1450188 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Refreshing-wind-blows

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

バックナンバー

カテゴリ

ランキング市場

サイド自由欄





2019年07月21日
XML
カテゴリ:etc(大相撲など)


時事通信より

鶴竜、白鵬破りV6=阿炎勝ち越し、遠藤10勝

大相撲名古屋場所千秋楽(21日、愛知・ドルフィンズアリーナ)
鶴竜が結びの一番で1差で追っていた白鵬をもろ差しからの寄り切りで破って14勝1敗とし、7場所ぶり6度目の優勝を果たした。新小結の阿炎は注文相撲で琴奨菊を退けて勝ち越した。西前頭2枚目の遠藤は北勝富士を寄り切って10勝目を挙げ、秋場所での三役復帰を有力にした。

鶴竜、このまま終われぬ=奮起の賜杯奪還

昭和以降初めて4大関が不在となった場所を締めたのは東正位の横綱だった。鶴竜は腰に不安を抱え、ぶっつけ本番で臨みながら7場所ぶりに賜杯を奪還。綱の威厳を久々に示し「腐らずに自分と向き合い、諦めないでよかった」としみじみ語った。
場所前の稽古で腰痛を発症し、初日までまわしをつけられないほどだった。取組後は治療に1時間ほどかける日々を「自分との闘いだった」と振り返る。そんな中、患部に負担を掛けないために土俵上では前へ出る意識を貫いた。優勝を決めた白鵬との一番でも下がらずに、巻き替えの応酬から最後は2本差して寄り切った。
今場所で歴代10位に並ぶ横綱在位32場所に到達したが、「休場が多いので、恥ずかしい話」と胸を張れない。優勝に縁がなかった名古屋は、右の足首や肘のけがでここ3年は皆勤すら果たせず、「このままじゃ終われない」との強い思いもあった。
この1年は御嶽海や貴景勝、朝乃山といった若手が初賜杯を手にするなど、世代交代の波も押し寄せてきた。来月10日に34歳となる鶴竜は「まだ負けないぞ、という気持ちを持っていきたい」。自らを鼓舞するように言い、誓いを新たにした。

友風が殊勲賞

大相撲名古屋場所の三賞選考委員会が千秋楽の21日に開かれ、13日目に鶴竜に土をつけた友風が殊勲賞を手にした。敢闘賞は12勝を挙げた照強。遠藤と関取最軽量の炎鵬が技能賞を獲得した。かっこ内は受賞回数。
▽殊勲賞 友風(初)
▽敢闘賞 照強(初)
▽技能賞 遠藤(3)炎鵬(初)

スポニチより

白鵬 逆転Vならず「右腕の筋肉が断裂していたことを
みなさん忘れているかもしれませんが…」


横綱・白鵬の逆転Vはならなかった。千秋楽の一番は鶴竜と巻き返しの応酬となったが、相手の素早いに動きにもろ差しを許し、反撃も及ばず土俵を割った。
「精いっぱい取りました。まさかあそこでもう一回(巻き返しに)くるとは思わなかった。相手が重かった。おめでとうございます」と振り返った。
通算42回目の優勝を飾った春場所千秋楽に右腕を負傷し、翌夏場所は状態が戻らず右上腕二頭筋断裂の診断書を提出して休場した。今場所の途中まではその影響を感じさせない取口で、優勝争いを引っ張った。だが本人には、少なからず不安があったようだ。「右腕の筋肉が断裂していたことをみなさん忘れているかもしれませんが、6月までは違和感があり、不安な気持ちが強かった。ここまで戦った自分をほめたい」と準Vの結果に一定の満足感をにじませた。

nikkansports.comより

友風が殊勲賞「母に何かプレゼントしたい」金星評価

友風(24=尾車)は今場所を白星で締められなかったが、横綱鶴竜から奪った金星が評価され、初の殊勲賞を獲得した。
「いろんな運が重なって、いろんな経験ができた」としみじみ。三賞獲得の賞金は200万円。使い道は「母に何かプレゼントしたいです、形に残るものを。あとは付け人連れてご飯に行きたい」。女手一つで育ててくれた母奈美さん、15日間支えてくれた付け人に恩返しするつもりだ。

