より良い明日をめざして

フリーページ

2020年01月16日
XML
テーマ:ニュース(83149)
カテゴリ:ニュース
一昨日、昨日と引用してきた新井田十喜氏の記事は、その後半で2015年の「日韓合意」を取り上げて、どのような問題を含んだ「合意」だったのか、国際社会の評価はどうたったのか、詳細な検討を行なっている;


◆4、「日韓合意」という詭弁

 年の瀬も押し迫った2015年12月28日、日韓両外相が緊急共同記者会見の場で突如発表した日本軍「慰安婦」問題に関する「合意」(「日韓合意」)は、両国の世論に強い衝撃をもって迎えられました。具体的な内容は次のとおりです。

(1)日本政府は「当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた」責任を痛感し、安倍晋三首相は「心からお詫びと反省の気持ち」を表明する(太字強調筆者)。
(2)韓国政府が設立する財団に日本政府の予算で10億円を拠出し、すべての元「慰安婦」の「名誉と尊厳の回復、心の傷の雍しのための事業」を行う。
(3)日韓両政府は(1)(2)の措置を前提に、「慰安婦」問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認」し、「今後、国連等国際社会でこの問題について非難・批判することは控える」。

 「日韓合意」の発表に続き、韓国の尹炳世外交部長官(外相)は、民間団体が設置した在韓日本人使館前の「平和の少女像」の撤去や移転等に関して「適切に解決されるよう努力する」と表明しました。日本ではこの表明を含めて「合意」だと受け止める向きもありますが、「合意」はあくまでも(1)(2)(3)の内容にとどまるものです。安倍首相は「合意」の記者発表を受けて、「最終的、不可逆的な解決を70年の節目にすることができた。子や孫、その先の世代に謝罪し続ける宿命を負わせるわけにはいかない」と「70年談話」で示された認識を繰り返しました。

◇[過去の「アジア女性基金」、「河野談話」との比較からみる「日韓合意」の問題性]

 「日韓合意」は、発表直後の日本メディアの評価はきわめて高く、そこで取り上げられる世論も好意的な反応が大勢を占めていました。しかし、韓国内では、とりわけ被害者への聞き取りや事前の相談等は一切されなかった点、つまり被害者の声を無視した政治的妥結として秘密裏に遂行されたという事実が問題視され、被害者と支援者を中心に反対運動が展開し、やがて世論も彼女たちの声に耳を傾けるかたちで批判に傾き、最終的には朴種恵政権が崩壊するひとつの要因となりました。

 「日韓合意」は他にも多くの致命的欠陥をはらんでいますが、それらを列挙すると以下のとおりです。

(1)文書として作成されていない。

 つまり、公式文書がない「口頭約束」にすぎず、外交文書としては極めて効力の低いものです。それはつまり民主主義国家であれば、政権交代後変更されることが容易に想定される類のものなのです。

(2)「慰安婦」の強制性を否定した閣議決定の維持を表明したこと。

 安倍首相は「合意」後に、2007年の閣議決定に変更はない、と答弁をしましたが、当該閣議決定は、「河野談話」発表までに「政府が発見した資料の中には、軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示すような記述も見当たらなかったところである」という内容のものです。しかし、それ自体が実は破たんした見解であり、「河野談話」の作成過程では、例えばオランダ領東インド(現インドネシア)のスマランで強制的に連行したオランダ人女性を「慰安婦」としたスマラン事件(BC級戦犯裁判『バタビア臨時軍法会議』で軍人7名と「慰安所」経営者4名が有罪判決を受けたもの)のケース等が参照されていたことがわかっています。

(3)性奴隷制度であったこと、奴隷状態に置かれていたことの否定。

 安倍首相は「合意」後に参議院予算委員会において「性奴隷制という事実はない」と断定(16年1月18日)し、岸田文雄外相も性奴隷という言葉は「事実に反するものであり、使用すべきではない」と答弁しました。そうであるのならば、「合意」で述べた「多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた」や、「慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われた」という認定は一体何を認めたことになるのでしょうか。

 安倍首相らは、(狭義の-車隊・官憲が家に押し入り暴行をもちいながら無理矢理ひっぱっていくなど、物理的暴力が伴うもの-)「強制連行」でなければ「性奴隷」でなく、犯罪ではなかったとの認識を示しています。しかし、そもそも「慰安婦」問題の本質は「強制連行」等の連行の形態にあるのではなく、「意に反して強いられた」制度や行為の実態そのものにあるといえ、国際社会はそれらを問題にしているのです。そして、「慰安婦」制度のもとで、被害者たちは「居住の自由」「外出の自由」「廃業の自由」「軍人の性の相手を拒否する自由」を奪われていたのであるから、性奴隷状態に置かれていることは明らかであり、だからこそ、日本軍「慰安婦」制度は性奴隷制であるとの認識が広がっているわけです。

(4)賠償ではないという「日韓合意」。

 岸田外相は、共同会見直後の単独の記者会見で、10億円は「賠償ではない」と明言しました。すなわち、請求権問題は、1965年の日韓請求権協定で解決済みとの立場を堅持した上で、10億円は「賠償」ではなくあくまでも支援金(それはつまり、当事者以外の第三者が払うもの)としての性格を有するものであると説明しました。

