2172456 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こぶたのベイブウ映画日記

October 23, 2007
XML
太陽に魅せられたクルーたちの顛末、神に出会った
彼らはそこに何を見ていたのかと目が離せなかった。

この映画の持つ精神面、観念的なところ、神がかって
いるような部分に魅かれ、とても楽しめる映画だった。

選択を迫られるクルーの人間ドラマとしても面白い。
映像はきれいだし、そそられる雰囲気がたまらない。

終盤のキリアン・マーフィの表情も素晴らしかった。
神の存在を感じられる結末に言葉を失ってしまいました。

ダニー・ボイル監督の中ではこの作品が一番だと思う。
精神世界を体感できる映画で、とても面白かったです!

(2007年/アメリカ)

* * * * * お友だちの映画満足度 * * * * *

あまぐりさん・・★★★☆

バラクーダさん・・★★★

モモネコさんのお父さん・・★★★



◇あまぐりさん
「役者さんはみんな良かったけど、
私には合わないSF映画だったなぁ。
2001年宇宙の旅』とか好きな人向き?
モモネコさんのお父さんは面白かったみたい。
映画館に2回見に行ってましたよ・・」

◇バラクーダさん
「見ているときは面白かったけど、
心に残るものや余韻がなかったなぁ・・」

◇モモネコさんのお父さん
レイ・ブラッドベリがこれを見たら
どう思うかなぁ・・?」

キリアン・マーフィの映画~感想はこちら♪

HPランキング

こぶたのべイブウ映画日記トップへ
俳優 監督 検索DVD検索楽天トップへ






最終更新日  November 1, 2007 12:30:55 AM
コメント(0) | コメントを書く

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

コメント新着

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.