2341278 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こぶたのベイブウ映画日記

July 12, 2007
XML
カテゴリ:日本映画 1930~2000
椎名(雷蔵)が家族や恋人を捨て、スパイに
なった動機がもっと描いてあれば良かった。

世間の評価に一喜一憂する中野学校の人って、
ただの信念ごっこのようで良く分からない。

生き方に共感できる人が一人もいないので、
物語に入り込めないのだと思いました。

今回は、パイプが覗きメガネになったり、
古くさいスパイ道具が安っぽくて面白かった。

サスペンスとしてはショボショボだし、
このシリーズって私はダメそう・・☆

(1966年/日本)

* * * * * お友だちの映画満足度 * * * * *

バラクーダさん・・★★



◇バラクーダさん
「犬くんへ。ああいう風にピョンと壁を飛び越したら、
あんな足跡はつかないと思うよ。ワンワン♪」
 
  

市川雷蔵 眠狂四郎 1~6 感想はこちら♪
市川雷蔵 眠狂四郎 7~12感想はこちら♪
市川雷蔵 変幻自在!感想はこちら♪

 

HPランキング

こぶたのべイブウ映画日記トップへ
俳優 監督 検索DVD検索楽天トップへ






最終更新日  July 13, 2007 10:27:06 PM
コメント(0) | コメントを書く


PR

X

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

コメント新着

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.