1506158 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Refreshing-wind-blows

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Archives

Category

Rakuten Ranking

Free Space





2020.02.24
XML
カテゴリ:大相撲など


共同通信より

朝乃山、東関脇で大関とり 春場所番付、琴ノ若が新入幕

日本相撲協会は24日、大相撲春場所(3月8日初日・エディオンアリーナ大阪)の新番付を発表し、2場所連続東関脇の朝乃山が大関昇進を懸ける。昇進には直近3場所計33勝が目安の一つで、2場所前に11勝、先場所に10勝を挙げている。初場所途中休場の両横綱は白鵬が東、鶴竜が西で変わらなかった。東大関の貴景勝は1982年初場所の琴風以来38年ぶりにただ一人の大関となった。大関空位の場合は原則的に横綱が大関を兼ねるため、西の鶴竜は「横綱大関」と記載された。
琴ノ若が新入幕を果たし、父で師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)との史上9組目の親子幕内が誕生した。。

nikkansports.comより

春場所は貴景勝が82年琴風以来の一人大関

日本相撲協会は24日、大相撲春場所(3月8日初日、エディオンアリーナ大阪)の新番付を発表した。
横綱は先場所同様、東が2場所ぶり44回目の優勝を狙う白鵬(34=宮城野)、西が鶴竜(34=陸奥)で4場所ぶり7回目の優勝を目指す。ともに先場所は途中休場しており再起の場所となる。
初場所でかど番だった大関豪栄道(現武隈親方)が引退したため、春場所は貴景勝の一人大関となった。これに伴い西横綱の鶴竜が大関を兼ねる「横綱大関」として38年ぶりに番付に記載された。一人大関は82年初場所の琴風以来で、当時は北の湖が「横綱大関」と併記された。横綱が力士の最高位となった1909年(明42)以前は大関が最高位。平幕の成績優秀力士から補うことのできる小結、関脇と違い、大関は昇進条件があるため、不在の場合は横綱が大関を兼ねることとなっている。

時事通信より

貴景勝、38年ぶり一人大関 幕尻V徳勝龍は西2枚目

日本相撲協会は24日、大相撲春場所(3月8日初日、エディオンアリーナ大阪)の新番付を発表し、東大関の貴景勝が1982年初場所の琴風以来の一人大関となった。
西大関が不在のため、西横綱鶴竜は番付表に「横綱大関」と記載された。かつて最高位だった大関は番付に欠かせないとされた時代の名残で、同場所以来の扱いとなった。東横綱は白鵬で変わらず。関脇は大関昇進を狙う朝乃山が東を守り、西に就いた正代は18場所ぶりの三役復帰を果たした。北勝富士と遠藤が再小結となり、初場所で幕尻優勝した徳勝龍が自己最高の西前頭2枚目に浮上した。琴ノ若が新入幕。父は師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)で、史上9組目の親子幕内が誕生した。錦木、大奄美が幕内に復帰した。新十両は翠富士で、静岡県からは2013年春場所の栃飛龍以来。再十両は若元春、白鷹山、千代の海、明瀬山の4人。

琴ノ若「少しは親孝行」

春場所で新入幕を果たした琴ノ若が24日、大阪府松原市の佐渡ケ嶽部屋宿舎で会見し、「喜びが大きい。最低でも勝ち越し、三賞を狙っていきたい」と抱負を述べた。
母方の祖父は元横綱琴桜。父は師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)で史上9組目の親子幕内となり、「少しは親孝行できたが、これからが勝負」と口元を引き締めた。会見に同席した師匠は「自分が幕内に上がった時のような気持ち」と頬を緩ませ、「立ち合いの厳しさが必要。それプラス、攻める相撲が取れればもっと上にいける」。課題を挙げつつ、期待を寄せた。

徳勝龍「余韻に浸らず」 幕尻優勝で自己最高位

初場所で20年ぶりの幕尻優勝を果たした徳勝龍が24日、大阪府吹田市の木瀬部屋宿舎で記者会見し、春場所に向けて「優勝できて少し自信になったが余韻に浸ってはいけない。切り替えて、もう一回しっかりやりたい」と抱負を語った。西前頭17枚目から、一気に自己最高位の西前頭2枚目に。しこ名が載った新しい番付表を手にし、「思っていたよりも、ちょっと上がっていた。本当に気が引き締まった」と口元を結んだ。奈良県出身で準ご当所となる春場所は、上位陣と総当たりする。「自分ができることしかできない。変わることなくやっていきたい」。冷静に足元を見詰め、挑戦者として臨む。

