000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こぶたのベイブウ映画日記

March 9, 2006
XML
カテゴリ:日本映画 2001~2005
高校生の時に好きだった男性を
独身のまま50歳になるまで好きでいられますか?

美奈子に共感はできないけれど、
田中裕子さんの魅力で面白い映画でした。

「寂しいと思ったこともない」
そう言う美奈子がとても淋しそうだし、
そのリアルっぽさが、とても良かった!

ちょっとした日常の描写が自然なので、
最後まで飽きずに観ることができました。

いい映画なのに、心にグッと来ないのは、
私と美奈子の間に距離がありすぎたから。

幸せは、人それぞれなんですけどね。
こう生きたいと望む方向が違いすぎました。

ちなみに私の理想の生き方は宇野千代さんです。
この20年ぐらい、ずっと・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追記

田中裕子さんの醸し出すリアルな生活感と
自然な演出のおかげで、いい映画だなーと、
一見、思うのですが、その枠を外してみれば、
男性の目から見た都合のいい女性のようにも感じられた。

美奈子のように、高校のころ好きだった男性のため、
50になるまで独身を通すような女友達を
私は知らなかったので、余計にそう思ったのかもしれない。

男性の視点でこの映画を観たら、30年以上、
ある男のために独身でいてくれような、情の深い
健気な同級生がいるってことですよ。

現実の生活の中で、強い女性に疲れを感じている男性には、
美奈子ってたまらないんじゃないでしょうか?

(2004年/日本)

* * * * * お友だちの映画満足度 * * * * *

いつか読書する日 (モントリオール世界映画祭 審査員特別大賞を受賞した作品です!!)いつか読書... 

私も槐多のように溺れたことがある。
台風の時、荒れた海に流されてしまったのよ。

波にのまれ、もうダメだと思ったその時、

「好きなことを全部しておけば良かった!」

「まだしていないことばかりだよー!」

と、死を目前にして心から後悔した。

幸運にも救助の人に助けられたのだが、それ以来、

「後はないから、いま好きなことをしよう!」

そう思ってベイブウは心のままに生きている。
(考えるより行動するタイプかもしれない)

だから、美奈子のような生き方が
とてもじれったく感じてしまうのよ。

いつか読書する日

上映後、緒形明監督のお話がありました。

◇「映画は解答を与えるものじゃない」

◇「自己表現でなく、あくまで他者を描きたい」

◇「20代の人は観なくていいと思ってる」

◇「20代で感動した人は、
 もうこっちに近いんじゃないかな(笑)」

◇「若手で注目してるのは山下敦弘監督」

(3月5日/所沢ミューズ)

HPランキング

こぶたのべイブウ映画日記トップへ
俳優 監督 検索DVD検索楽天トップへ






最終更新日  March 9, 2006 07:12:10 PM
コメント(6) | コメントを書く

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

コメント新着

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.