000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Refreshing-wind-blows

PR

Recent Posts

Category

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

2012.03.10
XML
カテゴリ:etc/baseball

共同通信より

東日本大震災復興支援
ベースボールマッチが10日、東京
ドームで行われ、第1試合は
社会人選抜が大学選抜に
7-0で完勝した。
大学選抜は今秋ドラフトの目玉、
亜大・東浜が先発し、初回
に3番落合(JFE東日本)に
左中間適時二塁打を許して
1点を失った。2回は下位打線
を三者凡退に斬ったが、2回
2安打1失点、1三振無四球で
負け投手となった。社会人選抜
は1-0の4回2死一、三塁から
長島(ホンダ)が右翼スタンドへ
3ランを放ち、試合を決めた。


夜に行われる「侍JAPAN」の試合よりも
個人的にこっちの方が興味ありました。
(東浜君とか三嶋君とか見たい投手居たので)
見たいなと思ってたんでBSTBSが中継してくれ
ててラッキー。

こういう結果になるの見ると、若干社会人選手
の方が上なのかな・・。翻弄されてたしなー。
社会人の二番手で投げた大山君がよかったー。
雰囲気がいしかーっぽかった。体型も劇似^^^^。
(いしかーに似てるタイプの人は気になるのよ)

ネット裏が映ってスカウトずらり~^^;


時事通信より

亜大の東浜にスカウトずらり

大学選抜は、今秋のドラフトの目玉になる東浜(亜大)が先発。バックネット裏にはスカウトがずらりと並んだが、直球が走らず、変化球も高めへ。「慎重にいきすぎた」。一回1死二塁から適時二塁打を浴びるなど2回を1失点と物足りない結果に終わった。球に勢いが出た二回は3人できっちり抑え、「レベルの高い社会人と対戦できてよかった」と前向きだった。

心こもった野球

社会人選抜で出場した日本製紙石巻の後藤は「野球をやらせてもらえていることに感謝する気持ちだった」と感慨深そうに話した。
試合前のミーティングでは、一人一人が決意表明をしたそうで、指揮を執った堀井監督は「試合の意味をみんなしっかり考えていた。心のこもった野球ができたと思っている」と満足そうだった。




(関連記事リンク)
被災地からの出場選手が存在感「感謝しながら臨んだ」
長嶋一茂氏と同じ読みの長島一成が特大弾!

巨に社会人「差し込まれてる」
MAX137キロも…大学選抜・東浜 復活に手応え
社会人が圧倒も亜大・東浜、2回1失点…






Last updated  2012.03.11 10:29:08



© Rakuten Group, Inc.