1961338 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

相棒の名は? BMW116i

全124件 (124件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

相棒の話

2020.12.31
XML
カテゴリ:相棒の話


11月のある日、関東の某所にて・・・
旧相棒(E87 116i)に逢いました。

と書くと、なんか意味深ですが。。。

昨年に、嫁に行った娘の結婚式が今年にありました。(一年遅れで)
当初の予定は、沖縄でしたが・・・
コロナ禍のおり、身内だけで縮小して式をあげました。
そんな話は、2020年は日本だけでなく、全世界でたくさんあったんだろうね。

息子が旧相棒を引き継いで乗っている関係で、10か月ぶりの再会です。
しかし、もう逢うこともないかも・・・
そう、コロナ禍のおり先の予定はわからず。。。。
2台並べて撮れる最初で最後の写真になるかも。

皆様、良いお年を!(2020年は良くなかったから)
来年は、もう少しだけブログの更新します。(あくまで予定)

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村






最終更新日  2020.12.31 18:43:10
コメント(8) | コメントを書く


2020.03.20
カテゴリ:相棒の話
ATのシフトスケジュール・・・?

 つまり、8速ATが時速何キロぐらいになったらシフトアップして、時速何キロ以下になったらシフトダウンするのかという設定。昨今のATはコンピュータを使用しているので、結局のところ何種類のプログラムが存在するのか?と同じ意味。

 どうやって調べるか?
 いろいろ切り替えて、ひたすら運転してみるしかない。(笑)

 テストの結果、どうやら最終期のF20のシフトスケジュール(ATのプログラム)は、筆者の個人的な見解では3種類であると結論づけた。(BMWには確かめてはいない)

 そして、その3種類のシフトスケジュールに、筆者が勝手に名前をつけた。(BMW非公認)

 一つ目は、ECO PRO。いわゆるドライビングモード切替のECO PROを選択すると選択されるATのシフトスケジュール。ドライビングモードのECO PROを選んだときだけ、このシフトスケジュールが選択される。ところで、ドライビングモードは単純なATのシフトスケジュールの切り替えだけをやっているのではないので、このような表現で記述した。




 二つ目は、Comfort。通常は、ドライビングモードのComfortを選ぶと選択されるシフトスケジュール。
 ただし、ドライビングモードのSPORTを選んでも、その詳細設定をシャーシのみに設定している場合は、このシフトスケジュールが選択されるようだ。

 三つ目は、SPORT。ドライビングモードのSPORTまたは、SPORT+を選択すると選択されるATのシフトスケジュール。
 ただし、ドライビングモードをSPORTを選択しても、その詳細設定で、ドライブトレーンまたは、ドライブトレーン&シャーシを選択している場合に限られる。以上は、ATのセレクターがDレンジにある場合。




 しかし、BMWのATは、ATのシフトをDレンジからM/SにATのセレクターを倒してSモード(SPORTモード)にすることもできる。これと上記の関係がどうなるのかと言う疑問が湧く。

 筆者のテストの結果では、どのドライビングモードを選択していている場合でも、DレンジからM/SのATのセレクターを倒すと、ATのシフトスケジュールはSPORTになるようだ。つまり、ATのシフトスケジュールは、やはり上記の3種類しかない。
 ただし、ドライビングモードでATのシフトスケジュールがすでにSPORTである場合、さらにATのセレクターをM/Sに倒した場合は、一旦は、同じSPORTのシフトスケジュールでも1速分シフトダウンする設定のようだ。

 以上のテストの結果からF20の8速ATのシフトスケジュールは3種類。そして、M/SへATのセレクターを倒すと強制的に、どのシフトスケジュールを選択中でもSPORTになる。逆にいえば、ATのシフトスケジュールを選ぶためにドライビングモードのSPORT選択する必要もないとわかった。
 このことから、筆者の相棒(F20)のドライビングモードSPORTの詳細設定は、シャーシのみに設定している。その理由は、この方がドライビングモードのスイッチ切り替えとATのセレクターをM/Sに倒すことで、その組み合わせから、より多種多様の設定を瞬時に呼び出して選択できるから。






