1431300 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Refreshing-wind-blows

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

バックナンバー

カテゴリ

ランキング市場

サイド自由欄





2019年05月19日
XML
カテゴリ:etc(大相撲など)


時事通信より

元貴乃花親方「文化伝えたい」=一般社団法人設立で会見


日本相撲協会を昨年10月に退職した元貴乃花親方(元横綱)の花田光司氏が19日、都内で記者会見し、「一般社団法人貴乃花道場」の設立を発表した。実際に道場を構えて入門者を集める形ではなく、国内外に出向いて相撲の指導を行うという元親方は「相撲の裾野を広げる活動をやりたかった。世界各地に足を運び、日本の伝統文化を伝えていきたい」と語った。
相撲の歴史について講演もする予定。「礼に始まり礼に終わる、相手をおもんぱかるなど、相撲道の神髄のようなものを感じ取ってくれれば」と話した。 

共同通信より

元貴乃花親方が一般社団法人設立を発表

昨年10月に日本相撲協会を退職した元貴乃花親方(元横綱)の花田光司氏が19日、東京都内で記者会見を開き「一般社団法人貴乃花道場」の設立を発表した。相撲道を通じた青少年の育成などを目的としている。

元貴乃花親方、社団法人を設立 青少年育成、政界進出否定

昨年10月に日本相撲協会を退職した元貴乃花親方(元横綱)の花田光司氏(46)が19日、東京都千代田区のホテルで記者会見し「一般社団法人貴乃花道場」の設立を発表した。相撲道を通じた青少年の育成や、その精神を国内外に普及することなどを目的としている。
相撲の動きによる体の鍛え方や、礼節の重要性を伝えていく。花田氏は「裾野を広げる活動を以前からやりたかった。ここからまた新たなスタートをしていこうと思う」と抱負を語った。
20日にはイタリアへ出発して活動を開始。7月には米ニューヨーク州で講演を行う。また夏の参院選出馬や将来的な政界進出は改めて全面否定した。

元貴親方、貴景勝への期待語る 法人設立会見で激励の思い

右膝に負傷を抱えながら大相撲夏場所8日目に再出場した新大関貴景勝について、前師匠の元貴乃花親方(元横綱)の花田光司氏が19日、激励の思いを語った。東京都千代田区で行われた一般社団法人設立の記者会見で「直接教えることはできないが、土俵に上がって生きざまを今場所の残りの相撲でどれくらい見せてくれるかなという期待感がある」と話した。
花田氏は2001年夏場所で右膝に重傷を負いながら強行出場して、感動的な優勝を果たした。「平成の大横綱」は師匠として昨年10月の日本相撲協会退職まで貴景勝を厳しく鍛えた。「大関に上がってくれたのは何よりの喜び」と述べた。

スポニチより

貴乃花氏 再出場の元弟子・貴景勝に「生きざまをどれくらい見せてくれるか期待」

元横綱で元貴乃花親方の貴乃花光司氏(46)が18日、東京都千代田区の帝国ホテルで一般社団法人貴乃花道場の設立会見を行った。一部で噂されている政界進出について「全くございません。今後もありません」とあらためて否定した。
また、右膝のケガで5日目から夏場所を休場していた元弟子の大関・貴景勝が、きょう8日目から再出場することになった。「(貴景勝が)大関に上がってくれたのは何よりの喜びでした。きょうから再出場するということで、直接教えることはできませんが、土俵に上がって、(力士としての)生きざまを今場所の残り相撲でどれくらい見せてくれるかなという期待感と、まだ上(横綱)があるので、そこを目指してほしいという気持ちでいます」と話していた。

