2ランをバックスクリーンへ運んだ。打率は4割2分9厘に上がり、第1試合で1打数1安打の川辺(明大)とトップで並んだ。
 「自分のスイングができている。首位打者を意識しないと言えばうそになるが、楽しみながら打席に立っている」と岡崎。プロ志望届も提出しており、27日のドラフト会議で名前が挙がるかも。楽しみが多い最終シーズンになった。


共同通信より

ドラ1候補 野村  史上7人目の快挙も東大に4失点
「勝つのは難しい」


大台到達にあと1勝としていた明大の野村は1回にいきなり8点の援護をもらった。逆に緊張感が薄れたか、2回に1失点、3回は何と5安打を浴びて3失点した。「相手に合わせてしまって高めに浮いた。勝つことがいかに難しいかが分かった」と苦笑いした。
しかし、これで終わらないのがドラフト1位候補右腕だ。「悪いテンポを修正し、自分のリズムで投げられた」。
4~7回は2安打無失点。東大に二塁を踏ませなかった。
史上7人目の快挙には「長い歴史の中で光栄に思う。これから、もっともっと成長したい」と目を輝かせた。善波監督は「入学時は変化球が良くて、徐々に直球の力強さが上がっていった。緩やかながら右肩上がりで白星を積み重ねてくれた」と喜んでいた。






(関連記事リンク)
明大・野村 30勝&300K リーグ史上7人目の快挙
明大・野村、佑以来の「30勝&300奪三振」…
ドラ1候補・野村30勝&300奪三振!明大V王手
明大・野村、30勝&300K達成でV王手
明大・野村「30勝で300K」
野村30勝300K明大今日Vだ

オレもいる弾!立大・岡崎2打3打点 首位打者並ぶ






Last updated  2011.10.24 10:17:40



© Rakuten Group, Inc.