(5)真相究明措置、再発防止措置は言明されず。

 さらに加えて、「日韓合意」では、「アジア女性基金」や「河野談話」が言及した真相究明措置や、再発防止措置についてはまったく触れられず、その意味においても両者の歴史認識からさらに後退した措置であることは明らかでした。

◇[「日韓合意」の国際的位置づけ]

 以上のように多くの問題をはらんだ「日韓合意」に対しては、国連をはじめとする国際社会は極めて厳しい評価をくだしています。すなわち、女性差別撤廃委員会の最終所見(2016年3月7日)では、「『日韓合意』は被害者中心アプローチを十分に採用していない」とし、「被害者/サバイバーの見解を十分に考慮し、彼女たちの真実・正義・被害回復措置に対する権利を保障すること」を勧告しました。また、国連人権専門家たちは、「『日韓合意』は重大な人権侵害に関する国家責任の基準に合致していない。過去の日本政府と軍部の明らかな責任を認める明確で公式な謝罪と適切な賠償が被害者たちを保護し、真実と正義を守ることができる」との共同声明を発表しました(2016年3月11日)。拷問禁止委員会にいたっては、最終所見(2017年5月12日)で「合意の見直し」という厳しい勧告を行いました。

 日本国内では、「日韓合意」をメディア、世論はおおむね肯定的に評価しましたが、一方韓国内では、「被害者の声を抜きにした妥結」であるとして大きな批判が寄せられ、政権交代を迎えるひとつの要因にもなりました。そして、新たな文在寅(ムンジェイン)政権は「日韓合意」にいたる協議過程を検証し、18年1月9日「日韓合意に関する新方針」を発表しました。そこでは、

(1)被害当事者たちの意思をきちんと反映していない15年の「合意」では、「慰安婦」問題を真に解決することはできない、
(2)15年の「合意」が両国間の公式合意だったという事実は否定できず、したがって韓国政府は日本政府に再交渉は求めない。ただ、日本側が自ら、国際的な普遍基準によって真実をありのまま認め、被害者の名誉と尊厳の回復と心の傷の癒やしに向けた努力を続けてくれることを期待する。被害者の女性が一様に願うのは、自発的で心がこもった謝罪である、

とまとめています。

 そして文政権は18年11月、当初日本政府の拠出した10億円で設立された「和解・癒し財団」を解散させる決定をしました。日本政府は財団の活動を「慰安婦」問題の「最終的かつ不可逆的解決」をうたった「日韓合意」の根幹と位置づけていたため、このことはますます日本政府・世論の反発を強める結果となりました。しかしながら、右の「新方針」にあるように、そもそも、被害者に対して心のこもった、行動に裏打ちされた「真の謝罪」がないまま、「慰安婦」問題の「最終的かつ不可逆的解決」など望むべくもないのです。

◆おわりにかえて

 本稿を閉じるにあたり、今一度、「70年談話」の内容に立ち戻って考えてみたいと思います。「70年談話」の最大の欠陥は、日本の植民地支配への視座が完全に抜け落ちていることにあります。その上で、冒頭でも引用したように、「あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」と断言する厚顔無恥な姿勢には愕然とします。百歩譲ってそのように断言するのならば、「親」や「祖父母」たちの世代、「70年談話」を発表する政府が主体となって「謝罪」する責任を引き受けるべきは当然の道理であるにもかかわらず、そのような気配は微塵もありません。「70年談話」では「我が国は、先の大戦における行いについて、繰り返し、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明してきました。」として、サンフランシスコ講和条約や二国間条約等で賠償請求権は相互放棄したという歴代内閣の見解にのっとり、金銭的賠償の支払い義務(=「法的責任」)は負わないとする方針を貫徹しているのです。しかし、先に述べたように、昨今の研究によれば、日韓請求権協定の交渉過程では、日本軍「慰安婦」問題等植民地支配下の反人道的行為は議論の対象とされていないことが明らかになっており、交渉内容に含まれていなかった事項が、その条約によって「解決済み」とされることは果たして妥当なのでしょうか。

 日本政府の立場に反して、被害国・地域のみならず国際社会では広く、日本はいまだ「謝罪」をしない不誠実な国だと認識されています。それは一体なぜなのでしょうか。そのことを理解するためには、被害者たちが求める「謝罪」とは一体どのようなものなのかについて考えなければなりません。まず「謝罪」を行うには、そのための前提として、対象となる事実の調査と責任の追及を徹底的に行わなければならないし、調査によって判明した事実を正確に周知させねばなりません。つまり、「謝罪」とは史実の調査・責任追及・資料保存と継承等に裏打ちされたものなのです。そのような議論の提起と理解は、1990年代以降おもに国連の場で議論され、今や国際社会の場で広く認知されています。

 ひるがえって、これまで歴代内閣が表明してきた「お詫び」と「反省」には、果たして史実の調査と責任の追及、保存、継承がともなってきたでしょうか。村山内閣時の「アジア女性基金」は、日本軍「慰安婦」制度に対して「法的責任」は解決済みとの方針から「道義的責任」を果たすためのものとして組織されましたが、被害女性や支援組織による支持はほぼ得られませんでした。その理由は、一言でいえば史実の調査に裏打ちされた誠実な姿勢とは評価されず信頼関係が築けなかった、つまり「真の謝罪」とはほど遠いと理解されたためなのです。さらに被害者たちの不信感を補強したのが、日本の政治家たちの度重なる歴史修正主義的な妄言です。いくら「お詫び」と「反省」を標榜したとしても、政治家たちがそのような発言を繰り返せば「真の謝罪」とはみなされないのは至極当然のことでしょう。「日韓合意」はなおさら、安倍首相をはじめ立役者らが歴史修正主義的な歴史認識を堅持したまま、日本軍「慰安婦」をめぐる無知(無恥)を堂々と繰り返すわけですから、もはや「百害あって一利なし」です。