最終更新日  2020.03.21 11:15:19
コメント(4) | コメントを書く
2020.03.15
カテゴリ:相棒の話
筆者は、なかなか車を乗り換えないのですが・・・
その理由は、ずばり、車は売り買いするほどにコストがかかるから。つまり経済的な理由。(笑)


 さて、その結果、その車の特性や癖が、運転する方のドライバー(筆者自身)に深く刷り込まれる。したがって、いざ、車を乗り換えると新しい車の特性が体になじむまで時間がかかってしまう。通常は、3日から一週間程度で、ほぼ特性や使い方がインプットされるのだが、今回は一か月ぐらいかかってしまった。(笑)

 理由は三つ。

 一つ目の理由は、ガソリン車からディーゼル車に変わったため。6速ATと8速ATのギアの違いに加え、ガソリンとディーゼルではそもそもトルクの出方がまるで違う。このATを含めたパワーソースの特性が変わってしまったことがディーゼル車の所有経験がある筆者にとっても、その違いを体に覚えこませるのに想像以上に時間がかかったのだ。
 たとえば、E87ガソリンエンジンの2000回転は、F20ディーゼルだと???回転ぐらい相当するのかとか。時速50kmで一定走行するには、E87ガソリンならば、5速で1500回転前後だけれども、F20のディーゼルだと?速???回転といった具合。これに一番苦戦した。(笑)

 二つ目は、DSC、DTCの切り替えと表示やスイッチの表記までもがE87とF20では変わってしまっていて、2~3日、取説を読んでもよく理解できなかった。F20の取説にはDTCの表記があっても、実際の車のスイッチやインストルメントパネル上にはDTCの表記がないのだ。
 しかし、表記が異なるだけでスイッチの操作方法が同じだった。これを理解するまでに3日もかかった。(笑)ちなみに、E87のDTCの表記は、F20ではTRACTIONになる。

 三つ目は、E87には無かったi-Driveの使い方に苦戦したこと。取説で設定すべき項目を見つけても、実際に車でi-Driveを操作してみると、なかなか目的の項目に行きつかないのである。また、i-Driveの項目は、エンジンがかかっていないと表示すらできないものが多数あって、この余計なお世話が災いして無駄なアイドリングをどれだけ強いられたことか。特別な理由でもない限り、エンジン停止中でも表示や設定の変更を許すべきだと筆者は考えている。
 一番の問題は、F20の取説が不出来な翻訳ソフトで日本語化されたような出来ばえであることに由来する。書いてある言葉は確かに日本語なのだが、日本人の筆者が読んでも意味がよくわからない。(爆)
 また、i-Driveは、そのリリーズされた時期で、表示や操作がかなり変わるらしく、そのあたりはディーラーの営業さんでも四苦八苦することがあるらしい。しかし、現在は、使い方は、ほぼ暗記した。






最終更新日  2020.03.15 17:50:30
コメント(0) | コメントを書く
2020.03.14
カテゴリ:相棒の話
2020年1月・・・約12年、168000km乗り続けたBMW116i(E87)からBMW118d M Sport(F20)に乗り換えることになった。当初の予定では、あと2年から3年後でしたが。。。

 理由の一つ目は、昨年から投入された新型の1シリーズ(F40)の横幅がついに1800mmとなり、最小回転半径が、なんと5.4mmで、3年後の乗り換え対象にならないと分かったから。筆者は、自分の愛車は、幅1750mm程度、最小回転半径5.1m以下と決めている。
ちなみに、F40のFF化自体はそれほど気にしていない。

 二つ目は、MINI(3ドアか5ドア)が乗り換えの第一候補で、街乗りや200km程度の移動は、問題ないと考えていた。しかし、500kmも一度に移動することなどを考えると、長距離高速移動でのフラット感や疲労感(歳のせいもある)という点で、この先10年、MINIで持ちこたえられる自信が試乗を繰り返しているうちになくなったこと。
 このため、仮に3年後では、本当に乗り換の候補が無くなってしまうということに気が付いたから。

