2440553 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こぶたのベイブウ映画日記

February 3, 2011
XML
母親から、愛されずに育てられた女性が出てくるの。
恋人がいても、彼の愛を信じられないのが哀しいな・・。

条件つきの愛しかもらえなかった子供は、その空白を、
死ぬ時まで抱えて生きなきゃならないのが切なすぎる。

さておき、アンナは既に死んでいるのか? それとも、
サイコで危ない葬儀屋に監禁されているだけなのか!?

脳死を、人間の死として判定するように、この葬儀屋は、
「魂の死」を、人間の死ととらえて○○するんです~。

さらっと見たら物足りないけど、よくよく考えたら
そそる話で、葬儀屋の役どころの曖昧さが面白かった。

クリスティーナ・リッチ29才の身体がとてもきれいで、
白すぎる肌に、なんどもミスリードされる映画だった。

(2009年/アメリカ)

* * * * * * * *お友だちの映画満足度 * * * * * * * *

バラクーダさん・・★★★


アフターライフ

◇バラクーダさん
「アメリカのおくりびとは、あんな感じなのかな。
面白かったけど、最後はちょっと物足りなかったな」

◆映画で遊ぼう!→こっそり映画しりとり
HPランキングブログランキング映画ブログ村FC2ランキング
こぶたのべイブウ映画日記トップへ俳優 監督 検索DVD検索楽天トップへ






最終更新日  February 6, 2011 06:59:24 PM
コメント(0) | コメントを書く


PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

コメント新着

キーワードサーチ

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.