 つまり、これまで日本政府は史実の調査に基づく「真の謝罪」を行ってきたことは皆無であり、そのような姿勢が政治家の妄言や現在の歴史修正主義に無関心でヘイトスピー千を許容してしまう日本社会に端的に表れているとさえいえます。

 一度でも被害者の声をきいたことがある人ならば、被害者が求める「真の謝罪」とは一体何であるか、そのことに気付くはずです。被害者たちは、自らの身に起きた出来事を他者が学び、記憶し、同じ過ちを繰り返すことのないよう後の世代に伝えることを切望しています。裏を返せば、被害者たちにとって証言を否定され、軽んじられることはさらなる被害の重複に他なりません。以上のことを踏まえれば、後世はこれからも史実を調査し、記憶を継承し学ぶという意味での「真の謝罪」を引き受ける責任を負い続けるのです。
(にいだ・とき)


月刊「前衛」 2020年1月号 126ページ 「日本は何度も謝ったのか」から後半を引用

 村山内閣の「アジア女性基金」や安倍内閣の「日韓合意」が報道されたときは、そういう活動で一人でも多くの被害者が救済されればいいなと思ったものでしたが、どれも被害者が納得するような結果が得られなかったことを、日本国民は真剣に受け止めるべきと思います。上の記事も指摘するように、被害者が求める「謝罪」はその前提として、どのような「事実」があったのかという明確な認識が必要で、そのための歴史研究の成果は発表されているのですから、そのことを日本政府は広く世間に周知する必要があります。その上で、当時の日本軍と日本政府に明らかな責任があったことを認めて、資料を保存し後世に伝えるという作業を通じて始めて「謝罪」が被害者側に受け入れられる、という指摘は重要です。これは、取りも直さず「河野談話」に述べたことを誠意を持って実行することを意味していると思います。






最終更新日  2020年01月16日 00時00分15秒
コメント(13) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 また犯罪者の時刻チェックが入るかな?   wolf さん
>民主主義国家であれば、政権交代後変更される

この人の意考える民主主義国家とやらが、信義とか倫理と遠い存在であることは理解した。
国際社会は綺麗事ではないとはいえ、日本がやったら許されざる不道徳と批判しそうな内容を、韓国がやるなら容易に行われうることなのね。

>被害者への聞き取りや事前の相談等は一切されなかった

それって韓国側の問題よね?日本からはどうしようもないと思うけど、韓国内で意見が統一されるまで待てってことなの?
まぁ日本としてはそれでもいいけど、その上で日本が飲めない条件だったら、いわゆる”徴用工“裁判みたいにグダグダになって、国内での意見集約も無理そうよね。

>スマラン事件(BC級戦犯裁判『バタビア臨時軍法会議』で軍人7名と「慰安所」経営者4名が有罪判決を受けたもの)のケース等が参照されていたことがわかっています。

またそれか。もう様式美として笑うところだな。
日本に懲罰傾向があった終戦時の法廷にしたところで、問題のあったケースは裁かれていて、連合軍も他のところからは問題が見つけられなかったって話でしょうに。
しかも、それを参照していたにもかかわらず、慰安婦一般については“狭義の強制性を示す証拠は見つからなかった“というのが河野談話の結論でしょ。

>「居住の自由」「外出の自由」「廃業の自由」「軍人の性の相手を拒否する自由」を奪われていた

強制連行が関係なく、上記が性奴隷の要件だというのであれば、借金で身を縛られた赤線の娼婦も同じ条件だわね。
結局、縛ってるのは置屋なのよ。まぁ違法行為の取り締まりが不充分だったとか、組織として活用していたことに関しては倫理的に後ろ暗いところはあるけれども、法的建て付けとしてはそういう話。

まぁ、取締り等に関しては、半分わかって見逃していたケースもあるだろうとは思うけど、それがどの程度なのかって話であって、少なくとも全部が全部最悪のケースのように主張するから辻褄が合わなくなって反証が続々出てくるわけで、“証言があった!”で止まらずにトータルでそういう調査すればいいのにとはいつも思う。

>「アジア女性基金」や「河野談話」が言及した真相究明措置

ずっとごちゃごちゃやってるじゃない。河野談話をひっくり返すような話は出てないみたいだけど。

>被害女性や支援組織による支持はほぼ得られませんでした

昨日の引用分で、他の国は基金の利用方針だけ言及し、“韓国では意見が割れた”と韓国だけ特別に反対論があったと、自分で書いているのにこの結論。

>被害者が求める「真の謝罪」とは一体何であるか

「どんなに非現実的でも証言を否定するな疑うな。何度でも納得するまで無制限かつ全面的に言うこと聞け。金も謝罪もできればそれ以外も」
と言っているようにしか見えないが。

>被害者たちにとって証言を否定され、軽んじられることはさらなる被害の重複に他なりません。

ほらね

(2020年01月16日 01時56分57秒)

 ツッコミどころしかない   捨てハン.@ログアウト さん
>(1)日本政府は「当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた」責任を痛感し、安倍晋三首相は「心からお詫びと反省の気持ち」を表明する(太字強調筆者)。