 となると、小回りの利くBMWは、もはや中古のF20(旧型の1シリーズ)からチョイスする方法しかなく、少しでも程度の良いものを買い求めようとすると「今でしょ!」になってしまったのだ。


118d M Sportになった理由
 25年もお付き合いのあるディーラーに中古車の在庫である1シリーズがこれしかなかったから。(笑)
 一番の候補は、118i std(1.5Lガソリン3気筒ターボ)、走行距離1000km未満。
118dつまりディーゼルは、まったく候補になかった。装備が豪華で価格が高いという理由で、Mスポやファッショニスタも除外していた。
 特に、Mスポは、インチアップ+ロープロファイルタイヤなので長く乗って、何度もタイヤを買い替えることを考えるとタイヤの価格が数段高くなるので避けたいと考えていた。つまり、安く長く乗るには118i stdがベストなのだ。

 また、ディーゼルを避ける理由は、過去にディーゼル車を所有していた経験から。
まず、冷間始動時にしばらく音がうるさい。低速回転時に振動が出やすい。エンジン始動、停止時に振動が大きい。最近の直噴ガソリンエンジンも似たような音質だが、カサついた音がして気持ちのいい加速に水をさす。パワーバンドが狭いためギアを固定しての加速に難がある。(マニュアルシフトで楽しめない)重い。価格が少々高い。10年あるいは10万キロも走行するとガソリンエンジンよりガタがきやすい。オイルの劣化が早い。バッテリーの劣化が早い。バッテリーの価格が高い。エンジンの温度が適温になりにくい。チョイノリに向かない。

 一つ一つは、それほど大きなネガではないのだけれども、長期間、快適に使用し維持するという観点からガソリンエンジンより劣ると考えている。


一方で、メリットは
 ハイオクと比べると軽油は多少は安い。燃費がいい。月当たり5000円程度のセービングになる予定。この点は、妻に予想以上に受けがいい。トルクが太く、特に中間加速の性能がよく高速道路での加速が気持ちいい。Adブルー(臭素触媒)の必要がない。
 ディーゼルとは関係ないが、Mスポで装備が良いので、特に、スポーツシートが疲れない。このシートいいねと妻と娘から予想外に好評。電動パワステのアシスト量を切りかえられて、操舵フィーリングが予想以上によいところが気に入っている。

 結果、約25年間で、同じディーラーの同じ営業さんから、E36、E87、F20と3台買ったことになった。


 ところで、旧相棒の116iは、どうなったかというと、約車検が1年半以上も残っていたので、今は、息子の愛車になった。
 

「相棒よ、今まで、ありがとう。」
「しばらく、息子を頼んだよ!」






最終更新日  2020.03.14 16:13:23
コメント(6) | コメントを書く
2018.08.19
カテゴリ:相棒の話
在宅で仕事をしなくなって1年ちょっと。つまり、車通勤するようになった。10年も在宅で仕事をしていた関係で、当初は通勤が面倒で・・・(笑)

 毎日、車を使うと気になるのは相棒のホイールが黒いこと。そういえば、新規にタイヤ(ピレリP1)を投入したのが5月の末なので、それから約3か月ホイールは洗っていません。車に至っては、GWあたりから洗ってないかもしれません。(笑)来週には、相棒を点検に出す予定なので、無理に洗わなくてもディーラーが洗ってくれるか。などと、さらに手抜きを考えたりもします。(爆)雑念多し。

 車を洗った記事を書く、つもりはありません。
 
 BMWオーナーに、ほぼ共通の悩みと言えば、車が高いこと。ではなくって、ホイールがすぐ真っ黒になり、ホイールに鉄粉がささったりして、ザラザラになり、なかなか綺麗にならないこと。

 こういった悩みの解消法の一つに、低ダストブレーキパッドなるアイテムが存在します。相棒には約3年前に投入済みです。すでに約3万キロ以上走行しているブレーキローター(ディスク)は、DIXCEL PD Type、パッドが、Studie ProduceのDIXCEL製SRブレーキパッド(低ダストタイプ)。定番の組み合わせです。






