926492 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

僕が僕らしくあるために

PR

X

Profile


M.BAN

Calendar

Category

野球

(513)

仕事

(115)

芸能

(70)

趣味

(92)

美味しいもの

(88)

現場

(125)

ひとり言

(663)

Recent Posts

Archives

2021.04
2021.03
2021.02
2021.01
2020.12
2020.11
2020.10
2020.09
2020.08
2020.07

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

2005.09.25
XML
カテゴリ:野球
今回の予選は、第1組から豪華なメンバーが揃いました。

まず、最初にスタートしたのはフィジケラ。
1分12秒558のタイムをマーク。

続いて佐藤琢磨。
しかし、琢磨は前戦でミハエルに突っ込んだペナルティで
10グリッド降格が決まっている上に、エンジンを換装した
こともあって、予選アタックは行ないませんでした。
なお、フリー走行4でのトラブルは、やはりギアボックストラブル
とのことでした。

3番目出走が、その琢磨に突っ込まれたミハエル。
1分12秒976と、辛うじて12秒台には入れてきましたが
やはりルノーとは差があります。

4番手出走はクルサードですが、こちらは大きく遅れ
1分13秒844に留まりました。

5番手出走はヤルノ。
タイムは1分13秒041でしたが、ヤルノもエンジン換装を
行なっているとのこと。
10グリッド降格となりますので、レースでは苦しい戦いを
強いられそうです。

第2組は、ピッツォニアからの出走。
ピッツォニアは1分13秒581。
ウィリアムズも、あまり芳しいタイムが出ていません。

続いて登場が、前戦ゴール直前に、ピッツォニアと絡んで
2位をフイにしたモントーヤ。
モントーヤは1分12秒145と、フィジケラを交わして
トップに立ちました。

続くドーンボスは、スピンアウトでノータイムに終わりました。

以降早送りにしまして(^^ゞ 最終組。
2年連続PPを獲得しているバリチェロからの出走です。
今年の状態ではPPは無理としても、母国の声援を背に
上位進出を狙いたいバリチェロですが、1分13秒183と
先に出走していたミハエルに、遠く及ばないタイムと
なってしまいました。

ウェーバーが1分13秒538をマークし、
バトンの登場です。
バトン1分12秒696とモントーヤ、フィジケラに
次ぐタイムをマーク。
BARの好調さを素直に喜べないのが悲しいですね。。。

そしてアロンソの登場です。
アロンソ1分11秒988と完璧なアタックを見せ
ここまでのトップに立ち、最終走者・ライコネンの
アタックを待ちます。

そして、ドライバーズ・タイトル争いで、崖っぷちに
立たされたライコネン。
「勝つしかない!」の思いが裏目に出たのでしょうか?
なんとアタック突入直後の第1コーナーの進入で、
あろうことか激しくタイヤスモークを上げます!
結局第1セクターでアロンソに対し、0.7秒以上の
遅れを出し、このままゴール。
結果5番手となってしまいました。

予選順位1位はアロンソ。
2位モントーヤ、3位フィジケラ、4位にバトンが入りました。
ほんとバトンって、どこにいっても「おじゃま虫」のポジションで
顔を出す人ですね。。。(-_-;)

ミハエルは7番手でしたので、ライコネンとミハエルの間に
割って入ったのは・・・なんとクリエン!

ただ、ライコネンはともかく、フィジケラもミハエルも
出走順が早かった関係で、ガソリンの搭載量が多めだと
思われるのですよね。
この辺りが、クリエンが6番手に飛び込んできた
理由ではないかと思っております。

決勝は、明日(26日)午前2時(←日本時間)スタートです。

なお私事ではありますが、仕事の都合上26日の更新は
残念ながら不可能であります。
そのため、決勝結果についてのエントリーは、
27日夜以降になる見通しです。
悪しからず御了承くださいますようお願い致します。m(__)m






Last updated  2005.09.25 02:29:35
コメント(2) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.