895279 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

僕が僕らしくあるために

PR

Profile


M.BAN

Calendar

Category

野球

(513)

仕事

(115)

芸能

(70)

趣味

(92)

美味しいもの

(88)

現場

(125)

ひとり言

(663)

Recent Posts

Archives

2020.10
2020.09
2020.08
2020.07
2020.06
2020.05
2020.04
2020.03
2020.02
2020.01

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

2005.07.23
XML
カテゴリ:野球
いやぁ・・・まさかのどんでん返しがありましたねぇ。

地上波放送お楽しみの方は、以下ネタバレとなりますので
御注意下さい。m(__)m

今回の予選、フリー走行の結果から考えますと、
マクラーレンの2台にアロンソがどこまで接近できるのか?
そして、その他では、どこが混戦を制するのか?
この辺りが注目点になるかと予想しておりました。

まずは、ジョーダンvsミナルディ。
なんとジョーダンの完敗に終わりました。

最初にコースインしたのは、新入生・ドーンボス。
1分18秒313の無難な滑り出し。
次にコースインした「世界最速インド人」ですが、
なんか車が安定しませんねぇ。
途中コースオフもあり、結局計測を行なわずにピットイン。
この時点でまずミナルディの不戦勝。

続いてミナルディのアルバースは、1分17秒519と
ドーンボスを突き放し、先輩ドライバーの貫禄を見せます。
これに対して「新人完走記録更新中」のモンテイロは
1分18秒599とアルバースはおろか、ドーンボスにも
及ばず、ジョーダン連敗。

余談ですが、モンテイロは「エンジンの不調」を
訴えているそうですが、チーム側は「異常なし」との見解で
結局エンジン換装はなく予選に臨んでいます。
マシントラブルで「完走記録」が途絶えないことを、
祈るばかりです。。。

続いてコースインしたのが、佐藤琢磨。
前回の「エンジン止めちゃった」事件の影響が
こんなところにも及んできています。

琢磨のタイムが実質他車のターゲットタイムとなりますので
注目も俄然高まります。
琢磨、無難に走り1分15秒501。
まずまずのタイムではないでしょうか?

この琢磨のタイムは、結局8番手タイムとなり、
決勝は4列目からのスタートとなります。
今度こそ、入賞を目指したレースを展開してもらいたいものです。

注目所では、バリチェロ。
タイムは1分16秒230と15番手グリッドに沈んでしまいました。
ミハエルとは作戦を変え、2回ストップを選択した模様ですが、
それにしても後方過ぎるのではないでしょうか?

僚友ミハエルは、バリチェロとはタイヤも変えて
3回ストップの模様。
こちらは、1分15秒006と5番手に飛び込んできました。

話しが前後しますが、バリチェロと同じく3回ストップを
選択したと思われるのがウィリアムズ勢。
こちらは、ウェーバー・ハイドフェルドの順で、
仲良く6番-7番グリッドを獲得しています。

さて、上位争いに目を移して見ましょう。
ミハエルが5番手ということで、上位4人はライコネン
モントーヤ、アロンソ、フィジケラだと思いますでしょ?

まず4番手はフィジケラですから、ある意味「順当」と
いえるグリッドです。
3番グリッドには、現在ドライバーズポイント首位の
アロンソですので、ルノーは3-4番手からのスタートと
なります。

一つ飛ばしまして、ポールを獲得したのはライコネンでした。
こちらは、最終コーナー手前で車がスライドする場面も
ありましたが、落ち着いて捌き1分14秒320。
ここまでトラブルフリーで来ていますので、なんとか優勝し
タイトル争いに望みを繋げたいところでしょう。

さて、あえて飛ばしました2番グリッド。
ライコネンとフロント・ローを分け合ったのは、
モントーヤではなく、バトンでした!
1分14秒759と、ルノー勢を凌ぐタイムをマーク。
車の力関係から考えますと、どうやら3回ストップと見て
間違いないように思えます。

あれ?それじゃ、モントーヤはどこに行ったの?
ということになりますが、モントーヤは素晴らしい
予選ラップを刻んでいました。

第1セクターは、ライコネンを凌ぐタイム。
第2セクターでライコネンに逆転されますが、
それでも0.1秒を切る僅差の争い。
そして問題の第3セクターに進んできます。

スタジアムセクションとなる第3セクターは、
右カーブからスタジアム内に入り、その後ヘアピンを経て
最終コーナーに達し、ホームストレートに戻るレイアウトです。

モントーヤ、スタジアムセクションも無難に、というか
むしろ綺麗なラインを描いて抜け、逆転ポール獲得か!?
と思われた最終コーナーで、まさかのスピンオフ!
グラベルを突っ切り、タイヤバリアに当って止まるという
まさに土壇場のドラマを演じてしまいました。。。

このため、モントーヤはノータイムとなり、明日のレースは
最後尾からのスタートとなる見込みです。
しかしマクラーレン。
2台揃ってのフロント・ロー独占は、なかなか難しいですねぇ。。。

以上が予選の結果でしたが、明日の天気は、やはり雨の可能性も
あるとのこと。
ピットストップも2回&3回に分かれていますし、
雨の降り出すタイミングなどで、大きくレースの戦況は
変わっていくことになりそうです。

(予選結果の詳細は、こちらにてどうぞ。)






Last updated  2005.07.23 21:50:14
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.