履行済み。

> (2)韓国政府が設立する財団に日本政府の予算で10億円を拠出し、すべての元「慰安婦」の「名誉と尊厳の回復、心の傷の雍しのための事業」を行う。

これも履行済み。

> (3)日韓両政府は(1)(2)の措置を前提に、「慰安婦」問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認」し、「今後、国連等国際社会でこの問題について非難・批判することは控える」。

(1)(2)の措置を日本は履行しているので、前提条件はクリア。

と、言うわけで
>「合意」はあくまでも(1)(2)(3)の内容にとどまるものです。

(1)(2)の内容を日本が履行した時点で、日韓両国に『(3)「慰安婦」問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認」し、「今後、国連等国際社会でこの問題について非難・批判することは控える」』義務が発生しているのは言うまでもない。
最終的かつ不可逆的に解決された以上、

>最終的、不可逆的な解決を70年の節目にすることができた。

は事実でしかないわね。

> 「日韓合意」は他にも多くの致命的欠陥をはらんでいますが、それらを列挙すると以下のとおりです。
> (1)文書として作成されていない。

文書として『1945年8月15日以前の問題は最終的に解決された』と明文した日韓基本条約を、韓国側は守っていますか?
明文化されていても韓国が守らない以上、文書作成の有無は問題にならない。
なお、日韓合意は第三国として米国が入っているので、明文化しない際の問題点である「言った言わないの水掛け論」は成立しない。

> (2)「慰安婦」の強制性を否定した閣議決定の維持を表明したこと。

河野談話における、『所謂狭義の強制』はインドネシアの例を指していて、それは全く以て否定されていない。
故に、インドネシアの例を否定しないのであれば『「慰安婦」の強制性を否定した閣議決定の維持』に問題は無い。

> (3)性奴隷制度であったこと、奴隷状態に置かれていたことの否定。

娼婦業自体が『女性が積極的につきたいと思う職業ではない(そもそもが意に反している(=広義の強制))』前提が抜けているわね。
なお、奴隷状態ではないことはミチナ(レド公路の要衝、レド公路は援蒋ルート)陥落時の【連合国側による、 朝 鮮 人 娼婦に対する調査】で明確になっている。また、これは【日本で当時の金額で2万6千円(大将クラスの年給が6千円の時代)の貯蓄をできた元娼婦(同じく 朝 鮮 人 )】の郵貯からも裏が取れている。

そして、この状態を「奴隷制度」と騒ぐのであれば【日本人娼婦も奴隷】であり、当然に救済対象となるわけだ。でも、パヨやアカが「日本人娼婦を救済しろ」と騒いだとは全く聞かないね。何せ、今現在でも聞かないからね。

> (4)賠償ではないという「日韓合意」。

日韓基本条約(=日本と韓国の国交正常化)を順守するなら、当然の判断。
なお、「日韓基本条約の反故=日韓断交」でね。酷使様よろしく日韓断交を推進したいなら、日韓合意を否定してもいいけどね。

> (5)真相究明措置、再発防止措置は言明されず。

真相は「インドネシアの例を根拠に【所謂狭義の強制を是としていない】」し、再発防止に至っては【PKO等で派兵してもその手の問題が起きていない】時点で十二分に対応されている、と言えるわね。
そもそも、問題を起こしたのは旧軍で、今現在あるのは似ても似つかぬ自衛隊なんだが、何を根拠に「自衛隊が旧軍と同様の問題を引き起こす」とするのかしらね?
ぶっちゃけ、今現在も存続する韓国軍の方が【第五種補給品(=狭義の強制)】や【ライダイハン(日帝ですら起こしていない、大規模な虐殺+混血児問題のコンボ)】で再発する危険性を孕んでいるのだけど、パヨどもがそれを批判したとは聞かないなぁ。
(2020年01月18日 07時12分29秒)

 続けて   捨てハン.@ログアウト さん
>以上のように多くの問題をはらんだ「日韓合意」に対しては、国連をはじめとする国際社会は極めて厳しい評価をくだしています。

wikiより
『アメリカ合衆国で唯一、公共の場に慰安婦像を設置しているカリフォルニア州グレンデール市のナジャリアン(英語版)市長は2016年4月、「外交上の成功を歓迎する」「両国の行動で解決することを喜んでいる」とし、「オバマ大統領も先週、両国の首脳と会い、改めて(合意を)支持した。グレンデール市も支持する」との声明を表明した[58]。アメリカ政府に加えて、ドイツ、オーストラリア、イギリス、カナダ、シンガポール、国際連合(UN)、欧州連合(EU)など主要先進国や国際機関などは日韓合意の支持を表明した[59]。 』

wikiですら国連をはじめとする国際社会は「日韓合意の支持」したと新聞等の記事等を根拠に記載しているわね。
なお、組織レベルの反応はこの文言の後にあり、それは佐原の無断転載通り。

>そして、新たな文在寅(ムンジェイン)政権は「日韓合意」にいたる協議過程を検証し、18年1月9日「日韓合意に関する新方針」を発表しました。

要約すれば『日韓合意を反故にするニダ。でも、反古は日本側からやってほしいニダ』だわね。
合意により履行済みであるにも関わらず、追加で「被害者の名誉と尊厳の回復と心の傷の癒やしに向けた努力を続けてくれること」=「日韓合意の反古」をやってほしいのであれば、 韓 国 が合意の破棄を宣言して、その上で再交渉をするのが筋。