遠藤3度目技能賞、7連勝フィニッシュで10勝到達

西前頭2枚目遠藤(28=追手風)が昨年春場所以来3度目の技能賞を手にした。この日は北勝富士の圧力を土俵際で何度もこらえ、寄り切った。7連勝フィニッシュで初場所以来の10勝だ。
「うれしいです。しっかり1日1番を集中してやりきれたかなと思います。(10勝は)そんなに考えていなかったので、良かったです」。故郷・金沢に近い名古屋での15日間を終えて「いい報告ができます」と喜んだ。秋場所の躍進も期待できそうだ。

遠藤「集中して挑めた」秋場所の三役復帰が有力に

遠藤は泥臭い相撲で白星を2桁に伸ばした。北勝富士の突き落としに辛うじて残り、土俵際のハズ押しにも耐えた。粘りに粘って最後は右差し、左おっつけで直進。「相撲だけに集中して挑めたことが良かった」とうなずいた。
3度目の技能賞を獲得し、秋場所では8場所ぶりの三役復帰が有力。三賞選考委員会では審判部長代理の境川親方(元小結両国)から「四つ身のうまさが際立った」と評価された。

御嶽海「またか」大関へ「最低10勝」届かず悔い

関脇御嶽海(26=出羽海)が、歴代単独2位の三役連続在位15場所目を白星で締めくくった。平幕の志摩ノ海を一方的に押し出した。
幕2場所目で初の三役戦となった相手を「緊張したでしょうね。僕もありましたから」と気遣う一方、9勝で終わったことを問われると「またかって感じです。せめてあと1勝でした。力がないなと思いました」と言い「悔しいですね」とこぼした。
自他共に認める大関候補なのに三役での2桁白星は、初優勝した昨年名古屋の1場所だけだ。今場所を大関取りの足がかりにするために「最低10勝」が欲しかった。インパクトを考えて「横綱からの白星」も欲しかったのに、2横綱に連敗したことも痛い。「(現状に)物足りなくなっていて、自分より番付が下の人に負けないこと。そこが一番重要ですが…」と悔いた。
三役連続在位歴代1位の19場所(元関脇若の里が記録)は射程圏内とはいえ、到達すれば、それは大関昇進を逃した“不名誉”とも言える。「前に出る力はついてきたと思う。勝ってる相撲は前に出てる。でも、結果がほしい」。安定感は実証済み。御嶽海は現状打破を狙い、秋場所を見つめていく。

スポーツ報知より

八角理事長「大関の休場は大変遺憾」…名古屋場所千秋楽あいさつ

大相撲名古屋場所は21日、ドルフィンズアリーナで千秋楽を迎え、日本相撲協会・八角理事長(元横綱・北勝海)が、横綱・白鵬(宮城野)ら三役力士と土俵に上がり、協会あいさつを行った。
大関・高安が左肘関節内側側副じん帯断裂約で11日目から休場し、既に貴景勝、栃ノ心、豪栄道と昭和以降で初の4大関が不在の緊急事態となった今場所。
八角理事長は「大関の休場は大変遺憾ではございますが」としながら「各力士が持てる力を存分に発揮し、皆様のご期待にお答えできたものと存じます」と述べた。

手抜きをして存在できるものが成立することがおかしい。
(イチローさん)

神様は楽をしている人、楽をしていい結果を残そうと
している人、投げやりになっている人には、
最終的には微笑まないと思います。

(松井秀喜さん)

人柄を知りたかったら、同等の者より、
目下の物をその人がどう扱うかを見るとよい。

(シリウスブラック)

賢い人は、自分の過ちを忠告されると、
反省してあらためるが、愚かな者は、
自分の過ちを指摘されると、
あらためるどころか、
かえって過ちを重ねるものである

(ブッダ)

自信、それは賢明な人の食事だが、愚か者の酒である
(ヴィクラム)

どんなに苦しい試合でも焦らないために
いま苦しみなさい。追い込まれた経験がない者は
決して強くはならないわ

(ちはやふる)

理想的な成績の伸ばし方は、
壁にちょこちょこあたってその都度、
乗り越えていくこと。右肩上がり一辺倒でいくと、
ちょっとしたつまずきで急降下する危険が多い

(ドラゴン桜)

過去は終わってしまった、未来はまだこれから
どうにでもなる。だから大事なのは現在だ

(ブロークン・フラワーズ)

あの日悔しくて良かったっていつか笑って言いたい
(ちはやふる)

精神的なスランプからは、なかなか抜け出すことができない。
根本的な原因は、食事や睡眠のような基本的なことにあるのに、
それ以外のところから原因を探してしまうんだ。

(落合博満さん)

>大関の休場は大変遺憾ではございますが

は?何が「大変遺憾」なの?
貴景勝関は膝、栃ノ心関は重傷。高安関が肘で豪栄道関が肩か。
どうしてこんなにケガが多いのか、対策考えてくれてますか?

