1490144 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Refreshing-wind-blows

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Archives

Category

Rakuten Ranking

Free Space





2016.10.20
XML
カテゴリ:central&paciffic
ドラフトメイン記事


時事通信より

ソフトバンクが田中の交渉権=柳は中日、佐々木千はロッテ

プロ野球のドラフト(新人選択)会議が20日、東京都内のホテルで行われ、最速156キロを誇る右腕で、最も注目された創価大の田中正義投手は5球団が1位指名し、抽選の末にソフトバンクが交渉権を獲得した。同投手にはロッテ、巨人、日本ハム、広島も入札した。明大の柳裕也投手も2球団が1位で競合し、中日が交渉権を獲得。桜美林大の佐々木千隼投手は「外れ1位」の入札で5球団が重複し、ロッテが交渉権を得た。
今夏の全国高校選手権で優勝した栃木・作新学院高の今井達也投手は西武が単独指名。大阪・履正社高の寺島成輝投手はヤクルトが、横浜高の藤平尚真投手は楽天がそれぞれ1位指名した。 

評価の表れ、5球団再指名=佐々木千「不安だったが光栄」

少し遅かった1位指名に、硬い表情だった桜美林大の佐々木千がようやく笑顔を見せた。5球団の競合の末に、交渉権はロッテに。「わくわくしている。先発ローテーションに入って優勝に貢献したい」と意気込みを新たにした。
競合が予想された即戦力右腕だが、12球団による最初の指名では名前を呼ばれなかった。それでも、最初の抽選を外した5球団全てが佐々木を再指名。期待の高さの表れに、「不安だったが光栄。やっとスタート地点に立てた」とうなずいた。都立日野高から当時首都大学リーグ2部のチームに入り、大学球界を代表する投手に成長した。大みそかまで自主練習に取り組む熱心さに、野球部の津野監督は「練習の虫。努力し続けられることが一番の才能」。地道な練習で、最速153キロロの速球と多彩な変化球を身に付けた。
高校からプロ入りした日本ハムの大谷は同世代。「今は雲の上の存在だが、早く勝負ができるよう頑張る」。謙虚な言葉にも負けん気がのぞいた。

柳、偉大な先輩を意識

抽選の行方を見守っていた明大の柳は中日の1位指名が決まると、「チームを勝たせる、ファンに長く応援してもらえる選手になりたい」と声を弾ませた。
切れのある直球と変化球を武器に東京六大学野球で史上15人目となる300奪三振を達成した。明大ではエースで主将。星野仙一氏と川上憲伸も学生時代は同じ立場だっただけに、「ふがいないことはできない。自覚を持って続いていきたい」と気を引き締めた。
早速、指名あいさつに駆け付けた中日の森監督は「いい顔をしているし、力強さを感じる。早くチームの一員になってほしい」と期待を込めた


今井、開幕ローテ目標=甲子園V腕、1位指名の自覚

西武から単独1位指名を受けてから15分後。こわばった表情で会見場に現れた作新学院の今井は、着席してからようやく笑みを浮かべ「指名されるか不安な気持ちでした。ほっとしました」と率直な感想を口にした。
180センチ、72キロの細身ながら最速152キロを誇る今夏の甲子園優勝右腕。昨夏の甲子園ではベンチ入りすらできず、悔しさを胸にこの1年で急成長した。西武で参考にしたい投手として岸の名前を挙げ、「体形が似ていると思うので、近くで見て勉強したい」と目を輝かせた。
会見では終始表情を引き締め、1位指名を受けた自覚と責任感をにじませた。色紙に「開幕ローテ」と1年目の目標を記し、「それぐらいの期待があると思う。新人王はすごく取ってみたい」と即戦力として活躍する姿を思い描いた。
対戦したい打者を聞かれ、日本ハム・大谷と即答した。「ゆくゆくは沢村賞や最多勝を取りたい。1年でも長く野球をやりたい」。大きな希望を胸に秘め、プロの世界に挑む。

寺島、先輩山田と共闘へ

大阪・履正社高の寺島は2年連続トリプル3の快挙を達成した大先輩、山田がプレーするヤクルトから単独1位指名を受けた。「山田さんと一緒に野球ができる環境に行けることがうれしい」。緊張から解放されて笑顔がはじけた。
持ち味は威力十分の直球。ただ力で押すだけでなく緩急巧みにタイミングを外す技術や、勝負度胸がある点も高評価を受けている。高校生ながら即戦力の声もあり、「開幕1軍入りを目標にして、期待に応えたい。自信のある直球を見てほしい」。新たな挑戦を心待ちにしていた。

藤平、直球にこだわり

横浜高の藤平は、楽天から1位指名を受けると少し口元が緩んだ。「1位指名されるか不安な気持ちもあったので、うれしかった。子どもに夢を与えられるような一流の選手になりたい」と喜んだ。
最速150キロを超える直球が武器で、「ストレートにこだわりを持って練習してきた。プロに入っても磨きをかけていきたい」。対戦したい打者に高校の先輩でもあるDeNAの筒香を挙げ、「全力でぶつかってみたい」と思い描いた。

(スワローズのドラフトは別記事にて)

今年も、例年どおり注目選手はパに行くのね。
田中君の競合って5球団だったけど、
ロッテ、ソフバン、ハム、巨人、広島。
セが2でパが3の構図。

あそこのチームにあたったらやだ~とかじゃなくて、
リーグ(パならばどこでも)のどっかに当たれば
いいよ、パリーグで獲りに行こうよ。
何かで見た気がする。

よしのりんも5球団だったけど、
スワ、ハマ、中日、巨人、楽天でセが4でパが1。
セが多かったね。
長谷部君も5球団で
楽天、西武、広島、ロッテ、中日でセが2のパが3で
パが多いわ。


指名された選手の皆様。頑張ってくださいね!!
藤平君は、チームにまちゅいゆーき君&安楽君という
高卒ドライチの先輩が居るから、心強いだろうね。


「高校生」の「big4」が競合なしとは思わなかった。
寺島・今井・藤平の三人が行くスワ・西武・楽天は
エースの宝庫で名捕手のいたところ。
スワ~智仁さん、岡林氏、一久氏、いしかー、たてやまさま、小川君
西武~ナベQ氏、西口さん、松坂君、ワクワクさん、岸きゅん、ゆーせー君
楽天~イワクマ君、まー様、則本君。
そしてそして、
古田さん、伊東さん、嶋君。






Last updated  2016.12.02 09:54:26

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.