>その上で、冒頭でも引用したように、「あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」と断言する厚顔無恥な姿勢には愕然とします。

なるほど、これを否定するのか。
かの戦争に関わった(=最低限、徴集等により軍に籍があった)世代は大半が鬼籍に入っており、それこそ戯言ほざいている輩も「あの戦争には何ら関わりのない世代」よね。「謝罪を続ける宿命」があるのであれば、それを主張する連中が手前の財産を全て処分して、その金を全て韓国に差し出すのが筋よね。
金が無いなら労働力として韓国に渡って奴隷として働けば宜しかろう。

>昨今の研究によれば、日韓請求権協定の交渉過程では、日本軍「慰安婦」問題等植民地支配下の反人道的行為は議論の対象とされていないことが明らかになっており、交渉内容に含まれていなかった事項が、その条約によって「解決済み」とされることは果たして妥当なのでしょうか。

個別に交渉内容を挙げて「それらは解決済み」としたのであればまだしも、期間で切った以上、期間に含まれるものは「解決済み」とするのが妥当よね。
それは、前者は「どの問題が解決したか」だから記載が無ければ未解決扱いも可能だけど、後者は「いつの問題が解決したか」だから、交渉内容の有無に関係なく「それがいつ発生した問題か」が論点になるからね。

ちなみに、日韓基本条約の内容に則るなら
1.条約締結日前の問題は全て解決済み。
2.1.に従うことを条件に、1945年8月16日以降の問題については影響を及ぼさない。

1.2.の合わせ技で「1945年8月15日以前の問題は全て最終的に解決済み」となるわけ。
そして、韓国の戯言では1.の否定であるから『条約締結前の日韓間の問題が全て未解決』になるわけ。日本が韓国(北韓含め)に残した資産は17兆円とも言われているから、それに対して日本がごねてもいいわけだ。
韓国を滅ぼしたいなら日韓基本条約反古につながるような阿呆な主張を言ってもいいけれど、それ一般的に酷使様の主張じゃね?

(2020年01月18日 07時15分44秒)

 さらに続けて   捨てハン.@ログアウト さん
>まず「謝罪」を行うには、そのための前提として、対象となる事実の調査と責任の追及を徹底的に行わなければならないし、調査によって判明した事実を正確に周知させねばなりません。

調査によって判明した事実
・所謂狭義の強制(90年代当時で言うところの強制)は例外を除き無い。
・その例外はインドネシアの例であるが、それすらも「発覚後に速攻で対応」している。
・韓国側の「自称娼婦に対する調査」でさえ、所謂狭義の強制の被害者は0。
・所謂狭義の強制に起因する内乱の類も存在しない。なお、昭和2年の光州事件の例があるため「植民地支配が原因で騒乱の類が無い」は成立しない。
・娼婦の証言を捏造して「所謂狭義の強制の証言」に朝日新聞が仕立て上げた事実がある。そして、それは2014年頃まで訂正されなかった。
・加害者証言としては「吉田証言」があるが、90年代の内に捏造であると確定している。なお、国連の某ク報告は【吉田証言を事実として扱った】もので、且つ【捏造発覚後も訂正しない】【当時から利用するな、と忠告されたにも関わらず無視】【大半が吉田証言を根拠とする代物の引用】である。
・娼婦の証言の捏造、吉田証言の捏造について、朝日新聞が【海外向けに大々的に訂正をした事実はない】。今現在でも海外の認識が所謂狭義の強制であることが朝日新聞の卑劣さの証明となっている。

事実を簡単に並べるだけで「条約に抵触しない範囲で対応した日本は有情」となるわけでね。そして、現実は実に非情で、事実を並べても韓国の求めるような内容にはならない。

>日本政府の立場に反して、被害国・地域のみならず国際社会では広く、日本はいまだ「謝罪」をしない不誠実な国だと認識されています。

日本とまともに戦争していない中共や、そもそも日本の一地域として戦犯である北韓南鮮、所謂特定アジアを除けば特に問題にもなっていないのが現実よね。
そして、その特アにしても朝日新聞の誤注進に起因しているとのことだから、【朝日新聞が捏造をしなければ、ここまでこじれることもなかった】というのが事実なわけ。
それと、前述通り事実を述べても韓国の思い通りにはならないのだけど、それを

>日本の政治家たちの度重なる歴史修正主義的な妄言です。

とするのであれば、この手のバカどもの主張は【事実か否かではなく、韓国の歴史認識に合わせることが全て】でしかない。

(2020年01月18日 07時18分02秒)

 さらにさらに続けて   捨てハン.@ログアウト さん
>一度でも被害者の声をきいたことがある人ならば、被害者が求める「真の謝罪」とは一体何であるか、そのことに気付くはずです。

