より良い明日をめざして

フリーページ

2020年01月17日
XML
テーマ:ニュース(81485)
カテゴリ:ニュース
年末にNHKが放送した番組について、元文科官僚の前川喜平氏は5日の東京新聞コラムに、次のように書いている;


 安倍政権を追った年末のNHK番組。一つ確認できたのは、麻生財務大臣が森友文書改竄(かいざん)に全く関与していなかったことだ。「正直言って『え?』と思いましたね」

 2018年6月、佐川元理財局長らの処分発表。改竄は全て財務官僚の仕業とされた。しかし、決裁文書を300ヵ所も改鼠し国会に提出するという大胆不敵なことを、官僚だけの判断でするだろうか。麻生氏は改竄の動機を聞かれ「それがわかりや苦労せん」と言った。

 18年3月、参院予算委。森ゆうこ議員は佐川証人に

「官邸の今井秘書官と森友問題で話したことはないか」と2度聞いた。

佐川氏は

「官邸とは課長クラスが調整していた」
「私の国会答弁に関し今井秘書官と話をしたことはない」

とはぐらかした。

森氏三度目の質問。

「そんなこと聞いてません。森友問題について今井秘書官と話をしたことはないんですね」。

佐川氏は

「森友問題について今井秘書官と話をしたことはございません」。

なぜ三度目に答えたのか?これは偽証だと僕は思っている。

 NHK番組では、辞任を考えた麻生大臣を安倍首相が「辞めてもらっちゃ困る」と引き留めたことも分かった。麻生大臣はなぜ辞めると言ったのか?なぜ辞めなかったのか?なぜ今になってそれを明かしたのか?そこには森友問題の真相が隠れている。
(現代教育行政研究会代表)


2020年1月5日 東京新聞朝刊 11版 21ページ 「本音のコラム-文書改竄と麻生大臣」から引用

 私はこの記事が取り上げているNHKの番組は見ていないが、この記事は興味深い情報を提供している。麻生大臣はなぜ辞めると言ったのか。それは、麻生氏には「公文書の改ざん」というのは大臣の首が飛ぶほど重大な「不祥事」であるという「常識」があったからだろうと私は思います。この辺は、警察の逮捕状さえ出なければ何をやってもOKという、恥も外聞もない安倍氏とは全く違う点であると思います。それにしても、麻生大臣が知らないうちに佐川局長が文書改ざんを行なったということは、改ざんの指示は直属の大臣よりも「上」から出たということになり、それは「官邸の今井秘書官」ということ以外には考えられないのではないか。果たして今になって、麻生大臣がこんなことを言い出したのは、党内の潮目が変わりだしたということなのか、謎は深まるばかりです。






最終更新日  2020年01月17日 01時00分05秒
コメント(6) | コメントを書く


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


佐原

お気に入りブログ

『星々の船』 New! Mドングリさん

(社説)桜を見る会… New! maki5417さん

空想の世界でヒトラ… 背番号のないエース0829さん

マンハッタンで考え… ひまわり娘!さん
外資系経理マンのペ… 呉雅力さん

コメント新着

 wolf@ ついでに佐原サンのタワゴトについて New! > 私たちは国のために死んだ人たちに感…
 wolf@ この人たちの方が国家神道にハマってる感じ New! > 皇室や宮内庁は、皇室が政治的な影響…
 ナナシィ1190@ 半分も読めない事を言う学者ってすげえな(誉めてない) New! >宗教学者で上智大学教授の島薗進氏  …
 捨てハン.@ログアウト@ 陰謀論レベルで酷い New! 本文はどうでもいいわ。正直、陰謀論が酷…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.