朝乃山、大関へ強い意欲 「第二の故郷」で挑戦

春場所に大関昇進を懸ける関脇朝乃山が24日、大阪市中央区の高砂部屋宿舎で会見し、「プロに入ってからの夢だった。チャンスを物にしたい」と強い意欲を語った。
初場所は10勝で昇進への足場を固めたが、立ち合いで押し込まれる場面が多かったことを師匠の高砂親方(元大関朝潮)から指摘された。勝負の場所に向け、「厳しい立ち合いをすることが大事。しっかりと自分の右四つを磨いていきたい」と課題を挙げる。出稽古にも積極的な姿勢を示している。近大出身で「大阪は第二の故郷。お客さんの期待に応えたい」と気合が入る。同じ近大出の師匠が大関昇進を決めたのは1983年春場所。高砂親方は自身の経験を振り返り、「序盤戦が大事になる。プレッシャーを自分の力に変えられれば朝乃山に風が吹いてくれる」と期待した。

一生懸命頑張っていると、いろんな人がいろんな
チャンスをくれます。でも、一生懸命頑張らない人には、
何もチャンスは来ません。

(有森裕子さん)

自分の信じること、こうだと思うことに、
わき目もふらず突き進むだけだ。

(岡本太郎さん)

理想的な成績の伸ばし方は、
壁にちょこちょこあたってその都度、
乗り越えていくこと。右肩上がり一辺倒でいくと、
ちょっとしたつまずきで急降下する危険が多い

(ドラゴン桜)

受け身にならず攻める気持ちを忘れずに。
(田中将大さん)

自分のできることをとことんやってきたという
意識があるかないか。それを実践してきた自分が
いること、継続できたこと、そこに誇りを持つべきだ。

(イチローさん)

勝負には、周到な準備と戦いに向かう気構えが必要!
(ドラゴン桜)

正々堂々と勝負し、そして勝て。恥ずかしくない戦い方
をしろ。あの男に笑われないような、誇りある戦いを。

(大河「新撰組!」近藤勇)

番付見ました。徳勝龍関が一気に上げたねぇ・・(^^ゞ
関脇(西)には正代関で前頭三枚目に豊山関(東)。
豊山関は先場所、前頭九枚目で11勝(4敗)で六枚↑。
御嶽海関が負け越して一枚↓で同じ前頭三枚目ね。
なんか一気に並んじゃったなぁの感じがあって、勝ち星確認してしまった。

遠藤関が小結復帰したんだけど、逆に大栄翔関が前頭筆頭に↓。
二人が入れ替わったかぁ・・。

新十両の翠富士関は、貴景勝関(阿武咲関も)と同い年なのね。
高校時代に対戦があるそうなので。今場所は注目をしてみます。

(関連記事リンク)
22歳・琴ノ若、親子幕内「親孝行できた」
琴ノ若が新入幕 史上9組目の親子幕内 祖父は元横綱・琴桜…親子3代で!
琴ノ若、9組目親子幕内「三賞狙う」
琴ノ若22歳 史上9組目の父子幕内誕生!
デビューから4年“幕尻”前頭18枚目から土俵沸かす


徳勝龍「負けまくる」幕尻から自己最高位前頭2枚目
徳勝龍、幕尻Vのお願い「阪神始球式」オファー来た…春場所4日前、実現できる!?
徳勝龍、熱望の阪神“補球式”オファーも断念? 本場所直前「無理でしょう」
徳勝龍、幕尻から西前頭2枚目!稽古優先で甲子園阪神OP戦始球式“断念”
先場所幕尻優勝の徳勝龍 自己最高位・西前頭2枚目へジャンプ
「常に上を目指すと決めた」


朝乃山、いざ大関とり!新型コロナに注意も土俵集中
朝乃山 いざ大関獲り「プロに入ってからの夢…自分の相撲取り切る」
朝乃山 師匠から大ちゃん節で猛ゲキ「風を吹かすんだ」 大関昇進ノルマ12勝 
朝乃山、大関取り「勝負」目安12勝どころか2度目のV視野

38年ぶり!「1人大関」貴景勝、「横綱大関」鶴竜…「貴重な番付になる」
鶴竜、38年ぶりの「横綱大関」
鶴竜、38年ぶり「横綱大関」






Last updated  2020.02.25 19:33:50



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.