1547213 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Refreshing-wind-blows

PR

Recent Posts

Category

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

2020.05.26
XML
カテゴリ:Paciffic-league


共同通信より

ロッテ佐々木朗希最速160キロ シート打撃に初登板

ロッテのドラフト1位新人の佐々木朗希投手が26日、ZOZOマリンスタジアムで行われた練習で初めて実戦形式のシート打撃に登板し、160キロを2度記録した。打者3人と対戦し、菅野に本塁打を浴びたものの、藤岡と福田光は空振り三振に仕留めた。オンライン取材で「指にかかっていい球が行ったと思う」と手応えを示した。2ボール1ストライクから菅野に右中間へ一発を許すと「さらに集中力が増した」。藤岡への初球で160キロをたたき出すと、143キロのフォークボールで追い込み、最後は160キロで空振り三振に。「今まで対戦した中で、おそらく一番レベルが高かった」と振り返った。

時事通信より

ロッテ・佐々木朗希「思うような球」 初の実戦練習で160キロ

ロッテのドラフト1位新人、佐々木朗希投手(岩手・大船渡高)が26日、プロ入り後初めて実戦形式のシート打撃に登板した。先頭の菅野剛士に本塁打を浴びたものの、その後の2人からは直球で空振り三振を奪った。11球を投げて直球はすべて155キロ以上で、160キロを2度マーク。オンライン取材に応じ、「自分の思うような球が投げられたし、変化球の精度も上がっている。決めにいったところはしっかり決められた」と手応えを語った。
吉井理人投手コーチは「実戦が初めての高卒ピッチャーと思えないくらい安定していて、スピードもコントロールもよかった」と評価を与えた。佐々木朗は今週末に予定されている紅白戦に投げ、6月2日以降の練習試合でも登板する予定。「自分の持っている力を出すことに集中して、全部がいい投球ではないと思うので、気持ちを切り替えながらやっていきたい」と先を見据えた。

nikkansports.comより

佐々木朗希も制限解除!出た160キロ310日ぶり

ロッテのドラフト1位、佐々木朗希投手(18)が26日、プロ入り後初めて160キロの直球を投げた。この日はZOZOマリンでシート打撃に登板。左打者3人と対戦した。藤岡裕大内野手(26)への初球と、空振り三振を奪った3球目で160キロをマークした。ドラフト5位、福田光輝内野手(22)からも、155キロ直球で空振り三振を奪った。菅野剛士外野手(27)には、157キロ直球を右中間スタンドに本塁打された。
大船渡(岩手)時代は、ピンチの場面などで160キロ近い直球を投げてきた。シート打撃後、オンライン取材に応じた佐々木朗は「今まで過去に対戦した打者の中で、おそらく一番レベルが高かったので、そういった面で気持ちが入りましたし、本塁打を打たれて、そこからさらに集中力が増したと思います」と、この日の160キロを振り返った。佐々木朗が160キロをマークしたのは、昨年7月21日の高校野球岩手大会4回戦・盛岡四戦の9回に投じて以来、310日ぶり。自己最速の163キロは、昨年4月6日に行われた高校日本代表候補1次合宿の紅白戦でマークしている。

西武中村、佐々木朗希の対策は…「小さく振ります」

西武中村剛也内野手が、ロッテ佐々木朗希との18歳差対決に対策を練った。今季、可能性がある160キロ右腕との対決に「楽しみですけど、ちょっと速いね。楽しみですけど、速いね」と打者として複雑な胸中を明かした。対策には「バットを短く持って小さく振ります」と陽動作戦を口にしつつも「当てにいって当たるもんじゃないし、まあ別に誰が相手でもやることは変わらないし、そういう性格なんで」と豪快なスイングで勝負する。

星の見えない日々を超えるたびに
互いに照らす意味を知るのでしょう
愛する人よ 親愛なる友よ 遠くまで響くはエール
星の見えない日々で迷うたびに 誰か照らす意味を知るのでしょう
愛する人よ 親愛なる友よ あなたこそがエール
愛する人や 親友(とも)と呼べる人に 出逢エール
愛する人よ 親愛なる友よ 星影に響くはエール

(星影のエール GReeeeN)

人がそれぞれ違うことは大切なことだということを、
子どもにぜひ教えてあげてください。

(ドロシー・ロー・ノルト)

双六は面白き遊びよのぅ・・。賽の目の出方一つで
駒の動きが変わる。
遅れを取っていた者でもよき目を出せば、
勝ち上がることができるのじゃから・・・

(大河「平清盛」 祇園女御)