daily-sportsより

貴乃花氏、再出場の貴景勝へエール 生き様を「どれだけ教えてくれるか」

大相撲の元横綱で、昨年10月に日本相撲協会を退職した貴乃花光司氏が19日、都内のホテルで、「一般社団法人貴乃花道場」についての記者会見を開いた。相撲協会在職時の弟子である大関貴景勝について、8日目のこの日から再出場するが、「生き様を今場所残りの相撲でどれだけ教えてくれるか」と期待した。また、「まだ上がありますので」と横綱昇進にも期待した。
退職し、しばらくの期間が過ぎた中、今の角界をどう見ているか、という質問に、「貴景勝が大関に上がってくれたっていうことが、私の何よりの喜びで、今日からまた再出場するものですから」と語った。
自身が協会を退職していることから、「直接は教えることができないんですけれども、生き様(ざま)というか、生きようを今場所残りの相撲でどれだけ教えてくれるかという期待感と、まだ上がありますので、目指してほしい」と願った。

nikkansports.comより

貴乃花氏、再出場の貴景勝に「生きざまを見せて」

元貴乃花親方(元横綱)の貴乃花光司氏(46)が19日、かつての弟子大関貴景勝への思いを語った。この日、都内のホテルで一般社団法人「貴乃花道場」の設立を発表。会見の中で、現在の相撲界について問われ、「弟子だった貴景勝が大関に上がったことが何よりの喜びです」と語った。
貴景勝は夏場所で5日目から負傷休場していたが、今日の8日目から再出場する。貴乃花氏は、このことにも自ら触れ「今場所の残りの相撲で、自分の生きざまを見せてほしいです」とエールを送った。

貴乃花氏「相撲の裾野広げて」道場設立で独自の道

元貴乃花親方(元横綱)の貴乃花光司氏(46)が19日、都内のホテルで一般社団法人「貴乃花道場」の設立を発表した。
お子さんだけでなく、大人にも、世界各地に足を運んで、日本の伝統文化を伝えていきたいと思います」
設立の目的は、自身が長く関わってきた相撲の裾野を広げていくこと。「道場」としながらも、拠点を持つことはせず、国内外に出向いて、相撲教室やイベントを開く形になるという。既に具体的なスケジュールを決まり始め、20日からはイタリア、7月にはニューヨークを訪問する。
「イタリアでは現地に住んでおられる日本人の方々に、ニューヨークでは大学の予備校生の方々にお話をすることになっています。国内では奄美大島に行きます。土俵のあるところ、土俵を作りたいところに出向きたいです」
平成時代は、前半を力士、後半を親方として活動してきた。日本相撲協会を離れた今、「部屋」を持つことはできないが、相撲に恩返ししたい気持ちは強い。昭和の名横綱双葉山は、二枚鑑札で現役時代から「双葉山相撲道場」を開いて力士を育成、大横綱の大鵬は、自身の部屋を「大鵬道場」と銘打った。現在、協会員ではない元貴乃花氏に弟子はいないが、一般社団法人を設立して相撲普及に務める独自の形を選択。それでも、「私が触れ合っていく中で、相撲に興味を持ち、力士になってくれる子供たちが出てきてくれたら、何よりもうれしいことです」と話した。
この日は、貴乃花氏が力士、親方時代からの支えてきた約500人を集めたパーティー「貴乃花御縁会」を開催。「貴乃花道場」設立の会見には、道場の理事長に就任したユネスコ第8代事務局長の松浦晃一郎氏、監事で元日本相撲協会外部役員の神山敏夫氏も出席した。【柳田通斉】

スポーツ報知より

山下泰裕氏が元貴乃花親方の門出にエール
「新生・貴乃花親方の成功を祈ってます」


元貴乃花親方が「一般社団法人 貴乃花道場」発足させ、新たな門出を祝うパーティーが都内ホテルで行われ、会費1万円のパーティには現役時代からの支援者ら520人が出席する大盛況ぶりだった。発起人に名を連ねた元2020年東京五輪・パラリンピック担当大臣の遠藤利明・衆院議員、小渕優子・衆院議員ら政財界の著名人も参加。発起人の一人で乾杯の音頭を務めたという山下泰裕・全日本柔道連盟会長が取材に応じ、元貴乃花親方の活動や印象について「会ったのは今日で3回目。
無口なイメージがあったが、おしゃべりで、かなり違ってた。予想通りだったのが、真面目でひたむきだったということ。いろいろなことを良く勉強されていた」と語った。
発起人となった理由としては「いち人間として。過去の名声だけにとらわれない、そういう人柄にひかれたからです。新生・貴乃花親方の第二の人生の成功を心から祈ってます」とエールを送っていた。