>右腕の筋肉が断裂していたことをみなさん
>忘れているかもしれませんが


なんか言い訳してるぞ?みっともなーい(;^_^A
優勝できなかったのは故障のせいですってことですか?

「最多勝利 1048勝達成」ってシャツもなんだかな・・(;^_^A

失敗する社長は、自分が走った記録を自慢する
マラソンランナータイプ。
成功する社長は、たすきを継いだ選手と、
選んだ自分の眼を自慢する駅伝監督タイプ。

(ドラゴン桜)

記録を見せびらかすシャツのほうは日曜日の朝に出てる某解説者みたいだ。
イチローさんに日米通算でとっくに抜かれているんですけど、
俺は「日本単独で3000本だ」と言ってるあのかたです。
2000本安打打ったほかのかたたちは自分の記録自慢したりしないのに。

結びのあの二人の取組は土俵中央に寄ってきて縺れ合った。
まさにモ〇ゴ〇ダ〇スだよなーのもやもや感満載でしたが
妙義龍関との取り組みのことを思うと、
白鵬関じゃなくて鶴竜関が優勝だったからまぁいいな。。

私は、遠藤関のしぶとい相撲を見られただけでもうおなか一杯♪
大型の力士が増えて土俵の狭さを感じていたが
土俵の中を動き回って、俵をうまく使って最後は勝つ・・と。
遠藤関の技能賞は納得です♬
(でも炎鵬関の受賞はちがう。照強関ならまぁわかる)
遠藤関~二けたおめでとうございます。
たくさんの力士さんたちが肘や手や膝に白いものをぐるぐるまきに
しているのに、遠藤関はなし。だから美しい♬
(それは貴ノ富士関、隆の勝関、水戸龍関もそうでしたね♪)

貴ノ富士関が11勝♬がんばりましたね~。
英乃海関を外掛けでやぶったのですが、上に乗っかる形になった。
自分の体重が相手にかからないように気を使いつつ立ち上がったのち
英乃海関が立ち上がる手助けもしていて。なんかふんわりした気持ちになった。
師・貴乃花さんに見えてきた。似てきたよ。

弟・貴源治関。故障があったようで途中から思うような結果が
出せなくなったみたいなんだが、千秋楽まで務め切りました。
新入幕の場所が4勝11敗は、師・貴乃花さんと同じだったりする。
はねかえされても強くなれ~♬ 
あのとき、苦しかったなぁーって笑って言えますように(願)

貴景勝関、故障の回復度はどんな感じなんだろうなぁー。
その姿が見えないとやっぱり物足りないです。
御嶽海関は「貴」にめらめらするタイプ?ぽいんで、
貴ついんずとの対戦も見てみたいなぁ・・いつになるかな。
個人的には、貴ノ富士関と対戦が見たいもんだね。

追記。
7/22。千賀ノ浦さんが「突然」意味深なツイートしてましたね。
自身がやましくないのであれば、堂々としてればいいのに。
反論しなければならない何かがあったんでしょうかね。
雑誌かなぁ・・。

「つねに弟子のことを考えて支えてくれています」
「それが真実です」
「自分の十倍も二十倍も働いている女将」
「感謝しています」

「弟子のことを考えて」「支えて」いるということを
「常に」「第一に」と強調してるけど、あえて言わなければならない??
いくつか羅列した後に
「真実です!」の念押しが気になるしね。

このあと、気になったのが。
「これから」も「二人」で「守って」いきます。
相撲部屋でしょ?弟子が居るんだが
「これから」も「部屋」を「みんな」で「盛り立てて」いきます。
じゃないなぁ。
なんだか穏やかじゃないね。部屋は大丈夫?
なぜだか、とても必死な感じのする言葉の羅列されたツイだったし
それも唐突につぶやいてみたり・・。何なんだろね。






最終更新日  2019年07月24日 07時45分05秒
[etc(大相撲など)] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.