 以前にもレビューを書いたのですが、3年も使えば、はっきり純正との違いがわかるので再レビューします。
 低ダストタイプのブレーキパッドは、汚れにくいなどという多数のレビューを見かけますが、ズバリ、汚れ具合については、純正と大きな差はありません。ほぼ同じように真っ黒に汚れれます。ただし、ほとんどの汚れは水洗いだけで落ちます。汚れの落ちやすさの差は歴然としたものがあります。国産車でもホンダやスバル、マツダなどはホイールが少々黒くなりますが、それらと比べても汚れは落ちやすいと思います。

 つまり、低ダストブレーキパッドは、低ダストというよりも、楽に汚が落ちるブレーキパッドです。このような性能でよいならば、大変おすすめできます。

 ブレーキの効き感ですが、純正とは若干ニュアンスが違います。E87の純正パッドのブレーキのタッチフィーリングは、それ以前のBMWと異なり、割合いカックンと効き出す癖があります。しかし、DIXCEL PD Type、と、Studie ProduceのDIXCEL製SRブレーキパッドの組み合わせでは、その癖がなくなります。これは、好ましい特性です。一方で、若干ブレーキの初期の粘り感が薄いかもしれません。サーキット走行で使うようなハードなブレーキングの差についてはわかりません。


にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

/////////////////////////////////////////

みんカラに
相棒の名は?BMW116i~Annexを開設しております。
相棒のパーツレビュー、燃費データ、
整備手帳をリアルタイムに公開中!!

”相棒の名は?BMW116i”
+ hoshikatsu.net -

/////////////////////////////////////////


クリックで出来る社会貢献は、いかがでしょう!
クリックすると、スポンサーの有名企業が、
あなたに変わって、NPO団体などに、募金をしてくれます。


クリックで救える命がある。






最終更新日  2018.08.19 07:14:38
コメント(6) | コメントを書く
2018.04.21
カテゴリ:相棒の話
北東北がスギ花粉の洗礼を受ける季節と言えば…
タイヤ交換の季節でもあります。


何十年と3月の彼岸を過ぎた暖かな日にタイヤ交換をするのが常でしたが・・・
ここ4~5年は彼岸を過ぎても雪に見舞われるとこが度々あり、4月8日前後に交換の時期を遅らせておりました。


しかし、今年は、去る3月24日に決行。
しかも3台(12本)約2時間。
交換は簡単なのですが、そのあとの水洗いや片づけで腰が痛い!!
筆者、なんと、あと数年で還暦なのだそうで・・・嘘みたい!
よる年並みには勝てず例年になく重症。。。反省。(笑)
交換のタイミング的には、たぶん今年に限りブログ友達のgou.さんより早かった模様。(笑)
ブログなのに古い話で申し訳ありません。


ところで・・・
なぜに早めに交換したか?
2週間の天気予報が暖かな予報であったこと。
4月早々に、関東遠征を控えていたこと。
(長距離ドライブの前に眠らせておいたタイヤをいきなり使うのは避けたい)
このシーズン中にタイヤの新規投入の予定のため、ラストランで使う距離を延ばしたい。



昨シーズンまでで31111km走行したピレリP7
残溝約2.5mm



こちらは、残溝約3.5mm

残溝に差があるのは、昨シーズンのタイヤローテションで、筆者が勘違いしてミスったため。(暴)

約5シーズン、3万キロ以上走行できることは証明できたので、P7(ランフラット)の耐久性は申し分ないと思われます。
コスパの高いタイヤでお勧めできます。

新タイヤの投入は、5月末ごろの予定です。
ではでは。。。

P.S.桜が満開です。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


サマータイヤ 205/55R16 91W ピレリ チントゥラート P7 ランフラット ★ BMW承認タイプ PIRELLI Cinturato P7 RUNFLAT


/////////////////////////////////////////

みんカラに
相棒の名は?BMW116i~Annex
を開設しております。
相棒のパーツレビュー、燃費データ、
整備手帳をリアルタイムに公開中!!

