2137095 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こぶたのベイブウ映画日記

October 16, 2008
XML
この映画の凄いところは、見終わった後も、ずっと、
ずっと、ある難しい問題を投げかけてくるところだ。

自分では、まだ生き方を選択することができない、
虐待されている子供にとって何が幸せなんだろうと。

もし私だったら、血縁者から虐待されて生きるより、
愛してくれる赤の他人の中で暮らしたいと思う。

でも、虐待される子供は、まだ自分の生き方を選べない。
法と現実、家族、人間関係、いろいろ考えさせられた。

原作者デニス・レヘインは、児童虐待に絡むテーマが
今の社会の中でストライクゾーンって感じがする。

ミスティック・リバー」の原作も素晴らしかったが、
私も「レへインなしではいられないノート」状態に陥った。

ベン・アフレックが監督と脚本をしてるんですが、
深いテーマをはらんだサスペンスでオススメです!

(2007年/アメリカ)

* * * * * お友だちの映画満足度 * * * * *

 
ゴーン・ベイビー・ゴーン

ノート「レへインなしではいられない」
スティーブン・キングがレヘインに贈った言葉。

◆映画で遊ぼう!→こっそり映画しりとり

HPランキングブログランキング映画ブログ村FC2ランキング

こぶたのべイブウ映画日記トップへ
俳優 監督 検索DVD検索楽天トップへ






最終更新日  July 15, 2009 03:14:39 PM
コメント(0) | コメントを書く

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

コメント新着

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.