648849 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

僕が僕らしくあるために

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Category

野球

(513)

仕事

(115)

芸能

(70)

趣味

(92)

美味しいもの

(88)

現場

(125)

ひとり言

(663)

Recent Posts

Archives

2017.10
2017.09
2017.08
2017.07
2017.06
2017.05
2017.04
2017.03
2017.02
2017.01

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

Rakuten Card

2006.02.27
XML
カテゴリ:ひとり言
トリノオリンピックが閉幕しました。

スケジュールの都合で、開会式に続き閉会式も
しっかり見ることはできなかったのですが、
どちらも華やかで、なかなかのショーだったように
思うのですが、如何でしたでしょうか?(^^♪

競技結果の方は、「今更」的な感もありますが、
フィギュアスケートの荒川選手の金メダル一つに終わり、
マスコミを始め、JOC自体も「惨敗」との捉え方で
一致しているようです。

ただ、僕個人としては、「惨敗」という言葉には
若干違和感を感じています。

確かに、「メダル獲得数」といった点では、物足りない結果に
終わったことは否定の余地はありません。
ただ、これだけ情報等が飛び交っている現在ですから、
競技開始前から、かなり確度の高い「予想」というものは
出来るはずです。

例えば、大会序盤に行なわれました「モーグル女子」
確かに、上村愛子は頑張ったと思いますし、
あの「コークスクリュー」は凄かったと思います。

しかし、「上村愛子がメダルを獲れる」と喧伝したのは
マスコミであり、普段からモーグルを見ている人たちにとっては
上村愛子のメダル獲得が難しいことは、衆知の事実であったと
思います。

ノルディックスキーのジャンプや複合にしてもそうですよね。
メダル獲得の可能性はゼロではなかったと思いますが、
かなり確率の低い可能性であったと思います。

そういう意味では、「メダル当確」であったにも関わらず
取り損ねたのは、男子スピードスケート500mの
加藤選手ぐらいではないでしょうか?

この状態をもって「惨敗」というのであれば、
トリノに入る前から「敗北」は決まっていたといっても
過言では無いと思います。

僕個人としては、今大会での日本人選手は、
むしろ「力を出し切った」として誉めることが
出来るのではないかな?と思うくらいです。

僕が子供の頃のオリンピックと言えば、夏冬問わず
過大な緊張から、調子を崩す選手が続出していたような
印象があります。
その点、今回の代表選手たちは、少なくとも自分達の実力は
出し切ったと思うのですよね。

ただ、自分の実力を出し切っても、順位に結びつかないと
いうのは、それはそれで問題だとは思います。
しかし、その点を「オリンピックだから」というだけで
議論しても仕方がないと思うのですよね。

例えば、選手派遣の是非が槍玉に挙げられていました
「クロスカントリースキー」などは、オリンピックが
始まる前から、日本人選手の活躍など、誰も期待を
していなかったと思うのですよね。

にもかかわらず「50位なんていう実力の選手を
大会に派遣するか議論しなければならない」というのは、
協会が批判から逃れるための方便としか思えません。

どんな実力の選手であれ、オリンピックという大会は
憧れの的です。
それを励みに頑張っている選手たちに対して「(世界的な
実力がないのだから)出場条件を満たしていても
参加については考える」というのは、あまりにも「役所的発想」と
言えるのではないでしょうか。

ただ、それにしても「スノーボードHP」の見通しは
ちょっと酷かったですよね。(^_^;)

結果として「負けました」と言うのであれば
致し方のない面もあるかと思うのですが、
HP(ハーフパイプ)においては「別シリーズで戦っていた
北米系の選手の実力は段違いでした」と、全く情報が
整わないまま、大会に臨んだようコメントが出ていました。
こういう点については、批判されるべきだと思うのですよね。

いずれにせよ、結果は結果として受け止めて
今後の選手強化に役立てることが出来れば、
今回の「惨敗」も、意味のあるものになるのでは
ないでしょうか?

次回冬季オリンピックは、カナダのバンクーバとのこと。
今回出場した選手たちのうち、何人が再び五輪の舞台に
立てるのかはわかりません。
しかし、「惨敗」なら「惨敗」で、しっかり敗戦の記憶を
糧として、バンクーバではぜひ列島を「睡眠不足症候群」に
陥れてもらいたいと思います。







Last updated  2006.02.27 21:49:32
コメント(0) | コメントを書く
[ひとり言] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.