2219275 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こぶたのベイブウ映画日記

October 31, 2012
XML
テーマ:読書(3301)
カテゴリ:ウォーキング

子どもたちを放射能から守るために

チェルノブイリ原発事故被災地で、五年半に渡り
医療支援活動なさった医師・菅谷昭先生の本です。

「チェルノブイリの汚染地域では、この25年間に
さまざまな病気が問題になってきました。
小児甲状腺がんとは違って『事故によるもの』とは
認められていませんが、風邪をひきやすったり、
疲れやすかったり、貧血があったりと、免疫機能に
かかわる体調の悪さを訴える人が多くいます。
また、白血病や肺がん、さまざまな先天性障害
(奇形児など)も増加したと言われています。」

「自分たちが汚染される可能性があると思ったら、
まず逃げてください。
最悪の事態が起きた場合は、海外へ逃げる。
それが無理なら、国内の西のほうへ逃げましょう。
外部被ばくであろうと、内部被ばくであろうと、
身を守るいちばんの方法は、汚染されていない
地域に逃げることです。」

ベラルーシで、たくさんの患者さんを診てきた
菅谷先生が、「海外へ逃げる」と書かれていて、
それぐらい原発事故は大変なのだと思いました。

薄くて、すぐに読める本ですが参考になりました。
先生の言葉を忘れないで生活していきたいです。

猫 今日のウォーキング 10844歩 






最終更新日  November 3, 2012 06:29:17 PM
コメント(3) | コメントを書く


PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

コメント新着

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.