927172 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

僕が僕らしくあるために

PR

X

Profile


M.BAN

Calendar

Category

野球

(513)

仕事

(115)

芸能

(70)

趣味

(92)

美味しいもの

(88)

現場

(125)

ひとり言

(663)

Recent Posts

Archives

2021.04
2021.03
2021.02
2021.01
2020.12
2020.11
2020.10
2020.09
2020.08
2020.07

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

2006.03.18
XML
カテゴリ:野球
マレーシアGPの公式予選が行なわれました。

予選開始前までに、新たにミハエル&マッサのフェラーリ勢が
エンジン交換を実施。(マッサは2回目!)
バリチェロもエンジン交換を実施した模様です。
従って予選結果から、ミハエル・バリチェロ・クルサードが
10番手降格。マッサに至っては、20番手降格のペナルティを
受けることになります。


・第1ピリオド
 先のバーレーンGPの時のような「赤旗中断」などはなく
 順調にセッションが消化されました。

 バーレーンGPでの「混乱」から学んだ成果なのか、
 上位チームも含め、多くのチームがセッション序盤から
 コースに出て行きます。

 セッション残り30秒の段階で、レッドブルの2台
 クルサードが15番手、クリエンが16番手に留まり、
 フリー走行で好調だったクリエンの第1ピリオドでの
 敗退が懸念されましたが、最終アタックに入った2台は
 大幅にタイムを更新し、ボーダーラインを突破。
 無事第2ピリオドへ駒を進めました。

 結果、17番手スピード、18番手リウッツィ、
 19番手 アルバース、20番手 モンテイロ、
 21番手 佐藤 琢磨、22番手 井出 有治の
 第1ピリオドでの脱落が決定しました。
 
 しかし、前述しましたように、今回のGPでは
 ペナルティを受けるドライバーが多いため、
 決勝スターティンググリッドは、未確定となっています。

 予選順位は、トロロッソ-ミッドランド-スーパーアグリと、
 くしくも同じチームごとの順番で隊列が組まれ、
 早くもチーム間の序列が定まってきたような印象を受けます。


・第2ピリオド
 開始早々、大きな動きがありました。
 1分34秒586と、セッション序盤のトップタイムを
 マークしたラルフが、ゴールラインを通過直後にエンジンブロー!
 順位はともかく、この時点で姿を消すことが確定してしまいました。

 セッション後半に差し掛かるも、20番手降格が決定している
 マッサはコースに姿を見せず、このセッションでギブアップする
 模様。

 これに対して、10番手降格が決まっているミハエルは、
 予想に反して定石通りにスケジュールを進行させていきます。

 残り2分の段階で、ヴィルヌーブが自己ベストを更新するも
 降格圏内を脱しきれず、最終ピリオドへの進出が絶望的に。

 この後、再びクリエンが、起死回生の1発(予定通り?)を
 決め、一気に4番手まで浮上。代わってヤルノが降格圏内へ。

 残り40秒の段階で、下位に甘んじていたルノー勢が
 アロンソ・フィジケラと、共に好タイムをマーク!
 このため、ボーダーライン上のクルサードとバリチェロが
 降格圏内へ吸収され、ここでセッション終了。

 結果、11番手 クルサード   12番手 バリチェロ
    13番手 ヤルノ     14番手 ヴィルヌーヴ、
    15番手 ハイドフェルド 16番手 マッサの
 第2ピリオド敗退が決定しました。

 ヤルノは、大きなトラブルは無かったように思えましたが
 2戦続けての第2ピリオド敗退です。
 バリチェロの第2ピリオド敗退も痛いですね。
 ただ、バリチェロの場合、仮に最終ピリオドに進んでも
 10グリッド降格がありますから、あまり大きな変化は
 ないのかも知れませんが・・・
 BMW勢は、現時点での力は、この程度なのでしょうか?
 ワークス勢としては、苦しいポジションでの戦いが続きます。


