1431138 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Refreshing-wind-blows

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

バックナンバー

カテゴリ

ランキング市場

サイド自由欄





全1980件 (1980件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

Swallows

2019年06月16日
XML
カテゴリ:Swallows


時事通信より

ヤクルト、精彩なし

ヤクルトは精彩を欠いた。二回は無死満塁から1本が出ず無得点。1-4の五回の守りでは、四球の後に高橋のけん制悪送球で無死三塁。一、三塁から犠飛で1点失うと、代わった五十嵐も連続四死球で塁を埋め、犠飛と左翼青木の本塁悪送球で2失点。小川監督は「(五回は)無安打で3失点。負けるべくして負けた」と嘆いた。
2日に連敗を16で止めて … [続きを読む >>]





最終更新日  2019年06月17日 09時34分24秒
2019年06月09日
カテゴリ:Swallows


時事通信より

師弟がそろい踏み

ヤクルトの師弟コンビが鮮やかにそろい踏み。同点の六回無死一塁で村上はフォークを振り抜くと、走りださずに打球を見届けた。右翼席上段への16号2ラン。その後の2死満塁では青木が2点適時打で駄目を押した。
オフの自主練習などを一緒に行った間柄。19歳の村上はリーグトップの打点を48に伸ばし、「最高の結果ですごくうれしい。青木さんと一緒にお立 … [続きを読む >>]





最終更新日  2019年06月10日 12時54分38秒
2019年05月12日
カテゴリ:Swallows


時事通信より

窮地でも一丸で勝ち越し=ヤクルト、離脱者続出はね返す

窮地で一体になれる姿は、チームが持つ力の証しだろう。ヤクルトは打線が効率良く得点し、巨人3連戦で勝ち越した。「初戦を落としても、二つ取れたのは大きい」と雄平。言葉に実感がこもった。
見慣れないオーダーで始まった。上半身の違和感で前日に途中交代した山田哲、体調不良の青木が外れるなど、バレンティン … [続きを読む >>]





最終更新日  2019年05月13日 19時17分46秒
2019年05月11日
カテゴリ:Swallows


時事通信より

19歳の勢い、39歳の技巧=ヤクルト、前夜大敗の雪辱

主力の離脱が続くヤクルトを、若武者が奮い立たせている。19歳の村上が早くも10号を放った。四回1死から甘く浮いた直球を見逃さず、左翼席へ運ぶ先制ソロ。13本塁打でリーグトップに立つ巨人の坂本を追い、リーグ3位タイにつけた。
10代でシーズン2桁本塁打をマーク。「そこは意識していない。何とか勝とうと一丸でやってい … [続きを読む >>]





最終更新日  2019年05月12日 10時33分58秒
2019年05月04日
カテゴリ:Swallows


時事通信より

ヤクルトの高梨、中日に雪辱

ヤクルトの高梨が、今季2敗している中日に雪辱した。二回に同点とされたものの、その後のピンチで踏ん張った。1-1で迎えた五回の打席では初球に送りバントを確実に決めて好機を広げ、7点を奪ったこの回の猛攻につなげた。
大量援護を背に、96球で7回3失点。「何とか粘って投げられた。(中日に)3度負けるわけにはいかないと思い、気 … [続きを読む >>]





最終更新日  2019年05月05日 10時28分52秒
2019年05月03日
カテゴリ:Swallows


時事通信より

ヤクルトの小川、地元愛知で白星

ヤクルトの小川にとって、敵地ナゴヤドームでつかんだ白星は格別だった。愛知県出身の右腕は「地元で今季初勝利を挙げられてうれしい。まずは一つ勝ててよかった」と実感を込めた。
4月19日の中日戦は6回3失点にまとめたが、敗戦投手に。同じマウンドに立ったこの日は制球がさえ、少ない球数でアウトを重ねた。テンポのいい投球は打線の効 … [続きを読む >>]





最終更新日  2019年05月04日 10時47分58秒
2019年05月01日
カテゴリ:Swallows


時事通信より

ヤクルトの太田、令和最初の安打

プロ野球界で令和最初の快音を響かせたのは、ヤクルトの1番太田だった。一回、打ち急がず、球筋を見定めた後の5球目。午後2時1分に内角直球をきれいに中前へはじき返した。「うれしい。本塁打を狙おうと思っていたが、打席に入ったら忘れていた」と笑った。
昨年12月にトレードで日本ハムから加入した22歳。今季は攻守でチームに貢献し … [続きを読む >>]





最終更新日  2019年05月02日 09時28分26秒
2019年04月30日
カテゴリ:Swallows


時事通信より

試合決めた代打荒木

ヤクルトの荒木が試合を決めた。8-8の延長十回1死二塁で代打として登場。空振りした後の3球目の外角速球をきれいにはじき返すと、中越えの適時二塁打となった。「前の球で振り遅れたけど、すぐ修正できた。感触が良くて抜けると思った」と自賛した。
プロ10年目の31歳。この日はエスコバーを打ち、今季は左腕に対して21打数9安打とめっぽう … [続きを読む >>]





最終更新日  2019年05月01日 10時40分51秒
2019年04月29日
カテゴリ:Swallows


時事通信より

五十嵐、流れ呼んで4勝目

ヤクルトの五十嵐が今季4勝目を手にした。4回3失点で降板した先発石川の後を受け、同点の五回から救援。緩急を使い、2回を無安打無失点と好投した。「しっかり抑えれば、みんなが逆転してくれると信じていた」と振り返った通り、流れを呼び込んで五回に勝ち越し点が入った。
5月末に40歳となるベテランは、練習でも言葉や姿勢で場を … [続きを読む >>]





最終更新日  2019年04月30日 10時05分35秒
2019年04月28日
カテゴリ:Swallows


時事通信より

ヤクルトの高梨、念願の神宮初勝利

ヤクルトの高梨が、強い思いのあった神宮初勝利を手にした。切れのある直球にフォークを交えて6回無失点、8奪三振の好投。「一回から全力でいけた。テンポ良く攻められた」と自賛した。
山梨学院大では、明治神宮大会に出場できなかった。当時の監督は、巨人の9連覇に貢献した故高橋一三さん。投手のイロハを教わり、自宅で奥さんの手 … [続きを読む >>]





最終更新日  2019年04月29日 10時42分01秒
このブログでよく読まれている記事

全1980件 (1980件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.