”相棒の名は?BMW116i”
+ hoshikatsu.net -

/////////////////////////////////////////


クリックで出来る社会貢献は、いかがでしょう!
クリックすると、スポンサーの有名企業が、
あなたに変わって、NPO団体などに、募金をしてくれます。


クリックで救える命がある。






最終更新日  2018.04.21 14:37:51
コメント(0) | コメントを書く
2018.04.01
カテゴリ:相棒の話
こんなリコールのお知らせが届いたのは、一昨年前の平成28年10月・・・



放置されること、なんと、なんと約1年半。
リコールって届け出さえ国土交通省に提出すれば、対策は何時まででも放置して良いシステム?かと?思ってました。(爆)


この件、すでに誰でもよく知る全世界的なエアバックのリコール問題。
数が多すぎて、部品の準備が追い付かないのは簡単に想像が付くのですが・・・

しかし、「エアバックの部品が足りなくて、新車の製造が予定の半分にも満たない。」
なんて話は、世界中どこのメーカでも聞いたことがありません。(知らないだけ?)
新車用のエアバックは、予定通り調達可能なのでしょう。
対策を遅らせれば、全世界でみれば相当数の車が廃車になって対策する数も減るし。。。(爆)

そしたら・・・
つい数か月前にネットのニュースでエアバックのリコール対策が実施されない車は、今年から車検を受けさせないと言う国土交通省のお達し。
(届出さえすれば対策しなくても良いシステムではなかったようです)

ニュースから2か月も経たないうちに、入庫してくださいと言う連絡が来ました。
「な~んだ、プレッシャーかければ出来るんじゃん!」
BMWが対応が悪いと言うより、どのメーカの対応も同じようではありますが・・・


まだ、連絡もない方は、メーカのカスタマーサービスにクレーム付けるか?
国土交通省に相談してみるのも良いかも?
(ディーラーは、ただ売っているだけなので、この件のクレーム先には向かないので)


ところで・・・
筆者は、そろそろBMWのカスタマーサービスに
「いいかげんにしろ!」
と電話するところでした。(^ ^;

本来ならば、新車の製造を停止してでも、先に市場対策をするのがメーカの責任と言うものなのですから。



相棒のB ピラーには、こんな対策済みのシールが貼られました。
新しいエアバッグであと5年は乗ります。




我が相棒、ガレージの中で勝手に14万キロになってました。(笑)




にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

/////////////////////////////////////////

みんカラに
相棒の名は?BMW116i~Annex
を開設しております。
相棒のパーツレビュー、燃費データ、
整備手帳をリアルタイムに公開中!!

”相棒の名は?BMW116i”
+ hoshikatsu.net -

/////////////////////////////////////////


クリックで出来る社会貢献は、いかがでしょう!
クリックすると、スポンサーの有名企業が、
あなたに変わって、NPO団体などに、募金をしてくれます。







最終更新日  2018.05.05 17:57:10
コメント(6) | コメントを書く
2017.12.02
カテゴリ:相棒の話
BMWでエンジンオイルが漏れてもいないのに減ると言うお悩み・・・
ネットなどで結構な頻度で見かけます。


見かける頻度が多いのは、VW、アウディー、BMW。
ベンツでもそのような例があるのかもしれないけどほとんど見かけたこと無し。
(たまたまかも?統計的裏付けなどまったくなし)



筆者の拙い経験では・・・
E36/5で新車時1年1万キロ走行して多分多くみても500cc程度。
(レベルゲージでちょっと少なめになったかもみたいなイメージ)
その後、13年間ほとんど減った経験なし。
但し、このエンジン7万キロを超えたあたりからエンジンの接続部(オイルシール)からオイル滲みがでて、廃車にするまでエンジンンの前側が真っ黒になることに悩まされた。
ユーザー車検の場合、滲み程度は問題ないが、1滴でも車検中にオイルが垂れると指摘されて問題にされるらしい。そのため車検直前にエンジンの汚れ落としと検査直前のふき取りが欠かせなかった。
最終的にはオイル滲みと言うよりも軽度のオイル漏れ状態であった。
でも不思議、オイルは目に見えて減ることはなかった。


