より良い明日をめざして

フリーページ

2008年01月19日
XML
カテゴリ:政治問題
 国共内戦の果てに台湾に敗走した蒋介石は1975年に死去したが、本人の遺言で台湾には埋葬されてはいない。ところが、台湾の現政権は政治的な狙いから、台湾における蒋介石の業績を否定するような動きをするので、いやけがさした遺族が「遺体を大陸に戻したい」と発言して波紋を呼んでいる。12月25日の朝日新聞は、次のように報道している;


 【台北=野嶋剛】台湾の元総統、蒋介石、蒋経国親子の遺族が「遺体を中国・漸江(省)の故郷に戻したい」と発言し、波紋を呼んでいる。台湾では陳水扁(チェンショイピェン)政権の方針で「脱・蒋介石」の動きが進み、23日には蒋親子の遺体安置施設を一時閉鎖。現場に駆けつけた蒋経国の息子の妻、蒋方智恰さんがメディアに心情を吐露したものだ。

 安置施設は兵士が警備し、市民の参観も可能だったが、23日に撤兵し、参観もできなくなった。閉鎖は陳総統の指示とされる。国民党独裁を象徴する蒋家と与党民進党との対立をあおり、来年3月の総統選を有利に運ぼうという選挙戦略があるとの見方が有力だ。

 大陸から台湾に逃れた蒋介石は75年に、蒋経国は88年に死去。「中国統一後に大陸で埋葬せよ」との蒋介石の遺志で、遺体は台湾北部の桃園県に仮安置された。だが統一困難な状況になり、遺族は台湾での埋葬に同意。05年には墓所も完成した。

 しかし、蒋介石に由来する施設名の相次ぐ変更など、蒋家の業績を否定する陳政権の動きに遺族が不快感を抱き、埋葬問題も宙に浮いていた。

 陳総統は墓所建設に約3千万台湾ドル(約1億円)を費やしたことなどを挙げて「台湾を馬鹿にするな」と厳しく反論。蒋家出身で立法委員(国会議員)の蒋孝厳氏は「この時期に(遺体の)大陸移送の議論は不適当だ」と遺族をいさめたが、埋葬問題を台湾メディアは大々的に取り上げ、陳総統の狙いが的中した形だ。


2007年12月25日 朝日新聞朝刊 14版 4ページ「蒋介石親子の遺体『大陸に戻したい』遺族の発言、台湾に波紋」から引用

 台湾の問題は複雑である。古代から台湾に住む人々は9つの少数民族で、それぞれに言語が異なり生活習慣も違う。そこに数百年前の一時期、大陸からまとまった数の漢民族が移住してきて、今では彼らが自らを正当な台湾人であると称している。さらに国共内戦で大陸から蒋介石とともに渡ってきた中国人がおり、彼らは民族としては同じ漢民族のはずだが、正統派台湾人とは微妙に区別されているらしい。
 蒋介石は「中国統一後に大陸に埋葬せよ」と遺言したそうだが、統一の夢は破れたにしても、故郷に埋葬してあげるのが人情というものではないか。
 陳水扁氏の「台湾を馬鹿にするな」という発言が、この問題の複雑さを象徴している。








最終更新日  2008年01月19日 15時38分39秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


佐原

お気に入りブログ

『文字渦』3 New! Mドングリさん

JAL 世界の美女カレ… New! maki5417さん

銚子電鉄、菓子「ま… 背番号のないエース0829さん

マンハッタンで考え… ひまわり娘!さん
外資系経理マンのペ… 呉雅力さん

コメント新着

 捨てハン.@ログアウト@ 開示の重要性なら解釈の余地もあろうがなぁ。 New! どう解釈しても『文言通りにしか解釈でき…
 そーにゃ@ Re:加害の歴史、向き合わず(21日の日記)(10/21) New! >だが、こうした主張を「正義に反する」…
 ナナシィ1190@酔っ払い@ ほほう New! 日韓条約の説得力がゼロな根拠を出してみ…
 maki5417@ Re:加害の歴史、向き合わず(21日の日記)(10/21) New! さすがに他のネット右翼は沈黙のようです…
 ナナシィ1190@ つづき。 New! >つまり、日本の軍隊は兵隊に戦闘させる…

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.