ガチで「被害者の声」を聞いてアジア女性基金のために奔走した下村女史の言を抜粋すると

『少なくともお婆さんが生きている間、お婆さんというのは慰安婦のこと、おばあちゃん。絶対、生きている間、どうせならば命ある間にね、少なくともとにかく困っていて、その日の・・・ほとんど皆さん貧しい。喉から手が出るように必要なんですよ。その方たちにね、せめて500万円だろうがなんだろうが手渡したいという意志でやったんですよ。
(略)総理のお詫びの手紙。これは橋本さんだけじゃなくて、小泉さんにいたるまで。で、それは私が実はお渡ししたときに、もう皆さん、ワーーっと号泣してね。もう、これだけで十分ですと。もう親戚縁者にこれを見せればね、お墓にも入れてもらえる。おカネよりこれだって方が多いくらい感動して。わたしはもう本当にね現場で一緒に抱き合ってね泣いてっていうことが結構あったんですね。そのぐらい私は逆に言えば日本は真面目に、一生懸命にねやれる範囲でやったと。
それを、挺対協という先ほどから出ている慰安婦を、なんて言うんですかなんて言うの、【慰安婦を保護して慰安婦の権利を主張する代弁者ですね。代弁者の団体の人たちが絶対に受け取るな】とかね、受け取ったら将来、国家賠償が2000万円取ってやるのに、そのお前たちはもう権利がなくなるとか。もう嘘はっぱちを
(中略)これを受け取ったら政府から出ている一種の生活保護も全部ストップするとかね。そう言うことをしたんですね。で、【私は死んでも受け取らないと言う人は結構ですが、受け取りたいという方を妨害するのは、まさに人権問題】じゃないんですかと。』
『私の感じから言うと、この方たち(挺対協)は慰安婦をタテに取って、慰安婦というこの方たちを利用してね、ハッキリ言って【慰安婦のおばあちゃんの方たちのことなんか、ぜんぜん考えてないんですよこの方たちは】』
『私はやっぱり今の日韓関係がこんなになったのは、確かに先生(秦)がおっしゃるように【最初のスタートラインは吉田証言】とかね、そういうものに飛びついてそれを非常に大きく報道したりとか、それはあったかもしれないけど、今は全部、分かっていながら、それをもう【フルに利用して反日運動の道具に使っている】というのは、ま、どっちもどっちと言えばどっちもどっちだけど、政治問題化をすごくしていて、【本当にお婆さんたちの立場には立って居ない】んです。』

このバカの主張する真の謝罪とやらは挺対協の主張する謝罪だろうし、挺対協に対して「ガチで被害者の声を聞いた」下村女史は上記抜粋の通り強い批判をしているけれど、この手のバカは「手前自身が娼婦を喰い物にしている」自覚がないから嫌よね。
人間の屑としか評価しようがない。

さて、佐原
>村山内閣の「アジア女性基金」や安倍内閣の「日韓合意」が報道されたときは、そういう活動で一人でも多くの被害者が救済されればいいなと思ったものでしたが、どれも被害者が納得するような結果が得られなかったことを、日本国民は真剣に受け止めるべきと思います。

被害者は納得したよ。納得しなかった、というか納得する気が無かったのは挺対協で、連中は被害者ではないからね。
むしろ、問題解決を妨げたのだから加害者よね。

>上の記事も指摘するように、被害者が求める「謝罪」はその前提として、どのような「事実」があったのかという明確な認識が必要で、そのための歴史研究の成果は発表されているのですから

...で、「所謂狭義の強制を否定してOK?」に対して逃げまくっているのはどこの佐原だったかしらねぇ? 「歴史研究の成果が発表されている」なら自信をもってYes or Noを答えられるはずよね。
なお、韓国側の主張は「所謂狭義の強制の被害者」なので悪しからず。

>その上で、当時の日本軍と日本政府に明らかな責任があったことを認めて

で、その責任て、何?
娼婦にした事とか、あるいは広義の強制なら【日本人娼婦も当然に救済対象】となる。そうであるにも拘らず【日本人娼婦を無視】するのであれば、当然に【旧軍や政府の責任は、所謂狭義の強制に対するもの】となるわね。
前述通り、「所謂狭義の強制を否定してOK?」に対して逃げまくっている状況において、何を根拠に何に対する責任なのか、説明できるのかしら? (2020年01月18日 07時19分27秒)

 Re:日本は何度も謝ったのか-その3(16日の日記)(01/16)   maki5417 さん
以上のように多くの問題をはらんだ「日韓合意」に対しては、国連をはじめとする国際社会は極めて厳しい評価をくだしています。すなわち、女性差別撤廃委員会の最終所見(2016年3月7日)では、「『日韓合意』は被害者中心アプローチを十分に採用していない」とし、「被害者/サバイバーの見解を十分に考慮し、彼女たちの真実・正義・被害回復措置に対する権利を保障すること」を勧告しました。また、国連人権専門家たちは、「『日韓合意』は重大な人権侵害に関する国家責任の基準に合致していない。過去の日本政府と軍部の明らかな責任を認める明確で公式な謝罪と適切な賠償が被害者たちを保護し、真実と正義を守ることができる」との共同声明を発表しました(2016年3月11日)。拷問禁止委員会にいたっては、最終所見(2017年5月12日)で「合意の見直し」という厳しい勧告を行いました。


要するに、日韓合意はグローバルスタンダードに照らしてもNGと言う事ですね。
朴政権の韓国は黙らせることができても、国際世論を納得させることはできなかったということでしょう。
世界中に少女像が建立されるわけです。
なかなかよい指摘の論文でしたが、日韓合意の裏事情も語られ始めているようです。
特に安倍がこだわった点が、興味深いです。

それにしても、なんでもいちゃもんの深夜族とアカだパヨクだというアナクロネット右翼が吠えただけでしたね。

(2020年01月18日 22時14分29秒)