佐々木君はもうシート打撃に登板なんだぁ・・。早っっ^_^;
160km/hですかぁ・・はぁぁ、すごいわねぇ。
試合で登板するのが見てみたいものですね。

で・・。盟友であるスワの奥川くん。
甲子園のときの故障残りがあって投げ始めが遅れ、ゆっくり段階を
踏んで投げているみたいだ。まずフリー打撃に登板するのが先よ!
シート打撃はまだまだ先かなー。
佐々木君のインパクトがすごいんで、奥川くんが焦るというよりかは
スワの首脳陣が焦りだし、急かしたりしなきゃいいけれど・・こわいわ。
高津さんが7月と言っているのだから、あまり煽らないで(願)

(関連記事リンク)
ロッテ・佐々木朗希、160キロ×2球 「緊急事態」全体解除いきなり“リミッター解除”
ロッテ・朗希、160キロよりも「空振りを取れたことに喜び」
ロッテ・ドラ1朗希、160キロ連発 初シート登板で1軍3人から2K
【ロッテ】ドラ1佐々木朗希、初シートで160キロを2度マーク…月末紅白戦に登板決定、
6.2からの対外試合で腕試し

佐々木朗希160キロ2度!フォークは146キロ

160km連発!開幕遅れでロッテ佐々木に「新人王」の可能性
ロッテ佐々木朗の160キロ剛速球は「千賀さんに近い」 初シート登板で対戦打者証言
「銃声が聞こえた笑」「マジ化け物!」ロッテ・佐々木朗希が初のシート打撃で
160キロを計測!ファン狂喜乱舞


槙原寛己氏 ロッテ・朗希「尻」が証明する“順調な成長”

朗希の157キロを右中間スタンドへ…ロッテの3年目・菅野剛士に脚光を
ロッテ・朗希160キロに先輩打者ビックリ!菅野「今まで見たことのない凄いボール」

5/28

共同通信より

日ハム中田、佐々木朗と対戦期待 160キロ「打席に立ちたい」

日本ハムの中田翔内野手が27日、ロッテのドラフト1位ルーキー佐々木朗希投手との対戦に期待した。千葉県鎌ケ谷市の球団施設での練習後、オンライン取材に応じ、佐々木朗がシート打撃で160キロをマークしたことに「本当にすごいこと。評判通りの選手だと思う。打席に立ってみたい気持ちはある」と興奮気味に語った。米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手とはチームメートだったために剛速球を体感できなかった。「目の前で翔平が投げるのを見ていたが、打席に立っていたわけではない。どれだけ速いのかなというわくわく感がある」と楽しみにしていた。

nikkansports.comより

日本ハム中田「評判通り」佐々木朗希との対戦熱望

日本ハム中田翔内野手が27日、千葉・鎌ケ谷でオンライン取材に応じ、ロッテのルーキー佐々木朗希投手との対戦を熱望した。26日のシート打撃で160キロを投じたことは耳に入れており、「やっぱり評判通りの選手だと思う。期待されて入ってきて、160キロを投げる。すごいことだと思うし、打席に立ってみたい」と話した。スラッガーとしての本能が、刺激された。「160キロってそうそう、出ない。目の前で(大谷)翔平が160キロを投げるのを見ていたけど、実際に160キロオーバーの球を投げているときに打席に立っていたわけではないので、打席で160キロという速さを見てみたい」。大谷がエンゼルスへ移籍する前はかなわなかった、160キロ右腕との対戦に思いをはせた。
ロッテとは6月2日からZOZOマリンで練習試合3連戦が組まれている。開幕前にも初対戦が実現する可能性もある。「どれだけ速いのかワクワク感もある」と気持ちも高ぶらせる。今春は打撃好調で自らの状態をギャル語で「レベチ」(レベルが違う)と表現してきた。「今までやっていたことを変えるつもりはない」と現状もいい手応えを残すだけに、平成と令和の怪物対決の解禁を楽しみに待ちながら、開幕へ向けても調整していく。

ほんとうの対決というのは、自分を相手にぶつけ、
相手も自分にぶつかってきて、お互いがそれによって、
活きることが対決なんだよ。

(岡本太郎さん)

(関連記事リンク)
日本ハム・中田 ロッテ・朗希との対戦熱望「打席に立って速さを見たい」






Last updated  2020.05.28 20:27:45
[Paciffic-league] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.