2341430 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こぶたのベイブウ映画日記

September 1, 2009
XML
カテゴリ:ドラマ・青春
子供のころに、事故で母を殺してしまったリリィが、
心の隙間を、ずっと埋められないでいるんです。

それが、養蜂家の三姉妹と暮らすうちに、少しづつ、
愛すること、愛されること、形のあるものではないけど
自分が確かに母から愛されていたんだってことを知るの。

ぽっかりと空いた穴に、愛情が降りつもってゆくんです。
ホッと、あたたかい気持ちになって、幸せを感じました。

この映画で興味深かったのが、実の親と暮らすよりも
心を許せる他人と暮らすことを14歳の少女が選択するの。

それを受け入れる周囲の人々も、みんな大人だなと思った。
日本だと、ああはいかないから、とても印象的でした。

ダコタちゃん、クイーン・ラティファと、みんな良かった。
優しさにつつまれるような、とてもステキな映画だった。

(2008年/アメリカ)

* * * * * * * *お友だちの映画満足度 * * * * * * * *

バラクーダさん・・★★★★


リリィ、はちみつ色の秘密

◇バラクーダさん
「黒人への、ひどい嫌がらせや差別もあるし、
オーガストも養蜂家としてやっていくのは
大変だったんじゃないかと思いました・・」

◆映画で遊ぼう!→こっそり映画しりとり

HPランキングブログランキング映画ブログ村FC2ランキング

こぶたのべイブウ映画日記トップへ
俳優 監督 検索DVD検索楽天トップへ






最終更新日  September 24, 2009 02:07:36 PM
コメント(0) | コメントを書く


PR

X

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

コメント新着

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.