000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こぶたのベイブウ映画日記

March 2, 2011
XML
キリアン・マーフィでないと成り立たない映画だった。

プルートで朝食を」のキリアンも美しかったけれど、
この映画も、女装に違和感がないから物語にスッと入れた。

これが、オジサンが無理して女装、バレバレ状態だったら、
別の意味で、イタイ映画になっていたと思います・・。

スーザン・サランドンエレン・ペイジビル・プルマンと、
脇を支える人も、芸達者ばかりで、ポイント高かった。

じっくりドラマを盛り上げてくれる役者が揃っていたから、
ジョンとエマの一挙一動に、余計に引き込まれた感じでした。

母から愛されなかった過去と、負の連鎖を断ち切りたいと、
そんな静かな決意も、キリアンだから、いい結末に思えました。

役者の魅力を存分に楽しめる二重人格ものだった。

(2010年/アメリカ)

* * * * * * * * * * お友だちの映画満足度 * * * * * * * * * *

バラクーダさん・・★★★


サイコ リバース

◇バラクーダさん
キリアン・マーフィは『パニックフライト』の犯人と
同じ人と思えなかったよ。上手いなぁ~」

キリアン・マーフィの映画の感想

◆映画で遊ぼう!→こっそり映画しりとり
HPランキングブログランキング映画ブログ村FC2ランキング
こぶたのべイブウ映画日記トップへ俳優 監督 検索DVD検索楽天トップへ






最終更新日  March 2, 2011 02:14:34 AM
コメント(0) | コメントを書く

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

コメント新着

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.