 門外漢の負け犬は議論の資格なし   Pulfield@LogOut さん
ホントこの負け犬は自分の能力を過大評価しすぎだわ。
己の評価と実際の能力の落差が激しすぎて乾いた笑いしか出てこない。

>それにしても、なんでもいちゃもんの深夜族とアカだパヨクだというアナクロネット右翼が吠えただけでしたね。
------
と、内容で反論できないから意味の無いコピペに投稿時間や口調など中身以外の所でいちゃもん付けるしか能の無い負け犬が吠えてるだけですね。
いい加減自分が指さして罵倒してるのが自分自身の姿だ、って理解して欲しいもんですが。
犬や猫でも何度も叱れば自分が間違ってることに気付くんですが、ここで吠えてる負け犬はそれ未満ですか。

そもそも前の日記で
>ネット右翼は、強制連行にこだわって慰安所を否定したがるのはなぜでしょう。
なんてほざいてる時点でダメ。
少なくともここの常連各氏は慰安所自体の否定はしてないし、慰安婦問題が慰安所の有無だと思ってる時点で基礎知識皆無。
この時点で基礎知識不足故にこの議題に入る資格すらない。
自分が滅多斬りにするに都合の良い「ネット右翼」を妄想してそれに吠えかかってるだけの間抜け。

(2020年01月18日 22時25分25秒)

 Re:日本は何度も謝ったのか-その3(16日の日記)(01/16)   maki5417 さん
おやおや、遅れてのこのやって来ましたね。

常連各氏は慰安所自体の否定はしてないし

まあ、これだけ資料が発掘されて公表されては、認めざるを得ないでしょう。
ブログ主の教育的指導の成果ですね。

だから、いまやいちゃもんとアナクロだけですね。 (2020年01月19日 10時29分53秒)

 その程度で他人にマウント取ろうなんざ56億8千万年早い   Pulfield@LogOut さん
>おやおや、遅れてのこのやって来ましたね。
-----
まーた始まったw
いつ書き込みしてもケチ付けるだけじゃんこの能無し。
馬鹿にされてる行為を指摘されて即座にやらかしにくるのは指摘二を理解する知能と知性が足りないのか、ただ単に嫌がらせなのか。
どちらにしてもネットリソースを無駄に消費し人前に出て不快を与えるだけなんでチラシの裏でやれ。むしろ身罷れ。

>まあ、これだけ資料が発掘されて公表されては、認めざるを得ないでしょう。
-----
なんだ。前回の指摘が全く理解出来てないのか。
このブログで最初から「慰安婦自体は居ない」なんて行った人間は一人も居ないし、慰安婦問題はハナから慰安婦の有無が問題じゃない、って事すら理解出来ないのか。
このブログのコメントすら読んでない能無しは邪魔し口挟む資格もないからいい加減黙ってろ。
お前や佐原がやってるのはただ単に現在の価値観で過去の人権を語った気になってる、ただの自慰なだけ。
この程度で他人にマウント取ろうなんて56億8千万年早いわ。

>ブログ主の教育的指導の成果ですね。
-----
ここの常連各氏は佐原の寝言ごときで事実を否定するような甘い人間じゃないんだけどな。
どこをどう読んだら上のような寝言が言えるものやら。
読解力もここまで無いと佐原と同類どころか佐原より遙かに下なんじゃないか。
お前はぬるま湯に浸かって自分に都合の良い世界だけ夢見てるだけ。
そのぬるま湯に浸かったままそこで溺死してろ。
(2020年01月19日 12時53分13秒)

 藁人形論法にも劣るわね。   捨てハン.@ログアウト さん
『娼婦にした事とか、あるいは広義の強制なら【日本人娼婦も当然に救済対象】となる。そうであるにも拘らず【日本人娼婦を無視】するのであれば、当然に【旧軍や政府の責任は、所謂狭義の強制に対するもの】となるわね。』

むしろ、私は「日本人娼婦」にも言及しているのだがね。

他にも
https://plaza.rakuten.co.jp/bluestone998/diary/201409100000/comment/write/#comment

『「狭義の強制」だからこそ奴隷扱いなわけ。その『加害側の根拠であった』吉田証言が捏造だから「慰安婦は性奴隷ではなく売春婦」となるわけ。
そして、朝日が調べた上で捏造と判断し報道しなかったのであれば、あるいは捏造と分かった時点(1995年ごろ)で訂正記事を出していたのであれば、ここまでこじれることは無かったはずなんですわ。』
『サヨク連中の主張の変遷をまとめると
・吉田証言に基づく強制(所謂狭義の強制)を非難。
→吉田証言が信憑性ないと判り、また朝鮮人娼婦の証言の二転三転を見て「強制」を「広義」「狭義」と分け、「広義の強制」で非難。
 →「広義の強制」が世間一般には普通であると指摘され、「とにかく日本が悪い」と非難。』
『政府保管等、判明している史料では
・当時の娼婦制度を「そのまま利用している」
・占領地での性犯罪発生に対する「性犯罪抑止のための手段」
・例外的な事象(白馬事件)でさえ、発覚後速攻で「軍部が被害者解放のために対応している」』

https://plaza.rakuten.co.jp/bluestone998/diary/201412030000/comment/write/#comment

