2401788 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こぶたのベイブウ映画日記

January 31, 2010
XML
「娘は、自由に育てるわ」「どんな風に?」
「それを定義したら自由じゃないでしょ」

さりげないセリフが面白い伝記ドラマだった。

華やかでいて、そして孤独な、サガンって
こんな女性だったのねと、淋しい晩年だった。

心に雪が降り積もるような音楽もステキだし、
フランスの雰囲気たっぷりでいい感じだった。

それからサガンって、ヒョウ柄が好きなのね!
ヒョウ柄のシャツに黒いスカートが似合ってた。

私も好きだから、ああいうカッコしてみたいし、
ちょっと彼女に親しみを持ってしまいました。

悲しみよ こんにちは」の本は、うちの本棚の
どこかにあるけど、新訳がオススメです ぶたきらきら

(2008年/フランス)

* * * * * * * *お友だちの映画満足度 * * * * * * * *

バラクーダさん・・★★★

  
サガン 悲しみよ こんにちは

◇バラクーダさん
「淋しさの残る映画だったね」

◆映画で遊ぼう!→こっそり映画しりとり

HPランキングブログランキング映画ブログ村FC2ランキング

こぶたのべイブウ映画日記トップへ
俳優 監督 検索DVD検索楽天トップへ






最終更新日  February 21, 2010 09:27:10 PM
コメント(0) | コメントを書く


PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

コメント新着

キーワードサーチ

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.