2161282 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こぶたのベイブウ映画日記

全134件 (134件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >

実話・伝記・歴史・戦争

April 6, 2013
XML
メリル・ストリープがよたよたと歩く姿が、
本当に老婆のように見えました。

マーガレット・サッチャーは、政界引退後、
認知症を患ってしまったそうで・・。

鉄の女の現役のころの勢いを思うと、
老いの哀しみも感じるドラマでした。

心に残った台詞。

「考え」が「言葉」になる。 
その「言葉」が「行動」になる。
その「行動」が、やがて「習慣」になる。 … [続きを読む >>]





最終更新日  April 6, 2013 08:35:05 PM
コメント(2) | コメントを書く
November 14, 2011
アメリカ、ユタ州のブルージョン・キャニオンで
登山家アーロン・ラルストンが遭遇した事故の話。

今までウキウキ渓谷を楽しんでいたのに、落石に
右腕を挟まれ、身動きできなくなってしまうんです。

しかも、ひとりぼっち。自分の存在を知っている人は
誰もいなし、薄着で寒いし、飲み水もないし・・。

死神が、アーロンのすぐ隣で「まだですか?」と
待機してい … [続きを読む >>]





最終更新日  November 14, 2011 01:00:23 AM
コメント(0) | コメントを書く
February 22, 2011
見どころは、ヒッピー、ロン毛、ジョージ・クルーニー。

女性の皆さん、あの「キラキラ眼力」で見つめられたら
どうします?! ヤギでなくてもキュン殺されますよ!!

奥さんに浮気された傷心のユアン・マクレガーは可愛いし、
ジェダイネタしたいから、そこにユアンがいるようだった。

ラブ&ピースのジェフ・ブリッジスも楽しそうで良かったな!

まったく、い … [続きを読む >>]





最終更新日  February 22, 2011 01:46:45 AM
コメント(0) | コメントを書く
February 9, 2011
中年男のシュービンは、若くて美しいマタ・ハリが好き。

でも、マタ・ハリの愛した相手が自分でなかったと、
嫉妬心から、あんなバカなことをしてしまうんです!

あんなアホな上司の元で、命を懸けて、崖っぷちの
仕事をしている美女マタ・ハリが、とても不憫だった。

スパイは、恋をしただけで殺されてしまうんです・・。
引退する時だって、待っているのは「死」 … [続きを読む >>]





最終更新日  February 9, 2011 01:11:38 AM
コメント(2) | コメントを書く
March 22, 2010
お気に入りキャラは、ゲイの男娼ケヴィン・ベーコン。
いかにもソレっぽくて登場シーンが楽しみでした!

俳優さんてスゴイなと思ったのが、終盤の長台詞、
ケヴィン・コスナーが、延々と喋ってるんですよ~。

私ったら、公開時に、この映画を見たハズなのに、
まるで内容を覚えていない記憶力のない女でした。

同じ映画を、なんども楽しめる利点もあるけど、
ケヴ … [続きを読む >>]





最終更新日  April 3, 2010 01:59:07 PM
コメント(0) | コメントを書く
February 8, 2010
スティーブン・キングがこんなことを言っていた。
「無名な俳優が演じた方が物語がリアルになって面白い」と。

 

先日、見た「ココ・アヴァン・シャネル」は映画スターの
オドレイ・トトゥが見どころのような恋愛映画だった。

でも、こっちの映画は、若き日のココを演じた女優さんが
良い意味で無名だったので、ずっと楽しんで見れました。

父に捨てられた貧乏 … [続きを読む >>]





最終更新日  March 10, 2010 05:27:54 PM
コメント(0) | コメントを書く
January 31, 2010
「娘は、自由に育てるわ」「どんな風に?」
「それを定義したら自由じゃないでしょ」

さりげないセリフが面白い伝記ドラマだった。

華やかでいて、そして孤独な、サガンって
こんな女性だったのねと、淋しい晩年だった。

心に雪が降り積もるような音楽もステキだし、
フランスの雰囲気たっぷりでいい感じだった。

それからサガンって、ヒョウ柄が好きなのね!
… [続きを読む >>]





最終更新日  February 21, 2010 09:27:10 PM
コメント(0) | コメントを書く
January 28, 2010
「路上生活者を助けてやる」「ただのお節介だ」と、
生きる価値観が違うロペスとナサニエルのやりとり。

ロバート・ダウニーJr、ジェイミー・フォックスと、
二人ともいい感じで、淡々とした人間ドラマだった。

どちらの男にも、あまり感情移入できなかったので、
心に響くものがないままラストシーンを迎えていた。

実話が基になった物語なのですが、あの新聞記者 … [続きを読む >>]





最終更新日  February 27, 2010 12:40:39 AM
コメント(0) | コメントを書く
January 19, 2010
父に捨てられ、孤児院で育ち、飲み屋の歌手で身をたてた、
地位も何もない貧しい女が、どうやって名声を築いたのか?

そんなところが知りたかったのに、男の話ばかりで、ココは、
あっという間にデザイナーのシャネルになって成功してた。

そこまでのくだりが、あっさりしすぎていて物足りないが、
世界のシャネルが、どういう女性か少し分かって良かった。

「私は … [続きを読む >>]





最終更新日  February 20, 2011 04:02:43 PM
コメント(0) | コメントを書く
December 9, 2009
1970年代、アメリカで初めて政治家になったゲイ、
ハーヴィー・ミルクさんの半生を描いた伝記ドラマ。

偏見、差別、非難され、居場所がなく希望の持てない
同性愛者たちの人権のため、命を懸けて戦っていた。

自分が「暗殺された時のため」に、ひとりテープに
思いを録音しているシーンが心に焼き付いています。

「希望がなければ "私たち" は諦めてしまう。
もち … [続きを読む >>]





最終更新日  December 23, 2009 10:28:47 PM
コメント(1) | コメントを書く

全134件 (134件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

コメント新着

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.