2144483 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こぶたのベイブウ映画日記

April 20, 2007
XML
カテゴリ:ドラマ・青春
言葉が通じないから分かりあえない、
言葉が通じても、理解しあえない。

けれど、それを繋ぐのが「愛」なのだと、
静かに、強く、心に伝わる映画だった。

俯瞰の視点で世界はひとつと感じられた。
人もまた「愛」によって繋がることができると。

そして、どんなに相手に伝えようとしても、
まるで通じ合うことができないのだと・・。

骨格はシンプルなのに、淋しさ、孤独、絶望、
希望など、たくさんの感情が伝わってきた。

「バベル」という題名もとても良かった。
奥深いものを秘めた素晴らしい映画だった。

(2006年/フランス・アメリカ・メキシコ)

* * * * * お友だちの映画満足度 * * * * *

rosalindaさんの感想・・・★★★

はなまるさん・・★★★



◇rosalindaさん
「ガエル君、出番 少なすぎない・・?
アモーレス・ペロスの方がずっと良かった」

◇はなまるさん
「ブラピの出番が少なすぎて意外だった。
面白いけど、いまひとつピンと来なかった」

HPランキング

こぶたのべイブウ映画日記トップへ
俳優 監督 検索DVD検索楽天トップへ







最終更新日  June 13, 2007 07:39:47 PM
コメント(12) | コメントを書く

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

コメント新着

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.