・最終ピリオド 
 ラルフがセッション進出を果たしているものの、
 エンジンブローのため最終ピリオドには出走できず、 
 9台での争いとなりました。

 セッション中盤、ガソリン搭載量が軽くなってきたためか
 好タイムが計測されます。
 その中で、バトンが1分34秒504とトップに躍り出ました。
 続く2番手には、なんとロズベルクが1分34秒626で
 続きます。!
 ウィリアムズ、本当にポール争いに絡んできました!
 ミハエルは、1分35秒164で3番手に。

 そしてセッションは終盤へ!
 モントーヤが1分34秒916で3番手へ浮上。
 しかしその直後に、ウェーバーが1分34秒672で
 モントーヤの上へ。
 続いて走行していたライコネンは、1分34秒983で5番手。
 アロンソは1分35秒747で8番手と伸び悩みます。

 セッション終了の掲示がなされ、残るタイム更新は、
 すでにアタックラップに入っているフィジケラ・ミハエル
 バトン・アロンソのみに絞られました。

 そのフィジケラが、1分33秒840でトップへ!
 ミハエルは1分34秒668で4番手を獲得。
 バトンは1分33秒986で2番手。
 アロンソは、最終ラップも伸びずに8番手のまま。

 結果、ポールポジションはフィジケラが獲得しました。
 フロントローには、バトンが並びます。
 3番手には、なんとロズベルグが突っ込んできました!!!
 4番手は前述の通りミハエル(但し決勝は10グリッド降格)
 5番手にはウェーバーが入ってきましたから、このレース
 ウィリアムズの動きには要注意です。
 6番手はモントーヤ、7番手ライコネンとマクラーレン勢が
 ならびました。
 8番手にアロンソが続いたところを見ると、
 モントーヤ以降は、燃料搭載量が多いのかも知れません。
 9番手にはクリエン、10番手はラルフですが、ラルフも
 グリッド降格になるものと思われます。
 

 恐らく似たような戦略を採用したと思われるアロンソ・
 ライコネンに対し、10グリッド降格ながら「正攻法」を
 採用したと思われるミハエルの動きが注目です。

 また、アロンソとは異なった戦略を採用したと思われる
 フィジケラのレース展開、そして上位に突っ込んできた
 ウィリアムズ勢のレースにも注目したいと思います。

 (公式予選結果はこちら

 
追記:日本時間夕方時点の決勝スターティンググリッドです。
   スタート前までに更なる「エンジン交換」等で、
   スタート順が変更になる恐れがありますので、
   悪しからず御了承下さい。

1番手 ジャンカルロ フィジケラ (ルノー)
2番手 ジェンソン バトン    (ホンダ)
3番手 ニコ ロズベルグ     (ウィリアムズ コスワース)
4番手 マーク ウェーバー    (ウィリアムズ コスワース)
5番手 ファン パブロ モントーヤ (マクラーレン メルセデス)
6番手 キミ ライコネン     (マクラーレン メルセデス)
7番手 フェルナンド アロンソ  (ルノー)
8番手 クリスチャン クリエン  (レッドブル フェラーリ)
9番手 ヤルノ トゥルーリ    (トヨタ)
10番手 ジャック ヴィルヌーヴ  (BMWザウバー)
11番手 ミハエル シューマッハ  (フェラーリ)
12番手 ニック ハイドフェルド  (BMWザウバー)
13番手 スコット スピード    (トロ ロッソ コスワース)
14番手 ヴィタントニオ リウッツィ(トロ ロッソ コスワース)
15番手 クリスチャン アルバース (MF1レーシング トヨタ)
16番手 ティエゴ モンテイロ   (MF1レーシング トヨタ)
17番手 佐藤 琢磨        (スーパー アグリ ホンダ)
18番手 井出 有治        (スーパー アグリ ホンダ)
19番手 ラルフ シューマッハ   (トヨタ)
20番手 デビッド クルサード   (レッドブル フェラーリ)
21番手 ルーベンス バリチェロ  (ホンダ)
22番手 フェリペ マッサ     (フェラーリ)


 






Last updated  2006.03.18 22:17:20
コメント(2) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.