より良い明日をめざして

フリーページ

2020年11月26日
XML
テーマ:本日の1冊(3265)
カテゴリ:読書
関東大震災の時に起きた朝鮮人虐殺事件を語り継ぐ市民の活動を、14日の東京新聞は次のように報道している;


 97年前の9月1日に起きた関東大震災での朝鮮人虐殺を知ってほしいと4年前に出版された証言集に、価格を3分の1以下に抑えた普及版ができた。著者は「若い人たちに証言を読んでほしい」と期待している。
(五味洋治)


 この本は「関東大震災朝鮮人虐殺の記録 東京地区別1100の証言」。中学校教師だった西崎雅夫さん(61)=足立区生まれ、千葉県市川市在住=が当時の警察発表や報道、自伝、日記、郷土資料などから証言を集めた。23区の地図や証言者の索引も付いている。

 最初の本は2016年に出版された。500ページを超える分量で価格も9千円(税抜き)だったが、この本を知って、韓国から訪ねてきた人もいたという。

 17年からは、例年墨田区で行われている朝鮮人犠牲者の追悼式に小池百合子都知事が追悼文を送るのをやめた。その数年前から朝鮮人虐殺を否定する本が出版され、追悼行事を妨害するような動きも活発化している。



 16年の本が売り切れたため幅広い人に手に取ってもらおうと、本の内容は変えず薄い紙を使うなど工夫を重ね、2500円の普及版を今年出版した。

 当時高校生だったフランス文学者の田辺貞之助は、女性の無残な虐殺死体を目撃し「日本人であることを、あのときほど恥辱に感じたことはない」と書き残した。

 西崎さんは、一般社団法人「ほうせんか」の理事として、犠牲者を追悼し、語り継ぐ活動を続けている。

 「虐殺を否定する動きは、直接当時を知る人がいなくなったためでしょう。当時何が起きたのかを、これからも広く知らせていきたい」と話している。


2020年11月14日 東京新聞朝刊 23ページ 「朝鮮人虐殺 語り継ぐ」から引用

 1冊9千円もする本は、私のような素人には手が出ない気がしますが、4年前に出した初版本が完売したということは、歴史修正主義の浸透に危機感を持つ人々も一定の割合で存在することを示しているように思われます。この度廉価版が出たからには、さらに読者を増やしていってほしいと思います。






最終更新日  2020年11月27日 07時57分55秒
コメント(3) | コメントを書く


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


佐原

お気に入りブログ

『図書館ねこ デュー… New! Mドングリさん

朝日新聞世論調査 上 New! maki5417さん

初夢はSnoopyと 背番号のないエース0829さん

マンハッタンで考え… ひまわり娘!さん
外資系経理マンのペ… 呉雅力さん

コメント新着

 ナナシィ1190@ 言ってる事が分からない……イカレているのか? New! >「子どもの頃は旗日に祖母と物置から国…
 wolf@ とばしてるなぁ… New! ほんとに年明けからこっち佐原サン変な加…
 Pulfield@LogOut@ 10年経っても成長どころか劣化一直線 佐原さんらって「金髪の孺子の頭蓋骨で杯…
 ナナシィ1190@ 妄想のし過ぎはあなたの健康を害する恐れがあります >「桜を見る会」前日の夕食会の費用補填…
 wolf@ 素直な感想 > 社会正義を実現する道が閉ざされたか…

Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.