2186146 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こぶたのベイブウ映画日記

November 20, 2008
XML
警官の汚職が当たり前! 汚職率75%だなんて、
真面目に生きる者がバカをみるような実話だった。

正義感の強い刑事(ラッセル)が、汚職警官たちの
中で浮いてしまうのが、なんだか可哀想でした。

麻薬王をしたデンゼル・ワシントンはハマリ役!
スマートでカッコ良く、その存在感に圧倒された。

見応えある、とっても面白いドラマなんですが、
ひとつだけ気になったのは挿入歌なんですよ~。

途中で「ジャッキー・ブラウン」の歌がかかるんです。

他の映画で、バッチリな使われ方をした歌だったので、
この重厚なドラマに、あの選曲は勿体なかったです。

(2007年/アメリカ)

* * * * * お友だちの映画満足度 * * * * *

バラクーダさん・・★★★★

 
アメリカン・ギャングスター

◇バラクーダさん
「終盤のデンゼル・ワシントンが良かった」

 

◇デンゼル・ワシントンの映画の感想
◇ラッセル・クロウの映画の感想

◆映画で遊ぼう!→こっそり映画しりとり

HPランキング映画ブログランキング映画レビューランキング

こぶたのべイブウ映画日記トップへ
俳優 監督 検索DVD検索楽天トップへ






最終更新日  February 24, 2009 02:15:40 PM
コメント(2) | コメントを書く

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

コメント新着

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.