『娼婦の問題の本質が「娼婦に売春させた」なのであれば、強制連行を否定しても何ら問題が無い。
また、割合では内地出身の女性が多かったのだから「娼婦に売春させた」が本質なら内地出身の女性の救済”も”触れないと話が成立しない。
なので、『強制連行の否定に対してやたらとかみつき』『内地出身の女性に一切触れていない』時点で、サヨクのいう本質とやらは出鱈目であり、【狭義の強制を軍が指示したことが本質である】ということ。』
『最近では「狭義広義の強制は問題ではない」にシフトしているようだが、ならば【狭義の強制を否定しても何ら問題が無い】わけだ。
「狭義の強制は問題の本質ではない」のなら、それを否定したところで本質の否定にはならない。にも関わらず佐原やサヨク連中は「本質の否定であるかのように騒ぐ」のだから、手前らの言う本質が「狭義の強制」であることが明白だわな。』

2014年当時のが見つかったから軽く抜粋したけれど、今と大して変わらんわね。
さて、 汚 物 は一体何を根拠に
『ネット右翼は、強制連行にこだわって慰安所を否定したがるのはなぜでしょう。』
『まあ、これだけ資料が発掘されて公表されては、認めざるを得ないでしょう。ブログ主の教育的指導の成果ですね。』

と判断したのやら。

藁人形論法て、ざっくり言えば「相手の言ったことを曲解して、それに対して反論する」だわね。でも、 汚 物 のやっていることは「相手の主張そのものを捏造して、言ってもない事に対していちゃもんをつける」だわね。
そして、それすらもできず投稿時間だ何だとしかいちゃもんつけれないことすら多々ある。

そもそも論法ですらない、唯のレッテル貼りなんだけど、そんな 汚 物 に何の存在価値があろうや。 (2020年01月19日 15時30分41秒)

 Re[1]:日本は何度も謝ったのか-その3(16日の日記)(01/16)   佐原@スタバ さん
maki5417さんへ

>要するに、日韓合意はグローバルスタンダードに照らしてもNGと言う事ですね。
>朴政権の韓国は黙らせることができても、国際世論を納得させることはできなかったということでしょう。

そうですね、こういう認識は大切と思います。


>世界中に少女像が建立されるわけです。

私たちは、つい「日本軍の従軍慰安婦」という観念で負い目を感じがちですが、海外の人たちの視線は「女性の人権を尊重しよう」というほうに重きを置いているのだそうで、ボスニア・ヘルツェゴビナの悲劇も含めて、あのような悲劇を二度と繰り返すまい、という「決意」を感じるのだそうです。やがては、日本人も世界の人々と共通の「目線」を共有できる日が来ることを希望します。



(2020年01月19日 15時47分31秒)

 とっても不思議。このムード。   をlf さん
> なんでもいちゃもんの深夜族とアカだパヨクだというアナクロネット右翼が吠えただけでしたね。
>
自分は正当で相手の言うことは誹謗中傷だいちゃもんだアナクロだって、絵に描いたような小物のセリフなんだけども、自覚がないのかなんなのか。不思議な生き物だ。

> まあ、これだけ資料が発掘されて公表されては、認めざるを得ないでしょう。
>ブログ主の教育的指導の成果ですね。
>
吉本新喜劇は詳しくないのだけど「今日はこのくらいにしといてやらぁ!」ってネタを思い出した。

というか資料の発掘と公表は佐原サンが我々への教育のためにやった事だったんだね。佐原サンすげぇw
労力に割りに全く効果が無いあたりもすげぇw

> 海外の人たちの視線は「女性の人権を尊重しよう」というほうに重きを置いているのだそうで、ボスニア・ヘルツェゴビナの悲劇も含めて、あのような悲劇を二度と繰り返すまい、という「決意」を感じるのだそうです。
>
相変わらずのジジイ同士の絡みだけど、これは海外ってどこで、誰が立てて、誰が重きを置いていて、誰の決意で、誰が感じているのか、どのくらい広範な認識なのかが全く不明。
なんとなく“海外ではこう言われています”という情報を、なんとなく受容して、なんとなく“日本と異なる世界の視線”と思っているだけに見えるが。

(2020年01月20日 11時54分32秒)

 禁止文字列…?   wolf さん
イ チ ャ イ チ ャ
が禁止って流石におかしくない?
判明するまでだいぶ悩んだぞ…こんな地雷があるなら禁止一覧欲しいわ。
(2020年01月20日 11時57分59秒)

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


佐原

お気に入りブログ

ハイ・ファイ・セッ… New! maki5417さん

『千年の祈り』2 New! Mドングリさん

山ねずみロッキーチ… 背番号のないエース0829さん

マンハッタンで考え… ひまわり娘!さん
外資系経理マンのペ… 呉雅力さん

コメント新着

 maki5417@ Re:五輪と鹿鳴館(3日の日記)(04/03) New! 軍内部で伝染病が蔓延しては戦えないと言…
 maki5417@ Re:行き場のない使用済みMOX燃料(2日の日記)(04/02) New! プルサーマルで使った使用済みMOX燃料…
 捨てハン.@ログアウト@ 現実は佐原にとって非情よね New! >17日の審議では、個人請負やフリーラ…
 ナナシィ1190@ いままで齋藤が紹介した中で一番アカン本だコレ ><このとき、政府はいったいなにをして…
 wolf@ コレラじゃ性質が違いすぎて比較対象にはならんよね > 官民あげての撲滅作戦に出たが、強圧…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.