汝(なんじ)の中に我(われ)がいる限り、常に我の心は汝と共にある。
(『07 GHOST』)

決心して断行すれば、何ものもそれを妨げることはできない。
大事なことを思い切って行おうとすれば、
まずできるかできないかということを忘れなさい。

(吉田松陰)

天下の英才はきっと僕の元から育つ
(吉田松陰)

いい師匠に出会うには、いい弟子でなくてはならない。
そしていい弟子は、いつかいい師匠になる

(味いちもんめ)

覚馬に伝えよ!何かを始めようとすれば、
何もしないやつらが必ず邪魔をする。
蹴散らして前へ進め!!

(大河「八重の桜」佐久間象山)

失敗する社長は、自分が走った記録を自慢するマラソンランナータイプ。
成功する社長は、たすきを継いだ選手と、選んだ自分の眼
を自慢する駅伝監督タイプ

(ドラゴン桜)

指導者にとっての本当の楽しみは、自分が教えた選手の
成長するプロセスを見守ることではないか。

(落合博満さん)

師とは なんと深く弟子を愛することのできるものなのでしょう…! 
(エースをねらえ 竜崎麗華)

>(貴景勝が)大関に上がってくれたのは何よりの喜びでした。
>きょうから再出場するということで、直接教えることはできませんが、
>土俵に上がって、(力士としての)生きざまを今場所の残り相撲で
>どれくらい見せてくれるかなという期待感と、まだ上(横綱)が
>あるので、そこを目指してほしいという気持ちでいます


「直接教えることはできませんが」かぁ・・寂しい・・。
切なくなるし聞きたくない言葉だ。
「生き様をみせて」とは、やはりおっしゃいましたね。

この会の席で愛弟子・貴景勝関についてしゃべった、触れたのね
誰かが聞いてくれたんだぁ・・って思っていた。
じっくり、記事見ると
記者が質問したことの「貴乃花さんの答え」とがかみ合ってない。
日刊だと「現在の相撲界について問われ」とあるし
デイリーだと「今の角界をどう見てるかという質問」とある。
記者が答えてほしい相撲協会のことを全く語らず触れもしない。
聞かれてもいない愛弟子・貴景勝関のことを訥々と語ってる。
ということは・・
ここでしゃべる言葉が、貴景勝関に伝わることを想定して発言??
記者会見しつつ師弟で言葉のキャッチボール!?!?
貴乃花さんは弟子への言葉に意味を込めるそうなので・・。
貴乃花さんが投げましたよ。ボールを受けた貴景勝関はさてどんな
風に言葉の奥にあるメッセージを解くんだろうねぇ。
普通に読めば、エールにとれるんだけど、師弟でしかわからない
なにかを言い含めているかもしれないしね。
なんだか、吉田松陰と高杉晋作みたいだ。

外野があれこれ、あーしろ、こーしろ、やれ、やめとけ等々
うるさく言ったとしてもたぶん響かないと思うのですよ。
貴景勝関には貴乃花さんからの言葉が一番の薬だと思う。
たとえ怒鳴られたとしてもね。

山下泰裕さんの応援って勇気出そうだし、力湧くよねぇ・・!!
なんか名前連ねてる人がすごいんだけど・・(;^_^A
まぁ重鎮さんたちが協力してくれないと
協会は目くじら立てて邪魔してくるかもしれないしね・・。
貴乃花さんがやろうとしていることは、彼らにすれば
余計な事するなになるんだろうからね。

(関連記事リンク)
「生きざまをみせて」元貴親方がかつての弟子・貴景勝にエールも
元貴乃花親方、政界進出改めて否定…道場発足会見で第二の人生へ抱負
貴乃花光司氏「貴乃花道場」立ち上げ 政界進出は「ない」






最終更新日  2019年05月20日 19時09分28秒
[etc(大相撲など)] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.