000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こぶたのベイブウ映画日記

November 12, 2011
XML
カテゴリ:日本映画 2006~
主演ふたりの心の揺らぎが丁寧に描かれていて良かった。

岡田将生さんは、背が高くて顔がきれいな好青年だから、
イジメられっ子に見えなくてソンしてると思いました。

「吃音だけど、黙ってればカッコいいわよね!」って
学校の女の子たちの噂になりそうなルックスなんだもの!

心に残ったシーンは、岡田将生さんが「知っていたのに、
なんで何もしなかったんだ?」と山岳部の先生に憤るところ。

迫力があったのは登山のシーン。あんなところを仲の悪い
ふたりが行くなんて、そのやりとりに目が離せませんでした。

でも最後、アレはないだろう~。「さあ泣いて下さい!」と
言わんばかりの展開に、ちょっと入り込めない私でした・・。

この映画で亡くなる人の年齢が、50代とか意外と若くて、
「私も今のうちに身辺整理しとかなきゃ~」と思いました。

(2011年/日本)

* * * * * * * * * * お友だちの映画満足度 * * * * * * * * * *

とろ吉さん・・★★★



◇とろ吉さん
「きれいに作ったなぁ~という感じがするのと、
無理やり泣かせようみたいなところが苦手かも」

こぶたのべイブウ映画日記トップへ俳優 監督 検索DVD検索楽天トップへ






最終更新日  November 12, 2011 03:27:58 AM
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

X

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

コメント新着

キーワードサーチ

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.