2174103 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こぶたのベイブウ映画日記

February 10, 2010
XML
犯罪のプロセスは面白いと思わなかったけど、
疎外感を抱えたアンディとお父さんのやりとり。

「家族の中で、いつも自分だけ仲間はずれだった」
「俺は本当の息子か?」にグッときました。

あの場面の、フィリップ・シーモア・ホフマン
緊張感で、この物語が数倍面白く感じられました。

今までは、ただの犯罪ものだったのに、不機能な
家族のドラマに思えてグッと盛り上がったのです。

追いつめられ、行き場のないアンディの焦燥や、
息をするのもやっとな姿が心に残る映画だった。

(2007年/アメリカ)

* * * * * * * *お友だちの映画満足度 * * * * * * * *

バラクーダさん・・★★★


その土曜日、7時58分

◇バラクーダさん
「話は普通だけど出ている役者さんが良かった」

◆映画で遊ぼう!→こっそり映画しりとり

HPランキングブログランキング映画ブログ村FC2ランキング

こぶたのべイブウ映画日記トップへ
俳優 監督 検索DVD検索楽天トップへ






最終更新日  March 13, 2010 03:56:01 PM
コメント(0) | コメントを書く

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

コメント新着

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.