E87では、新車時1万5000キロほど走行して1L程度。
生まれてはじめてオイルを追加した経験となる。
ひょっとしてE87は悪名高きオイル減りエンジンか?とも思ったが、その後9年間、オイルはほとんど減らない。
2年2万キロ走行で追加するほど減ったことは皆無である。
BMW指定の交換サイクルを守っているのみ。
また、幸運なことにこのエンジンはオイルの滲みもまったく発生していない。
現在の走行距離は137000キロである。
はっきり言って相棒のエンジンは当たりであり、この幸運を有効に生かすには長く乗り継付けることに尽きると考えている。


さて以上の経験から
エンジンオイルは少々漏れても、オイルの量に目に見えて影響しないと言うのは筆者の見解である。(逆に言えば、目に見えて減るぐらい漏れたら、相当なダダ漏れと言えそう)
新車時にオイルが減ってやがて減らなくなるのは、やはりエンジンのどこかの部位の当たりがとれて安定するからに他ならない。


ではどのぐらいまでならば、エンジンオイルが燃えて減っても異常でないとするのか?
どうやらVWやBMWから説明を受けた人の話をまとめると1000km走行で1LまでOKとするらしい。

これ、、、、筆者に言わせると衝撃の量である。
たとえば、E87のエンジンオイルの量は5~6Lぐらいである。
相棒は、1年に約1万キロ走行するので1年に10Lオイルが減る勘定になる。
1L減るごとにオイルを追加するとすると、6ヶ月後にはほぼ全量が新品の変わっているようなもの。
ならば、エンジンオイル交換などしなくても継足せばよいだけのような気がする。
(多分2年1回フィルターだけ交換して、ずっと継ぎ足しでもさほどエンジン内部のオイルの品質などかわらないはず、オイル交換不要の車)

それでは、BMWでオイルが減る車はどれぐらいあるのだろう?
筆者の知人でE36/7の方は、やはりオイルが減ると言っていた。
3000kmで1L程度だった気がする。

統計的な裏付けが全くない感覚論であるが、オイルが良く減る車はBMWの場合はせいぜい10台に1、2台のような気がする。多くみても3台。
(あくまで個人的な見解です)
(筆者は2台続けてBMW購入して、2台ともオイルが減らない。乱暴は計算ではオイルが減る車の発生率は50%以下と言えないこともない。)


そして、原因のほとんどはオイル上がりと想像する。
シリンダーブロックとピストンリングの当たりが絶妙なのだろうと・・・
量産の工程では、部品精度、組立精度のばらつきが避けられないため、その結果、完成品のエンジンでみると、まったくオイルが減らないケースから新車時は減るがその後減らなくなるケース、ずーと減るケース、減る量が最大1000kmで1Lにもなるケースがあるのだろう。。。。
結果の品質のばらつきとしては大きい。


おそらくディーラーのサービスでは調べることも直すこともできないレベルだろうと想像します。

エンジンのピストン周り修理や調整が得意な修理屋さんを見つけて相談するしかなさそうな気がします。
また、下手なところでやると余計悪くなる気がします。


ところで、国産車ではそのようなことがないのか?
と言うと、筆者には経験がない。
しかし、この経験良く考えると落とし穴がある。
筆者が国産車を乗っていたのは、30代前半まで。
思い起こせば、半年または3000km程度でオイル交換していた。。。。
減ったとしても気が付かない交換サイクルなのです。(爆)



しかし、もう少し考えてみた・・・・
妻の車である。。。
1年1万キロで200から多くても500cc程度なら減る場合があったかも。
しかし、それ以上のものは記憶にない。


エンジンオイルが減らない車を買う方法はないのか・・・?
整備データがしっかりしている中古車から選ぶ方法は有効かもしれません。

過去2~3年のオイル交換の頻度と走行距離、オイルの追加のデータをみれば、多分間違いなく分かりますね。。。。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

/////////////////////////////////////////

みんカラに
相棒の名は?BMW116i~Annex
を開設しております。
相棒のパーツレビュー、燃費データ、
整備手帳をリアルタイムに公開中!!

”相棒の名は?BMW116i”
+ hoshikatsu.net -

/////////////////////////////////////////


クリックで出来る社会貢献は、いかがでしょう!
クリックすると、スポンサーの有名企業が、
あなたに変わって、NPO団体などに、募金をしてくれます。


クリックで救える命がある。






最終更新日  2017.12.02 19:02:49
コメント(4) | コメントを書く
2017.08.04
カテゴリ:相棒の話
以前の相棒の燃費は、平均で約13.2km/L前後で1.6LのE87にしては驚異の燃費でしたが・・・

相棒の最近の燃費と言うと・・・
10.5km/L前後
特に良くも悪くもなく並みです。(爆)


このところの燃費の安定的な低下の主原因は、走行モード変化につきます。
以前の走行モードは、年に約16000km走行し、走行距離の約70%は高速道路の走行。

現在の走行モードは、年に約10000km走行し、走行距離の約90%は一般道。
加えて、朝晩の比較的混み合う通勤に車を使用するようになったため。

さらに付け加えるならば、夏タイヤのサイズを195から205に替えたため走行抵抗が若干ました。冬タイヤをミシュランからヨコハマに替えた。
これらタイヤ要因で、年間約0.2km/Lは悪化していると感じている。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

/////////////////////////////////////////

みんカラに
相棒の名は?BMW116i~Annex
を開設しております。
相棒のパーツレビュー、燃費データ、
整備手帳をリアルタイムに公開中!!

”相棒の名は?BMW116i”
+ hoshikatsu.net -

/////////////////////////////////////////


クリックで出来る社会貢献は、いかがでしょう!
クリックすると、スポンサーの有名企業が、
あなたに変わって、NPO団体などに、募金をしてくれます。


クリックで救える命がある。






最終更新日  2017.08.04 06:33:24
コメント(4) | コメントを書く
2017.01.31
カテゴリ:相棒の話
2015年10月にブレーキローターとブレーキパッドを全取り替えした相棒。
約1年半あまりで1万5千キロほど走行しました。
交換した部品は、BMW純正ではなく・・・
ローターは、DIXCELのPD Type
パッドは、Studie ProduceのDIXCEL製SRブレーキパッド(低ダストタイプ)



最新モデルではBMWでも、純正低ダストブレーキパッドの搭載車があるようですが・・・
一般的にはBMWの純正ブレーキパッドと言えば・・・
煙突か?と思うほどホイールが真っ黒になり、水洗い程度では汚れが落ちず、鉄粉がホイールに残ってケミカル剤や物理的に、ごしごしやらないと綺麗にならない・・・と言うのがBマーの常識。



さて、低ダストタイプのブレーキパッドの実力は・・・


低ダストタイプは汚れないのか?

純正とあまりかわらない感じにホイールは真っ黒に汚れます。
・・・しかし、汚れの大半は水洗いで落ちます。
つまり、それなりに汚れることは汚れるけど汚れ落ちは良いようです。
また、頑固な鉄粉が残る感じはありません。
したがって、鉄粉を溶かすタイプのケミカル剤は不要です。
ケミカル剤は不要ですが、少々物理的にごしごしやる必要はあるようです。


次も低ダストタイプのブレーキバッドを使いたいか?

汚れ落ちは良いので、次回も低ダストタイプを使用したいと考えています。



以上、低ダストブレーキパッドのレビューでした。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

/////////////////////////////////////////

みんカラに
相棒の名は?BMW116i~Annex
を開設しております。
相棒のパーツレビュー、燃費データ、
整備手帳をリアルタイムに公開中!!

”相棒の名は?BMW116i”
+ hoshikatsu.net -

/////////////////////////////////////////


クリックで出来る社会貢献は、いかがでしょう!
クリックすると、スポンサーの有名企業が、
あなたに変わって、NPO団体などに、募金をしてくれます。


クリックで救える命がある。






最終更新日  2017.02.02 15:57:12
コメント(2) | コメントを書く

全124件 (124件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.